This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「コンサル行きたい就活生。うちでインターンやればいんじゃね?」~ZEINのインターンリーダーは語る~

こんにちは!ZEINインターン生の濱岡です!

僕はZEINでインターンを始めさせていただいて1ヶ月になるのですが、毎日本当に学びの多い日々を過ごさせていただいております。

社員の方々はもちろん、他のインターン生が優秀すぎるので焦りますが、自分も早くそのうちの1人になれるよう駆け足で頑張ります!!

今日は、そんな優秀なインターン生チームのリーダーである、稲村将太さんに「ZEINのインターン」をテーマにインタビューさせていただきます!

ZEINのインターンについてわかりやすくまとめておりますので、ぜひ最後までお付き合いください!

まず、ZEINってどんな会社なの?

ZEINはITを活用したコンサルティングを軸に、戦略からシステム設計、運用保守までワンストップで行なっている会社です。

「社員全員(ゼイン)が一丸となってクライアントと自社の成長にコミットする」をミッションとし、クライアントビジネスの課題解決・拡大に向けたコンサルティングサービスやソリューションの提供、プロダクトの企画・開発・運営を行なっています。

大手外資系コンサルティングファーム出身者を母体にした会社であるため、事業内容はもちろんのこと、仕事に対するコンサルタントらしい姿勢を間近で見ることができる環境です。


さて、ZEINという会社についてご紹介させていただいたところで、ここからインターン生リーダーである稲村将太さんにインタビューさせていただきます!


稲村さんのプロフィール


稲村将太(いなむらしょうた)

慶應義塾大学経済学部4年在学中。20卒として某人材会社に就職予定。(卒業できればの話)
大学3年次から長期インターンを始め、合計5社にてSNS広告運用・インターン人事・営業・社内広報などを経験。自称・長期インターン芸人。何故芸人なのかは誰にも分からない。現在は2019年6月よりZEIN株式会社の長期インターンに参加し、リーダーとして新卒採用戦略の立案や実行に従事している。
趣味はカラオケとビリヤード。好きなゲームはモンハンで、今は絶賛アイスボーンプレイ中(MR148)

▽プロフィールはこちらから
https://www.wantedly.com/users/45960477?aql=gaFxpFpFSW4


―本日は「ZEINのインターン」をテーマにインタビューさせていただければと思います。よろしくお願いいたします。

はーい、よろしくお願いします。


―稲村さんはインターンをはじめとする様々な経験をされてきたかと思うのですが、昔からそういった行動力のある学生だったのでしょうか?

いえ、むしろその逆で、周囲に流されまくりのテキトーな学生でしたね(笑)

中学高校とそこそこくらいの成績で勉強が特別できるわけでもなく、大学受験の時も周りが受けているからという理由で特に考えることもなく…といった感じでした。

昔から水泳だけは続けてきましたが、全力で頑張ったという記憶はないです(笑)
初めたのが生後8か月で、物心ついたときから水泳をやっていたので、ノリで続けてました。
水泳だけに、周囲に流されることだけは上手くなったんですね。

…あ、ここ笑う所です。


…はい(苦笑)そうなんですね!なんだか意外です…インターンを数社経験されたとのことですが、インターンを始めようと思ったきっかけは何ですか?

大学3年の開始時点でノンゼミ(ゼミに所属していない状態)だったことがきっかけです。
授業もほぼないので、とにかく時間がありました(笑)
バイトしようかなと思ったのですが、すでに大学1、2年生の時に色々なバイトを経験してきたので、
「今さらバイトに没頭するのもな…よし、だったらとりあえずインターンとやらを始めるか」ということでノリと気分で始めました。

ZEINのインターンについて

左:稲村さん 右:濱岡

―では、まず稲村さんがZEINとどう出会ったのか教えてください!

今年の6月ごろに、WantedlyでたまたまZEINのインターン募集記事を見かけたのがきっかけですね。

今年の4月までは、2つの会社でインターンを同時進行していました。
1社はインターンを始めてからちょうど2年が経過するタイミングだったので、そろそろ違うことをしたいと思っていたのと、もう1社は自分をスカウトしてくださった上司が辞められるとのことだったので、自分も同じ時期に辞めました。

結局、今年の4月に2社のインターンを終えて2か月くらいはダラダラ遊んでたのですが、「入社までにまたなんか長期インターンやっとかないとな」と思い、6月から始めた形ですね。


ーなるほど!Wantedly経由でZEINと出会ったんですね。新卒採用のインターンとのことですが、元々興味があったのですか?

興味はありましたね。前の会社でインターン生の採用や人事の仕事をしていたので、そういった経験を生かして新卒採用戦略にも携わってみたいなと思いました。

もう1ついうと、コンサル会社での長期インターンが魅力的に感じたのもあります。前職がコンサルの方とは以前のインターンで一緒に仕事をさせていただいたこともあるのですが、現役のコンサルタントの方と一緒に仕事を進める機会はなかなかないと思い、飛びつきましたね。


―続いて、インターンでの業務内容についてお聞きしてもよろしいでしょうか?

はい。僕の仕事としては、大きく分けて3つほどあります。

まず1つ目に、インターンチームの全体方針の策定です。新卒採用プロジェクトにおけるチーム全体の年間目標を上司と話し合いながら策定し、それを月次目標に分解してインターン生に共有しています。
インターン生は、チームの月次目標をもとに個々人で月次目標を作成しているため、気は抜けない大事な業務ですね。

2つ目に、SNS運用の基盤づくりです。Wantedlyの記事作成の基盤が徐々に出来上がってきたので、今後は「投稿した記事をWantedly外でどのように広めていくか」というフェーズで、そのためにSNSを使った基盤づくりを進めています。

最後に、インターン生の人事管理です。インターン生の募集記事を作ったり、応募が来たら社員面接に橋渡しをしたり、新人の入社手続きを行ったり、入社手続きマニュアルを作ったり…などインターン生の人事に関することをほぼすべて一任していただいてます。まだインターン制度自体が6月から始まったばかりで、僕が「これやっても良いですか?」「これ必要じゃないですか?」と言えば、何でもやらせてくれるのがとても楽しいですね。

初回研修資料の一部です。あえてぼかしてます。


ー5社で長期インターンをされてきたからこそ分かる、ZEINのインターンの良さを教えてください。

結構あります!
まずは「居心地の良さ」ですね。
今週から大学が始まったんですが、さっそく「授業終わりにオフィス寄るか~」みたいな感覚で出社してます。もう気分的には第2のホームです(笑)
やっぱり出社したときに「楽しいな」と思える環境って、一番大事だと思うんですよね。
それがあるからこそ「よし、この会社で頑張ろう」って思えるし、会社としてもそう思ってもらえたらますます嬉しくなるから、もっと良い雰囲気にしようとする。まさに好循環です。

居心地の良さは、今までのインターンの中でも1、2位を競いますね。

とある社員さんが誕生日ということでランチをピザパーティーに。


次に「優秀な社員の多さ」ですね。
やはりZEINはまだまだ規模としてはベンチャー企業で、取締役であってもコンサルタントの最前線の現場に立ってプロジェクトを進めているので、いわゆる「窓際族」と呼ばれる人たちがいないんです。

僕自身、あまり優秀と思えない社員に「インターンは(安い労働力だから)とりあえずこれやっといて」とアゴでこき使われることはすごーーーくイヤなんですけど、ZEINでそんなことは一切ないです(笑)
今もなお、バリバリに現場で実力を発揮している人たちから直接コンサルのお話が聞けて、一緒に働けるというのは、コンサル志望の大学生からしたらめっちゃ理想的な環境だと思いますよ。

今までのインターンの中でも、社員の優秀さはトップかもしれません…!

ちなみに下記は僕が初めて作ったカスタマージャーニーなのですが、未経験の僕にでも取締役の方が直接分かりやすく教えてくださったのは、本当にありがたかったです。

SNS運用方針を策定する時に作成したカスタマージャーニー。あえてぼかしてます。


そして、何より「飲み会の楽しさ」ですね。
ぶっちゃけZEINの平均年齢は、社員のほとんどが中途入社なのもあって学生が起業したスタートアップやベンチャー企業と比較すると、そこまで低くないんですよね。つまり30代前半くらいの社員さんが一番多いんですが、その人たちと飲んだりすると、普段同世代の人間からは得られないような視点の話がたくさん聞けるので、それがめっちゃ面白いです(笑)

ここも今までのインターンの中でも1、2位を競いますね。

僕自身、長期インターンの一番の醍醐味は、ロジカルシンキングを磨くことでもPCスキルを上げることでもなく、「社員とのコミュニケーションの取り方を学ぶ」ことだと思っているので、
自発的に「飲み会行っていいですか?」「今度飲みませんか?」と発言しまくるのですが、それをZEINの社員さんはとても歓迎してくれて、さらに可愛がってくれます。
(僕みたいなひよっこの大学生にもまともに付き合ってくれる時点で感謝です)

8月に行われたビアガーデンイベントの写真です。2次会のカラオケは最高でした。


―では最後に、インターン生リーダーとして今後の目標について教えてください。

今年から始まったZEINの新卒採用がきちんと回る仕組みになることが目標です。
僕自身、半年後には社会人として働き始めるので、残り半年でどれだけZEINに貢献できるかは、この新卒採用プロジェクトの達成が大きく関わってくると思います!


ー最後に何か一言あればどうぞ!

タイトルの通り、コンサル志望の就活生はZEINでインターンすればいいと思います。
もしくは新卒として応募するのもアリですね!

色んな会社見てきましたが、トップクラスに楽しいですよ~~!!


ー…とのことです!!稲村さんに頼りっきりではなく、自分も会社に貢献できるように日々学んでいきたいと思います!
本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました!


まとめ

今回は、ZEINのインターン生リーダーである稲村さんにインタビューさせていただきました!

・優秀な上司と一緒に仕事を進めることができる

・現役コンサルタントとのつながりができる

・0→1の仕事に携わることができる

以上が、ZEINのインターンを通して得ることができる価値だとわかりました。


また、このような環境で仕事がしたいという方はぜひ一度オフィスに足を運んでみてはいかがでしょうか!

インターン生インタビュー第2弾もお楽しみに!!

ZEIN株式会社's job postings
26 Likes
26 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more