1
/
5

【関西】アパレルから不動産業界に転職した僕が教える、PMって何ですか??

初めまして!
ザイマックス関西の中途採用を担当しております、岡林(オカバヤシ)です。
関西からも、会社のことや社員の方々について、たくさんお伝えしていきたいと思います!

さて、今回はザイマックス関西の不動産マネジメント事業部でプロパティマネジメント(以下:PM)
として活躍する久保さんから、PMについてお話をお伺いしてきました!

■自己紹介

久保 拓也(クボ タクヤ)2018年2月にザイマックス関西へ中途入社し、PMを担当。
前職ではオーダースーツのお店で接客販売を経験。小物にトレンドカラーを取り入れるなど、ファッションリーダーとしてセンスが光っている。

ーなんでザイマックス関西に転職を?

前職ではお客様のご要望に合わせて提案し、喜んでもらうことにやりがいを感じていた反面、スーツだけでなく、もっと幅を広げて提案出来る仕事がしてみたい!と思っていました。最初は、法人営業の仕事で探していたんですが、当時、ザイマックス関西が商業施設をホテルにコンバージョンする案件があったんです。その話を聞いて、不動産管理の領域を超えて、幅広い提案ができる会社なんだ!と思って志望しました。
あとは、当時遠距離で付き合っていた彼女が大阪にいたので、関西で働けるという点も決め手でしたね。

ー入社後はどんな仕事を?

入社して最初の2年半はオフィスビルのPMを担当し、その後、商業施設のPM担当となって
もうすぐ1年半になります。

商業PMは、簡単にいうと商業施設に常駐して、物件やテナント様の管理をする仕事です。
僕が担当している施設は、約100弱のテナント様がいて、PMは僕も含めて6名、その他に設備管理を担当しているメンバーが8名常駐している物件です。

業務としては、担当する施設の不動産収益に関する収支管理とテナント様への賃料・経費の請求に関する業務の責任者を任されています。
商業施設は特にテナント様の数も多く、家賃や管理費等だけでなく、集客のための販売促進費や、お客様に快適に過ごしてもらうための環境整備費、建物を維持する為の修繕費、催事スペースの貸出料、自動販売機設置料などなど…本当に多岐にわたる収支が発生します。

毎月、誤差なくオーナー様に収支を報告したり、テナント様に正しい金額で請求するために、細かいお金の動きも全てキャッチアップしなければならないので、人一倍コミュニケーションを大事にしています!

他にも、売上管理システムの更新プロジェクトのリーダーを任せていただいたり、
新たな客層を呼び込むために、大手チェーン店様を誘致するフードコートリニューアルのプロジェクトをチーム一丸となって推進しています。


※撮影時のみマスクを外しております。

ーオフィスPMと商業PMの違いって何ですか?

PMとして「不動産の収益を最大化する」ということはオフィスも商業も同じですが、やはり少し違いはあります。オフィスビルでは、テナント様にお支払い頂く賃料をエリア相場や、物件の状態などによって決めることが多いですが、一方商業施設では、テナント様の売上によって賃料が決まる場合があります。
なので、オーナー様の収益をあげるために、テナント様の売上もあげることが重要となるので、
最近の売上はどうか…、どんな商品が売れているか…、館として協力出来ることはないか…など
テナント様と密にコミュニケーションをとって情報交換し、館の施策として実行することで、結果的にオーナー様の利益向上に繋げます。
最近だと、例年より気温が低くて夏物の洋服が売れません。なんてお話してくださるテナント様もいらっしゃいました。

ー大変なことって何ですか?

オーナー様によって、建物に対する考え方も、私たちPMに求めていることも違うため、常に何が求められているのかを汲み取っていかなければなりません。その想いと期待にしっかり応えなきゃいけないというプレッシャーは大きいです。

特に、未経験からのキャリアチェンジだったので、最初は不動産のふの字も知らない状態で。賃貸借契約のような法律をはじめ、マーケット情報、建物の臓器ともいえる各設備の知識、商業テナント様の商売の仕組み等…、勉強の日々でしたし、失敗も多く経験して、本当に刺激的な毎日でした(笑)

入社後半年くらいに仕事の流れが掴めるようになって、イレギュラーなことも周りを頼り(巻き込み)ながら、落ち着いて対応出来るようになったのは入社後1年半たった頃ですかね。



ー最後にザイマックスとは‥?

人より”3倍のスピード”で成長出来る会社!
成長速度は他の会社の3倍くらいのスピードだと思います。(笑)早い段階から裁量権のある仕事を任せてもらえたり、社内外問わず、色々な人と関わって一緒に仕事することができるので若いうちにたくさん
経験を積んで、色々な刺激を受けて成長できると思います。

その分、失敗することもたくさんありますが、その失敗を引きずらず、次に活かせるように切り替えられるかどうかが重要だと思います。

未経験で入社された久保さんも、今では後輩たちが尊敬する先輩の1人として活躍されていることを思うと、改めてこの約3年間での成長スピードの凄さを感じました!!
久保さん、ありがとうございました^^

ザイマックスグループ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more