This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

Techfirmの生みの親はこんな人!!

今回はテックファームの創業秘話を探り、テックファーム創業者が語る、テックファームのカラーを皆様にお伝えできればと思います!

創業者経歴

キャノン株式会社に入社後、情報システム研究所に配属。

その後、開発部門へ異動し、エンジニアとしてのキャリアを積んだのち、さらに新しい最先端技術に携わりたいという想いから、独立系ベンチャー企業のハイパーネットに入社するも、経営が傾き、倒産。その当時の仲間5人とテックファームを立ち上げ、現在に至る。

創業までの経緯

卒業後、大手メーカー(キャノン株式会社)に入社し、情報システム研究所に配属。実際にモノづくりをしてみたいという強い思いが生まれ、開発部門に異動しました。

当時23歳から25歳の間はとにかく開発がおもしろく、開発に没頭する日々を送りましたね。

27歳くらいの時に、新しいことをやって、ほかの人がまだ見たことのない景色見てみたい!と思い、起業するのか、ベンチャー企業に行くのかを悩み始めました。

大企業を辞めることに周りからは勿論反対され、物凄く引き止められましたが、出した決断は、当時社員1人しかいなかったベンチャー企業、ハイパーネットへの転職でした。

ハイパーネットでは、それまで有料でインターネットを使うことが当たり前だった時代に世界で初めて、ダイレクト広告を利用した無料インターネットサービスを提供するなどして一役有名にもなった企業でした。

しかしその後、経営が傾き、当時副社長CTOとして働いていたハイパーネットが倒産してしまいました。

倒産を機に、1人でベンチャー企業を立ち上げようと思っていたら、当時の社員5名が一緒に会社を立ち上げようと声をかけてくれたのが、テックファームが誕生するきっかけですね。

起業当初

ハイパーネット時代の仲間5名と起業するも、当時は手元に借金しかなく、部屋を借りる余裕もなかったです。1年間ほど無給の生活を送っていたね(苦)

飲み屋の中の空きスペースを借り、バーカウンターが残る1室に机を持ち込んだオフィスからスタートしました。

私にも、メンバーにも家族がいたため、最初の頃はとにかく今すぐできることを始めようと目の前の仕事に打ち込みました。

描いていたビジョン

1997年創業当時、名刺にアドレスが入っている人は3人に1人程度で、今のように携帯電話もない、インターネットを使う人も限られている、そんな時代でした。

しかし、そんな閉ざされた情報世界からもっとオープンな情報世界に変わると私は感じていましたね。

インターネットの使用が日常的なものになれば、世の中に色んなソフトが出始めます。

その時、このソフトをどう使っていくのか、どう有効活用していくのかということが顧客にとって必要になってくると思いました。

それぞれの端末、ソフトフェアを熟知し、システムインテグレーションをお客様に合わせて提供していくことの重要性を考えた時、ITのプロフェッショナルが必要になる日が必ず来ると思っていました。

【Techfirm】の社名も、この考えに由来したものです。

アメリカ、シリコンバレーで仕事をしていた頃に、Lawfirm(弁護士事務所)で、弁護士たちが法律を軸にそれぞれの専門知識を持って高度なサービスを顧客に提供していることに感銘を受けました。我々テックファームもテクノロジーのプロフェッショナルとして、高い専門知識を持ち、顧客サービスをしていきたい!!そんな強い想いから、この社名になりました。

創立時の想い

テックファームを立ち上げた時の想いはとてもシンプルで、

【純粋にエンジニアとして、常に新しいものに触れたい】という気持ちです。

出世欲があるわけでも、お金持ちになりたいわけでも、社長になりたいからでもなく、1人のエンジニアとして、誰かの役に立ちたいという想いがテックファームの創業へ繋がっています。

私自身、新しいことをする上で大切にしてきたことを、ここで紹介したいと思います。

① 同じ仕事を与えられた中でも、なにか1つでも自分のテイストを取り入れながら、とにかく前向きに!楽しみながら仕事をしていくこと

② リスクを恐れないこと

この2点を大切にし、取り組むことで周りから認められてきたと思っています。

周りから認められると必然とチャンスも巡ってきます。チャンスの回数が多くなればなるほど、もちろん成功する確率も高くなりますよね。だからみなさんもリスクを恐れずに仕事に向き合ってほしいと思っています。

これからのテックファームのビジョン

テックファームの特徴は最先端技術を、どこの会社よりも30分でも1分でも早くキャッチアップし、お客さんのビジネスに活かしていくのが基本的な姿勢で、この姿勢は今後も変わらないと思います。

ただ創業当時から世の中の変化もあり、ビジネスモデルを変えていかなければならない時期にさしかかっています。そんな中で今後のテックファームのビジョンは、

グループ会社の中心となるテックファームは常に新しい技術をキャッチアップしながら、最先端のビジネスやテクノロジーを使い事業に活かしていく。さらに自分たちでソリューションや、開発を行い、サービスに繋げていきたい。テックファームの周りにグループ会社を形成していきながら、テックファームの技術、知識をグループ会社に展開していきながら世の中に対していい影響を与えていきたいと考えています。

テックファームで一緒に働いている人とは一生仕事していきたいと考えています。

会社を大きくする=色んな事業を会社の中で持つことは、それぞれの仕事内容や専門性が高くなります。

そして、社員がキャリアチェンジをしたいと思ったとき、他の会社を選ぶのではなく、自社内でキャリアアップしていく環境を作っていくために必要なことだと考えています。


仲間になってほしいひと

ずばり!!

【成長したい!!という上昇志向を持った人】

その成長はどんなことでもいいと思います。

ITコンサルタント業務やマネージメント業務、エンジニアとして成長など、何でもいいから自分のここを成長させたいと思っている人と一緒に働いていきたいですね。

そしてここ、テックファームには成長できる環境を提供することができると思っています。

どんな形であれ、ともに一緒に働く仲間が外で活躍していることは嬉しいことで、極端な話テックファームを踏み台にしてもいいと思ってますね笑

とは言え、一番は、ここテックファームでともに成長していける仲間を待っています。

テックファームホールディングス株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings