1
/
5

【新卒採用3年目】役員が22卒採用を振り返る!

こんにちは!インターンの久下です。

先月、ZEINでは22卒内定者の方々をオフィスでお迎えしました✨

内定式レポートはこちら


今回は内定式も無事終えたということで、役員の長田さんに22卒採用の振り返りをしていただきました!

23卒採用についてのお話もありますので、ぜひ目を通していって下さいね。

目次
・22卒採用活動を振り返って
・22卒・新卒3期生について
・23卒採用に向けて

インタビュイー紹介

長田 瞬(おさだ しゅん)
ZEIN株式会社 取締役 マネージングディレクター。1981年生まれ。
新卒でアクセンチュアに入社後、ITベンチャー起業、不動産投資ファンド、EYアドバイザリー(現:EYストラテジー・アンド・コンサルティング)、独立系ITコンサルティング会社を経て、ZEINを創業。
趣味は、スポーツ観戦、ワークアウト。

22卒採用活動を振り返って

ー 本日はよろしくお願い致します!早速ですが、新卒採用における長田さんの役割を教えていただけますか?


私は、新卒採用業務における全体の運営責任者(新卒採用に関わるインターンの統括含む)を務めています。

まず新卒採用については、採用PR、募集、応募者対応、面談の設定などの採用業務全体を管理しています。

次に、インターン活動については、インターンメンバーの採用及び、インターンチームの企画や作業に対する最終確認を行っています。前者については最終面接やその採用判断を行い、後者については、インターンメンバーから提出された企画・施策の承認や、執筆された記事の公開前の最終確認を行っています。


インターン活動では大変お世話になっております!


ー 22卒の採用活動は、どのようなスケジュールで進められましたか?


採用活動自体は2020年6月から開始し、6月~10月は採用計画を固める作業を行いました。
2020年内には、本選考開始に向けて就活生にZEINを知ってもらう場として、カジュアル面談やミートアップを開始しました。

2021年1月からは22卒採用の募集をオープンし、本選考を開始しました。本選考を開始した後も、カジュアル面談とミートアップは継続して行っていましたね。

そして2021年8月末に、内定承諾者数が今年の採用予定人数に達したため、22卒採用の募集を停止しました。


ー 22卒採用に、1年以上の時間をかけられていたんですね!今年から新しく導入された試みはありますか?


昨年から試験的に導入していた試みではありますが、採用業務の効率化を目的に採用ワークフローを本格的に導入しました。

採用ワークフローとは、Office365のワークフロー機能を用いた採用業務のオートメーション(自動)化システムを指します。20卒・21卒の採用活動中に、応募者への対応に想定以上の時間がかかるという課題が浮上し、作業を自動化することで解決を図ったものです。この自動化の仕組み作りは、昨年のインターンチームが時間をかけて取り組んでくれていました。

今年は、最もボリュームが発生していた「カジュアル面談の応募 → 実施」という箇所に対してこのワークフローを取り入れ、業務の効率化を達成することができました。


ー コロナ禍の採用活動ということで、昨年と比べて変化された点はありましたか?


変化した点としては、オンラインを前提とした採用活動に切り替えたことが挙げられます。

21卒採用の際は、対面形式を前提とした採用活動を行っていました。コロナ禍で採用活動を完全オンラインに切り替えた後も、対面形式のプログラムをオンラインに持ち込む形でイベントを行っていました。それに対し、22卒採用はオンラインを前提としたプログラム作りを行いました。

例えば、複数の社員で担当しているカジュアル面談では、今年から会社紹介資料を活用しました。この資料はインターンチームで作成し、面談担当者の方にお渡ししていました。面談担当者が同じ資料を使って説明を行うことで、参加された就活生に与えられる情報の品質を一定に保つ工夫を重ねました。


ー オンラインを前提とした採用活動において、良かった面はありましたか?


対面イベントでは状況や参加者の雰囲気に合わせて臨機応変に対応する場面が多くなるため、時間管理がやや難しかったのですが、オンラインの場合は時間を区切りやすいため、プログラムを進行しやすいと感じました。

対面形式のイベントでは就活生が緊張されていることが多く、その緊張をほぐすためにアイスブレイクの時間を長めに取ることがありました。しかし、オンラインのイベントでは比較的リラックスされている傾向があり、短い時間でも緊張がほぐれていたように思います。

また参加側である就活生にとっても、会社への移動時間がなく、リラックスした状態で社員の話を聞くことができる状況は良かったのではないでしょうか。


ー 反対に、オンラインの採用活動で苦労された点はありましたか?


苦労した点としては、ミートアップの集客と位置づけが挙げられます。

今年はカジュアル面談への応募は増加しましたが、ミートアップの集客には苦戦しました。カジュアル面談は社員1人に対して就活生も1人ですが、ミートアップは社員1人に対して就活生複数で実施されます。1人あたりに割かれる時間が少なくなってしまうミートアップは、忙しい就活生にとってあまり魅力的に映らなかった可能性があります。

ミートアップを対面で開催していた昨年は、集客に苦戦することはありませんでした。オンラインのイベントに求められることは、時間的コストパフォーマンスの良さといった質の高さなのかもしれません。

来年の23卒採用では、カジュアル面談とミートアップにそれぞれ異なる魅力を付けるなど、両者の位置づけを再考する必要があると考えています。特にミートアップでは、テーマ性のあるプログラムを企画したいですね。


貴重なお話をたくさん聞かせていただきました!

22卒・新卒3期生について

ー 採用活動や実際の面談を通して、22卒の就活生全体に対してどのような印象を持たれましたか?


私の場合は、特にカジュアル面談を担当した時の印象ですが… 去年までと比較すると、時期ごとに就活に対する習熟度にバラつきがあったような印象を持ちました。

ここでの習熟度とは、面談に対する目的意識や、就活におけるフェーズを指します。

例えば、カジュアル面談では、企業説明会を聞くような目的で参加している学生と、志望企業の1つとして他社比較を目的に参加している学生、キャリアプランの明確化を目的とした学生、が同時期にエントリーされていました。

従来の就活生は、大学内で情報交換をしながら就活を行っていたからか、時期による習熟度にあまり差を感じませんでした。一方で22卒というのは、3年生の4月から約半年以上の間、大学授業が初めて完全オンラインで行われていた世代です。従来ほど情報共有が進まず、個人ごとで習熟度にバラつきが生まれたのかもしれません。


ー 私自身、22卒として就活を行っていましたが、確かに情報共有は難しかった記憶があります。「習熟度のバラつき」は、ZEINの採用活動に影響を与えていましたか?


昨年と比べて、内定を出すタイミングと、そのタイミングに対する内定者数の決定が難しかったです。

例年、早期の内定者は内定辞退率が高い傾向がありました。今年はこのような傾向を踏まえつつ、習熟度のバラつきも考えながら、エントリー者の中で検討を行う必要がありました。

最終的には、今年は早期内定者の受諾率の方が後期よりも高い結果となりました。採用に関わる身としては嬉しい結果ですが、やはり例年とは大きく傾向が異なりましたね。


ー では、先月内定式を行ったばかりですが、新卒3期生にはどのようなことを期待されていますか?


3期生の強みは、ロールモデルとなる新卒入社の先輩が社内に沢山おり、自身の成長がイメージしやすいことだと思います。この環境を活用して、より早い成長曲線を描いて欲しいですね。

3期生が加われば、ZEINにおける新卒入社メンバーは全部で26人になります。1期生は3年目を迎えますし、新卒入社メンバーの中でより競争意識が生まれてくると、組織全体としてもさらに成長できるのではないでしょうか。

また個人的には、これまでのZEINのカルチャーに加えて、新卒1期生~3期生による新しい価値観やカルチャーも創り上げていってくれれば嬉しいなと思います。


先日の内定式の様子。CEO志賀野さんからのお話を皆さん真剣に聞かれています!

23卒採用に向けて

ー 22卒の採用活動を終えられ、新卒4期生となる23卒の採用活動に向けて目標はありますか?


採用予定人数が増える上で、22卒採用活動と比較して約1.5~2倍のエントリー数を数値目標として掲げたいです。そのためには、既存媒体に加え、エントリーチャネルを増やす必要があると考えています。現在も、新しい採用媒体にチャレンジする計画を立てている最中です。

また会社としては、ZEINの採用を次のステージまで引っ張っていってくれる人事領域の社員を採用したいと考えています。

現在、ZEINの採用業務(新卒・中途)は、役員が様々な業務と兼務しながら行っています。コンサルティング会社において、人材の採用・教育は事業戦略として非常に重要な要素であり、最も投資を行うべき部分です。会社として次のフェーズを目指すために、人事領域のプロフェッショナルを採用することで、より人材の採用・育成に注力し、強化していきたいと考えています。


ー ありがとうございます!それでは最後に、23卒の学生に向けて、就活におけるアドバイスをお願い致します!


近年の就活生には、自分がやりたいことをベースに、限定された中から自身のキャリアを選ぼうとしている人が多い印象を持っています。もちろん、興味のある業界・職種を就職先として選ぶのは1つの方法です。しかし、1度そこから離れて、経済や社会のトレンドといったマクロ的な観点を持ってみてください。

私は、自分自身が成長するためには、成長している業界に身を置くことが一番の近道ではないかと思っています。

就活生の皆さんは、大きな世界の流れを意識し、5~10年後の未来を考え、人生の一歩目としてどのようなキャリアを歩むべきかを考えてみるのも良いのではないでしょうか。

また、長期インターンに参加し、エントリー先を1社確保しておくこともおすすめします!笑


ー 貴重なアドバイス、勉強になります!インタビューは以上になります。本日はお時間をいただきありがとうございました!


お忙しい中、インタビューにご協力頂きありがとうございました!

まとめ

今回は【新卒採用3年目】22卒採用を振り返る!と題し、役員である長田さんにお話を聞かせていただきました。

22卒採用の振り返りだけでなく、23卒の学生に向けたアドバイスなど、就活生の皆さんにとっても大変タメになる内容だったのではないでしょうか。

私自身、インターン生として約1年間、採用活動に関わらせていただいた身として、22卒採用の総括をお聞きすることができて非常に勉強になりました!

23卒採用に向けて、インターンチームとしても日々の業務を全うしていきたいと思います!


現在ZEINではインターン生の募集を再開しました!
ご興味ある方はぜひご応募ください👀✨

新卒採用人事インターン
マネジメントとともに採用戦略を策定する学生インターンをWANTED!
初めまして!インターン生採用担当の松本です。 (※私も現役大学生のインターン生です) ★ZEINってどんな会社…? ZEIN株式会社はコンサルティング×テクノロジーを融合させた、ビジネスをITでデザインする会社です。 「社員全員(ゼイン)が一丸となってクライアントと自社の成長にコミットする」をミッションとし、クライアントビジネスの課題解決・拡大に向けたコンサルティングサービスやソリューションの提供、プロダクトの企画・開発・運営を行っています。 …と、ここまでがオフィシャルな会社説明です。 うーん、難しいですね…。 要するに… ・ZEINはIT×コンサル会社 ・クライアントの課題を解決するためにサービスやソリューションを提供する ・自社で開発したプロダクトを導入するだけでなく、根っこのプランの見直しまでできちゃう …そんな会社です! とはいえ、インターン生のやることは新卒採用なので、「コンサルについて全然知らないよ」って方でも全然大丈夫です! ご安心ください!
ZEIN株式会社


ITを軸としたコンサルティングを手掛け、 創業以来、増収増益を達成しているZEINでは以下の職種で募集を行っています!

▼【23卒】現役コンサルタント(原則:マネージャー以上)とのカジュアル面談応募はこちらから!

カジュアル面談
23卒向け | 現役ITコンサルタントとカジュアルにお話ししませんか?
ZEIN株式会社はコンサルティング×テクノロジーを融合させた、ビジネスをITでデザインする会社です。 「社員全員(ゼイン)が一丸となってクライアントと自社の成長にコミットする」をミッションとし、クライアントビジネスの課題解決・拡大に向けたコンサルティングサービスやソリューションの提供、プロダクトの企画・開発・運営を行なっています。 ◆Consulting クライアントビジネスの課題解決から要求実現・ビジネス拡大に関するコンサルティングを行っています。戦略×テクノロジーにてビジネスモデル策定・IT企画・構想・計画策定、分析、管理、実行、検証までワンストップで支援しています。 コンサル案件事例: ・大手エネルギー会社:経営統合による基幹システム統合支援(ERP導入) ・大手アパレル会社 :全社システム統合、CRM戦略支援 ・大手飲料会社   :プロモーションROI支援 ・地方自治体    :デジタル推進戦略策定 ◆Product Solution クライアントの課題解決やビジネス拡大に向け、最新テクノロジーを利用したソリューションを提供しています。暗号資産取引所のシステム開発や、働き方改革を推進するRPAやBOX、弊社AIパッケージである「dArwIn」の導入など、業務全体の分析・新業務設計から、開発、検証、運用までワンストップで行います。 案件事例: ・FinTech会社  :暗号資産取引所開発(大手VC投資先) ・ファンド会社  :業務標準化、RPA導入、オートプロセスシステム開発 ・大手運送会社  :業務改革、RPA導入、ワークフロー導入 ・大手鉄道会社  :業務改革、RPA導入、ペーパレス化、電子帳簿保存法対応 ・イベント    :RPA Digital world 登壇・出展 RPA - ロボットでオートメーション化!業務の生産性を向上。  http://zein.jp/service/rpa/ BOX - ワークスタイル変革を実現するクラウド・コンテンツ・マネジメント・プラットフォーム。  https://zein.jp/product/box/ Celonis - プロセスマイニングを活⽤した業務改善コンサルティングサービス。  https://zein.jp/product/celonis/ dArwIn - 会話で業務が完結!パーソナルアシスタントによる新しい働き方。  http://zein.jp/ai/
ZEIN株式会社

▼【中途採用】戦略〜企画〜IT導入に携わるコンサルタント募集

業務 / ITコンサルタント
戦略~企画~IT導入まで!成長を求めるコンサルタントをWanted!!
ZEIN株式会社はコンサルティング×テクノロジーを融合させた、ビジネスをITでデザインする会社です。 「社員全員(ゼイン)が一丸となってクライアントと自社の成長にコミットする」をミッションとし、クライアントビジネスの課題解決・拡大に向けたコンサルティングサービスやソリューションの提供、プロダクトの企画・開発・運営を行なっています。 ◆Consulting Sector クライアントビジネスの課題解決から要求実現・ビジネス拡大に関するコンサルティングを行う部門です。戦略×テクノロジーにてビジネスモデル策定・IT企画・構想・計画策定、分析、管理、実行、検証までワンストップで支援を行います。 案件事例: ・大手エネルギー会社:経営統合による基幹システム統合支援(ERP導入) ・大手アパレル会社 :全社システム統合、CRM戦略支援 ・大手飲料会社   :プロモーションROI支援 ・政府系金融機関  :大規模システムマイグレーション支援 ◆Product Solution Sector クライアントの課題解決やビジネス拡大に向け、最新テクノロジーを利用したソリューションを提供する部門です。暗号資産取引所のシステム開発や、働き方改革を推進するRPAや弊社AIパッケージである「dArwIn」の導入など、業務全体の分析・新業務設計から、開発、検証、運用までワンストップで行います。 案件事例: ・FinTech会社  :暗号資産取引所開発(大手VC投資先) ・ファンド会社 :業務標準化、RPA導入、オートプロセスシステム開発 ・大手運送会社  :業務改革、RPA導入、ワークフロー導入 ・大手鉄道会社 :業務改革、RPA導入、ペーパレス化、電子帳簿保存法対応 ・イベント    :RPA Digital world 登壇・出展 RPA - ロボットでオートメーション化!業務の生産性を向上。  http://zein.jp/service/rpa/ BOX - ワークスタイル変革を実現するクラウド・コンテンツ・マネジメント・プラットフォーム。  https://zein.jp/product/box/ Celonis - プロセスマイニングを活⽤した業務改善コンサルティングサービス。  https://zein.jp/product/celonis/ dArwIn - 会話で業務が完結!パーソナルアシスタントによる新しい働き方。  http://zein.jp/ai/
ZEIN株式会社

▼【中途採用】コンサルタントにキャリアアップしたいエンジニア募集

ITスペシャリスト
コンサル×テクノロジーでスペシャリストになりたいエンジニアをWanted!
ZEIN株式会社はコンサルティング×テクノロジーを融合させた、ビジネスをITでデザインする会社です。 「社員全員(ゼイン)が一丸となってクライアントと自社の成長にコミットする」をミッションとし、クライアントビジネスの課題解決・拡大に向けたコンサルティングサービスやソリューションの提供、プロダクトの企画・開発・運営を行なっています。 ◆Consulting Sector クライアントビジネスの課題解決から要求実現・ビジネス拡大に関するコンサルティングを行う部門です。戦略×テクノロジーにてビジネスモデル策定・IT企画・構想・計画策定、分析、管理、実行、検証までワンストップで支援を行います。 案件事例: ・大手エネルギー会社:経営統合による基幹システム統合支援(ERP導入) ・大手アパレル会社 :全社システム統合、CRM戦略支援 ・大手飲料会社   :プロモーションROI支援 ・政府系金融機関  :大規模システムマイグレーション支援 ◆Product Solution Sector クライアントの課題解決やビジネス拡大に向け、最新テクノロジーを利用したソリューションを提供する部門です。暗号資産取引所のシステム開発や、働き方改革を推進するRPAや弊社AIパッケージである「dArwIn」の導入など、業務全体の分析・新業務設計から、開発、検証、運用までワンストップで行います。 案件事例: ・FinTech会社  :暗号資産取引所開発(大手VC投資先) ・ファンド会社 :業務標準化、RPA導入、オートプロセスシステム開発 ・大手運送会社  :業務改革、RPA導入、ワークフロー導入 ・大手鉄道会社 :業務改革、RPA導入、ペーパレス化、電子帳簿保存法対応 ・イベント    :RPA Digital world 登壇・出展 RPA - ロボットでオートメーション化!業務の生産性を向上。  http://zein.jp/service/rpa/ BOX - ワークスタイル変革を実現するクラウド・コンテンツ・マネジメント・プラットフォーム。  https://zein.jp/product/box/ Celonis - プロセスマイニングを活⽤した業務改善コンサルティングサービス。  https://zein.jp/product/celonis/ dArwIn - 会話で業務が完結!パーソナルアシスタントによる新しい働き方。  http://zein.jp/ai/
ZEIN株式会社

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼「ZEINをよく知ることができる」厳選記事12本をご紹介します!

▼他の社員のインタビュー記事を紹介しています!

SNSでもZEINのことや就活のことについて呟いています。フォローよろしくお願いします!
▼Twitter
https://twitter.com/zein_recruit
▼Facebook
https://www.facebook.com/ZEINInc/
▼note
https://note.com/zein_recruit

ZEIN株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more