1
/
5

【2020年メディア掲載実績まとめ】メディア掲載実績で振り返る、革命の基盤を築いた2020年

2012年の創業からいままで、サイカはデータサイエンスのプロフェッショナルとして、マーケティングの適正評価に取り組んできました。2020年9月にはサービスラインナップを拡大し、マーケティングPDCAの「CHECK」にあたる広告の効果分析だけでなく、PDCAのすべてを一気通貫で行うソリューション「XICA ADVA(サイカ アドバ)」をリリースしました。

ADVAリリースを皮切りに、革命の礎を築いた2020年。
メディア掲載実績を追いながら、あらためて振り返ってみたいと思います。

2020/03/23 「Markezine」掲載

元スマートニュース、現M-Force共同創業者 兼 Strategy Partners代表取締役社長の西口一希氏と、当社代表・平尾の対談を掲載いただきました。

経営とマーケティングの分断、デジタルとアナログの分断など「企業内の分断」が日本企業の課題としてある中で、MMM(マーケティング・ミックス・モデリング)の実践をテーマに議論しています。

2020/08/17 週刊東洋経済「すごいベンチャー100 2020年最新版」選出

8月、週刊東洋経済が毎年発表している「すごいベンチャー100 2020年最新版」に、サイカが選出されました。広告効果の分析をパッケージ化したこと、発売から1年で広告宣伝費国内トップ100社の10%が導入した実績、リリース以来、毎年2倍以上の成長を達成していることなどが評価されました。

※企業ごとの詳細記事は、有料会員限定です(ごめんなさい)

2020/09/17 「日本経済新聞」掲載

9月の一大ニュースは、12.1億円の資金調達。
コロナ禍での資金調達を、日経新聞で取り上げていただきました。

※こちらも有料会員限定記事です(ごめんなさい)

▼資金調達の背景を、代表平尾に聞きました

▼他メディアにも多数掲載いただきました(順不同)

2020/09/17 宣伝会議「AdverTimes(アドタイ)」掲載

9月、資金調達と同時に発表した新コーポレートブランド。ビジョン・ミッション・バリュー、ロゴ、コーポレートサイトを全面的に刷新し、宣伝会議「AdverTimes」に掲載いただきました。

2020/09/29 「THE BRIDGE」掲載

9月29日、サイカにとって大きな一歩となった「XICA ADVA(サイカアドバ)」リリース。

XICA ADVAは、マーケティングのPDCA全てにデータサイエンスを実装し、ROI最大化に貢献するサービスです。特に、サービスラインナップの一つである「ADVA BUYER」は、国内初の成果報酬型テレビ出稿サービスとして注目されました。

サイカ、手数料成果報酬型のテレビCM出稿サービス「XICA ADVA(サイカアドバ)」をローンチ
広告効果分析マーケティングツールを提供するサイカは29日、成果報酬型のテレビ CM 出稿サービス「 XICA ADVA(サイカアドバ)」をローンチした。同社開発の TVCM 効果分析ツール「 magellan(マゼラン) 」で培われたデータサイエンスをもとに、テレビ CM から得られる事業成果を出稿前にシミュレーション、実際に出稿の計画づくりから出稿までをワンストップで行えるよう、事実上リブランドした。 アドバは、テレビ CM への投資額の決定から、エリア配分、局配分、線引き(出稿する曜日、時間帯、番組な
https://thebridge.jp/2020/09/xica-launches-adva

▼その他メディアでも多数掲載いただきました(順不同)

2020年12月号(10月24日発売) GOETHE(ゲーテ)特集「経営者が読む 座右の漫画」 掲載

漫画をこよなく愛する代表平尾。
まさかの男性誌『GOETHE(ゲーテ)』から取材依頼があり、みんなびっくり!
楽しそうに、悩みに悩んだ末に選んだのは、サッカー漫画「1/11 じゅういちぶんのいち(クリックするとAmazonの商品ページに遷移します)」でした。

他にも、こんなにたくさん候補があったそうです!

  • Over Drive
  • BLUE GIANT
  • べしゃり暮らし
  • 左ききのエレン
  • SKET DANCE
  • SLAM DUNK
  • キングダム
  • ROOKIES

2020/11/30 「日本経済新聞」掲載

11月、日本経済新聞社がスタートアップの企業価値を推計しランキングした「NEXTユニコーン調査」で83位にランクインしました。
こちらも有料会員記事のため詳細はご紹介できませんが、「次世代の競争力を培う企業」として掲載いただきました。

2020/12/21 「週刊東洋経済」掲載

テレビCMは、多くの人に強いメッセージを届けられるが投資対効果が見えづらい。一方、インターネット広告は、細かなターゲティングができ効果測定も可能。これまで広告主にとっては、投資対効果が明らかなインターネット広告のほうが予算をかけやすいと考えられてきました。
ですが昨今、ブランディングや認知の観点で、テレビCMが再評価されています。

早稲田大学商学学術院 恩藏直人教授と、サイカCFO杉山の対談が掲載されました。テレビCM市場の変化をテーマに対談しています。

2020/12/28「日経ビジネス」掲載

「ROI(投資対効果)が分からない」
「事業成果と連動した運用ができない」

これらは、広告主がテレビCMに対して感じている2つの課題です。
この課題を解決するソリューションとして「XICA ADVA」をリリースした当社だからこそ話せる“テレビCMのこれから”について、当社代表平尾のインタビューが掲載されました。

おわりに

2020年、資金調達と「XICA ADVA」のリリースを皮切りに、広告業界の変革に向けた第一歩を踏み出しました。

2021年は、「データ分析とマーケティングの適正評価を民主化」し、「才能開花に満ちた公正な世界をつくる」ため、さらなる事業のドライブに向けて日々新たな挑戦を続けています。

サイカの事業をもっと知りたい方は、ぜひお話を聞きにきてください!

↓↓↓ こちらの記事もどうぞ ↓↓↓

▼代表が語る、サイカの創業秘話

▼事業本部長が語る、「XICA ADVA」リリース裏話

株式会社サイカ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more