This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

いま話題の“バーチャルYouTuber”って? 四天王キャラクター「ミライアカリ」が生まれるまで。

こんにちは!【株式会社DUO】です。
私たちDUOは、2015年に名古屋で創業。エンターテインメント系事業をメインに成長を続け、今年で3年目(※2018年現在)を迎えるITベンチャーです。事業規模の急拡大や東京拠点の新規設立などに伴って、DUOで一緒に働いてくれる新メンバーを募集中!Wantedlyブログの更新はおよそ1年ぶりになりますが、今後は毎週1回(記事の更新、頑張ります!)このブログを通して、読んでくださった皆さんに、私たちの会社のことが少しでも伝えられれば嬉しいと思っています。

さて、久しぶりのブログで皆さんにご紹介するのは、いまやDUOのメイン事業のひとつに成長した「バーチャルYouTuber事業」。事業責任者の荒木さんに、2週にわたり、インタビューしてみたいとおもいます。

そもそも、バーチャルYouTuber「ミライアカリ」って?

ーー荒木さん、よろしくお願いします。そもそも「バーチャルYouTuber」という名前から聞き覚えがないのですが、どんな事業なのか教えてください。

よろしくお願いします。「バーチャルYouTuber」、最近はVTuber(ブイチューバー)とも呼ばれているものを端的に説明すると、モーションキャプチャー技術などを使って、3Dのアバターを動かし、キャラクターがしゃべったり、歌ったり、ダンスをしたりする動画をYouTubeで配信することです。これまで「YouTuber」といえば、ヒカキンさんやはじめしゃちょーさんのように自身が登場する動画を撮影・配信することがメインでしたが、バーチャルYouTuberの場合はキャラクターが動画を配信を行います。YouTuberの動画とも、アニメとも異なる面白さがありますね。

ーーDUOではどんなキャラクターが活躍しているんですか?

DUOで活躍してくれているのは…こちら!「ミライアカリ」ちゃんです。

2018年5月現在、ミライアカリ プロジェクトのYouTubeチャンネル登録者数は約60万人。投稿した動画の中には、50万回再生を突破した動画も少なくありません。またTwitterフォロワーも約26万人で、毎回たくさんのリツイートやいいね!をいただいています。現在のところ、バーチャルYouTuberは2,000体程度が存在し、デイリーで30体程度がデビューしているとも言われているのですが、その中でミライアカリは「四天王」と呼ばれる人気バーチャルYouTuberのひとりに選ばれるまでの人気キャラクターに成長しました。

事業の“やる・やらない”は、「最も跳ねた時」を考える。

ーーそれはすごい!人気YouTuberは広告収入で儲かるって聞いてますよ、ここだけの話どれくらいの収入が?

そうですね…実際にYouTube側からの広告収入で生計を立てている方がいらっしゃることは事実です。しかし、この「ミライアカリプロジェクト」は、短期的な広告収入のために始めた事業ではないということが、今日のインタビューで一番お伝えしたかったことなんです。

私たちは、いわゆる「二次元」や「アニメ」が好きという理由だけでこの事業を始めたわけではありません。2017年の春、代表の塚本が元祖バーチャルYouTuberのキズナアイさんの動画をみて「おもしろい」といったのがすべての始まりでした。バーチャルYouTuberがDUOの新規事業として候補にあがった瞬間です。当時検討していた、他の新規事業アイディアと比べて圧倒的にワクワクしましたし、いい意味で「市場の規模が見えない」というのが決め手になり、この分野にチャレンジすることが決まりました。それまでも動画メディアを運営した経験があった私たちは、直感的に“バズる”ものがわかるような感覚が鍛えられていると自負しているのですが、関係者みんなが「この市場が伸びるかもしれない」と思ったことも大きかったですね。ベンチャーを標榜していても、会社規模が大きくなればなるほど、市場感が見えていて、ある程度の収益見通しが立っていなければ事業をスタートするのは難しいと聞きます。その点、私たちはまだ若い会社ですし機動力もありますから、「おもしろそう→やってみよう!」とすぐにスタートを切ることができ、着想からたった半年後の2017年10月にはミライアカリの1本目となる動画を配信するという、スピードスタートとなりました。

DUOの意思決定の特長として、安定的に収益を発生させられるかではなく【この事業が最も跳ねた時、どれくらいの可能性があるか?】を重視するという点が挙げられます。しかしこの「可能性」の判定は感覚に頼ったものではなく、しっかりとした分析をもとに根拠をもって判定されるものなので、いくらスピード感をもった着手が求められるとはいえ、業界の調査にはかなり労力を割きました。最近では、大手IT企業のGREEさんやサイバーエージェントさんもこの分野に参入を発表されましたし、今後この市場が盛り上がってくるのは間違いないなと思っています。

ーーこのインタビューを読んで、DUOに興味が湧いてきた!という方に一言お願いします。

私自身、DUOで働くのをとても楽しんでいます。スピード感もありますし、なにより誰もやったことがない分野にどんどんチャレンジできることで、1ヶ月単位でも自分が成長している実感があります。前例のない市場を作るチャレンジをしてみたい方!渋谷のオフィスで待っています!

荒木さんインタビューの【後編】は来週公開です。更新を見逃さないように、WantedlyでDUOのフォローをお願いします!

株式会社ZIZAI's job postings
36 Likes
36 Likes

Weekly ranking

Show other rankings