1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

第二創業期を迎え、社員一丸となって前進しています
広告効果の可視化・最適な予算配分を可能にする広告分析ツール「マゼラン」を提供
●社名の由来:XICA=才能開花 意志を起点として、挑戦によって自らの才能を発見し、努力によって才能を磨き、開花させる。 私たちはデータを扱う事業を展開しますが、データは手段であり、目指すのはデータの先にいる人々の才能開花です。意志を持つ人々に対し、私たちのソリューションによって挑戦と努力を支援することで、才能開花の後押しをしたい。そうした想いを込めて、「華やかに現れ出た才能」を意味する「才華」を社名にしました。 ●Vision:才能開花に満ちた公正な世界をつくる マーケティング領域において、 価値を生み出すあらゆる人々の挑戦と努力が公正に評価される環境を築くことで、 才能開花が最大化される世界をつくります。 ●MIssion:データ分析を民主化し、マーケティングの適正評価を民主化する 一部の専門家にのみ委ねられているデータ分析を誰もが自在に駆使できる基盤を提供することで、 マーケティングに関わる全ての人々が、マーケティング活動の適正な評価を自ら行い、 確信を持った戦略の立案と実行ができるようにします。 ●「ADVA magellan(アドバ マゼラン)」 https://xica.net/magellan/ サイカの主力プロダクト「マゼラン」は、Web広告などのオンライン広告・テレビCMなどのオフライン広告、天候などの外部要因を統合的に分析し、広告効果を可視化できるツールです。また「目的達成のための最小予算シミュレーション」「決められた予算で成果を最大化する予算シミュレーション」2パターンの予算配分シミュレーションで、最適な広告予算配分を提示します。 ●国内の広告宣伝費トップ100企業のうち、10%の企業が導入 2016年9月のリリース以来、テレビCMを出稿する国内大手企業を中心に導入企業数100社を突破。国内の広告宣伝費トップ100企業のうち、10%の企業で広告分析にマゼランが利用されています。今期は前年比3倍成長を見込み、2019年10月には優れたマーケティング・プロモーションツールに関する調査で「国内No.1のCM効果分析ツール」「国内No.1のオンオフ統合分析ツール」「国内No.1マーケティングミックスモデリング(MMM)ツール」の3部門において3冠を獲得しました。(株式会社ショッパーズアイ調べ)今後、グローバル展開も予定しています。 ●導入企業一例 https://xica.net/magellan/interview-post/ - パナソニック株式会社 - 株式会社SUBARU - ライオン株式会社 - ユニ・チャーム株式会社 - KDDI株式会社 ●ニュース/実績 - 2020年9月 :コーポレートブランド刷新 - 2020年9月 :マゼラン提供開始4周年 - 2020年9月 :アタラ合同会社との業務提携 - 2020年2月 :株式会社クロス・マーケティンググループと業務提携 - 2019年10月:マゼランの累計導入社数100社突破 - 2019年10月:国内No.1ツールとして3冠獲得 ※株式会社ショッパーズアイ調べ - 2019年3月 :株式会社SPARK NEURO JAPANと業務提携 - 2018年5月 :株式会社インテージと業務提携 会社紹介資料をご覧いただけます▶︎▶︎https://speakerdeck.com/xicapr/company-introduction

Why we do

「データは人を操るものではなく、人の意思決定と創造を支えるパートナー」サイカのプロダクト開発の原点です
データを通して挑戦の礎を築き、自信を持って意思決定できる状態ーそれが私たちの目指す「才能開花」
●データ分析を、もっと身近に サイカは、CEO平尾の「どうしようもない悲しみを減らしたい」という想いから始まっています。 データをどれだけ分析しても「絶対に正しい答え」は見つかりません。しかし、膨大なデータを、人が読み解ける意味あるものに変換することで、より多くの人が自身のアイデアを検証し自分の選択に自信を持てるようになると信じています。データから得られる客観的事実をすべて把握した状態は、人が持つ創造性や経験・勘・感性を発揮する礎になります。 私たちが大切にしてきたのは、データで答えを届けることではありません。データを通して示唆を届けることです。そのために、データ分析をより簡単に、効率的に、親しみやすくするプロダクトをつくっています。“あとは自らの才能で勝負するだけ”と自信を持って未来に挑戦できる状態が、私たちにとっての才能開花です。

How we do

多様なメンバーが揃い、承認・称賛・尊敬を大切にコミュニケーションを深めています
社内のカフェスペースでは、部署関係なく活発な交流が行われています
●2020年、モノづくりへの本格投資を決定 2020年1月、CTOに是澤を迎え、新たに「モノづくりビジョン」を策定しました。これを機にモノづくり体制への本格投資を開始。UX(User Experience)とデータドリブンを軸としたアジャイル開発体制への移行を進め、技術刷新のためMicroservices化へ舵を切りました。2020年中の開発プロセス変更とリアーキテクチャを目指しています。 CTOはじめました、そして「モノづくりビジョン」を公開します。 https://note.com/sak0620/n/nf61b60107891 CEO・CTO対談:「いま凄い人」ではなく「これから凄くなる人」と働きたい。 https://www.wantedly.com/companies/xica/post_articles/225222 ●一人ひとりの「才能開花」を支援 サイカに関わるすべての人の才能開花を、あたりまえに実現できる組織を目指しています。 「才能開花費」は、メンバーの成長を促進する制度の一つで、ビジネススキル習得や社内で利用する備品購入を経費精算できる制度です。他にも、統計検定取得支援制度、英会話研修制度など、社員の成長を応援する制度が充実しています。また、四半期に一度、目標設定と振り返りを行う人事評価制度を整備し、個人の成長を後押ししています。 メンバーの成長を会社が支援。自己投資に利用できるサイカの才能開花費とは? https://www.wantedly.com/companies/xica/post_articles/249039 サイカの目標設定はどうやって決めているのか? 評価制度の裏側をインタビュー https://www.wantedly.com/companies/xica/post_articles/228902 ●パフォーマンスを発揮する働き方 サイカは、社員がより成果を出すためのワークスタイルを模索し続けています。フレックスやリモートワークなど、それぞれがパフォーマンスを最大限発揮できる働き方を選べるようになっています。2020年にはオフィスも増床し、カフェスペースやミーティングスペースなど社員が快適に過ごせる環境を整えました。 オフィスツアー:オフィス増床プロジェクト担当が徹底解説 https://www.wantedly.com/companies/xica/post_articles/230262 ●活躍する、多様な才能 ゴールドマン・サックス、キーエンス、Yahoo Japanなどの大手企業出身者、広告代理店の史上最年少マネージャー、ミュージシャン、物理学の研究者、国家公務員、外国籍のメンバーなど、多様なバックグラウンドと才能を持った仲間が活躍しています。お互いを認め合い、褒め合う文化が根付き、部署を越えたコミュニケーションも活発です。 サイカで働く人々 https://www.wantedly.com/stories/s/xica-people ※オフィス内全面禁煙(屋外スペースに喫煙所あり)