1
/
5

大手/ベンチャー関係なく活躍したからこそ感じる大きな”違い”

今回は中途入社から、現在新規事業部門のマネージャーとして活躍されている野村さんのインタビューです。

誰もが知る大手企業からベンチャー企業に転身し、更なる活躍をしている野村さん。
ぜひ、現在大手企業で活躍されている方にとってご参考になればと思います!

【プロフィール】
2019年4月にライトアップへ入社。
新卒では大手生命保険会社に入社。保険の販売職員を束ね、支社運営の補佐や拠点内部監査、採用イベント開催など、多岐に渡る業務を経験。
ライトアップ入社後は、1年目で当時の最高記録の2倍以上の月間営業成績を残すなど飛びぬけた活躍。2年目途中からマネージャーとして、新規事業責任者を務めています。

「何か困ったら『ライトアップの野村』へ相談しよう」と中小企業の経営者に思ってもらえたら、すごく嬉しいです

塩崎:
ライトアップに入社して、約3年。どのような業務を行ってきたか簡単に教えてください!

野村:
中小企業経営者の「資金・人材・売上」に関わる課題解決のため、日々奮闘してきました。

1年目は、助成金コンサルタントとして全国各地やセミナーや個別のお打合せを行い、年間1,000名以上の経営者へ公的支援制度を最大限活用するための支援をしていました。

2年目以降は新規事業の責任者として、オンライン商談ツール、助成金自動診断システム、今ではJSaaSインクルードやJサーチなど、会社の新規サービスの率先販売をしています。
決まった案内方法がない中で、様々な案をお客さまに提供し、生の意見を伺ってサービスや提供方法の改善を行っています。

多くのサービスを短期間で開発、提供しているライトアップの中でも最前線で動いているので
「何か困ったら『ライトアップの野村』へ相談しよう」と中小企業の経営者に思ってもらえたら、すごく嬉しいなと思います。

塩崎:
そんな中で野村さんの「やりがい」は何ですか?

野村:
一番は「経営者の課題解決に直接携われること」です。

中小企業の経営者は、経営だけではなく、ご自身が現場のトップとして仕事される方も多いため、「情報を伝える」だけでなく「具体的行動に落とし込む」ことを意識しています。
何をすべきかを一緒に考えることで、改善案や新たな可能性が見えてくると経営者も前のめりになります。

打合せ当初、興味関心が高くなかった方が、ある時を境に目の色が変わる瞬間は
「やった!」と心の中で思っています。

塩崎:
元々いわゆる「大手企業」にいた野村さんですが、前職と比較して上場ベンチャーのライトアップとの違いはどのように感じますか?

野村:
風通しが最高に良いですね。

前職で新卒1年目の時に「会社に対する業務改善案」をレポート提出する機会があったのですが、それまでの常識に反するような「保険販売の女性職員を活用しない営業チャネルの拡大」という内容を提出して、本社に「なぜこのようなレポートになったのか」と聞かれたことがありました(笑)
※通常は保険販売専門の営業職員が、保険販売の主力であることが多い

100年以上続く大手には非常に優秀なノウハウがあり、それを吸収するために「大手金融機関に就職しよう」と考えていました。
そこで得た学びや気づきを与えてくれた上司には本当に感謝していますし、退職後も同期とBBQをするなど家族ぐるみの付き合いがあります。

ただ、組織として「こうあるべきだ」「こう考えるべき」と思考をストップさせることが多かったように思います。


マネージャー昇格祝いの時の写真(左:ライトアップ代表取締役社長の白石さん、中央:野村さん)


そんな経験をしてからの2社目、ライトアップ。

最初の面談は執行役員の杉山さん。年齢はほとんど変わりませんが、ベンチャーのライトアップで新卒から積んでいる経験は、私とは雲泥の差があるように感じました。
ただそれと同時に、刺激し合いながら会社の成長に貢献していきたいなと率直に思いました。

そして代表の白石さん。
入社初期の記憶として印象が強いのは、6月ごろに会社メンバーとキャンプをしたときです。

そこで白石さんも含め、みんなでボードゲームをしたのですが、見事に完敗。
「なんだ、野村くん大したことないなぁ」と白石さんに言われ、すぐアマゾンで購入。親戚を巻き込んで練習しましたね(笑)
翌年にまたキャンプをしたときにはリベンジできたのが嬉しかったです。

もちろん、業務中にもらえるアドバイスは非常にありがたいのですが、それ以上にプライベートの時間でも楽しみながら気兼ねなく仕事の相談も出来るのは、ライトアップの文化なんだと思います。

強制されることはなく、望む人には場を与えてもらえる。

悩んでいたことを、焚火しながら社長に相談できるのは、少なくとも「大手企業」では難しかったなと思います。

塩崎:
こんな人と働きたい!というポイントはありますか?

野村:
毎日「ワクワクしたい」方を、ぜひチームメンバーとして迎え入れたいですね!

そのためには、この3つが重要かなと思っています。
(1)まずやってみる、「即行動」する
(2)愚痴を言わない
(3)誰かのために頑張れる

(1)まずやってみる、「即行動」する
ほとんどの取組は「やったことない」未知の領域です。そのため石橋を叩いて渡ってもいいのですが、私は石橋を作りながら叩く間もなく渡ろうとしてる感覚です(笑)

何事もポジティブに、まずやってみる!失敗ですら「次こうしたら上手くいくよね」と思えるような人とはわくわくする日々を過ごせそうな気がします。

(2)愚痴を言わない
上手くいかないことは当然ありますし、そんなときにはもちろん弱音を吐いても良い。

ただ、愚痴となると解決やプラスの方向に働きにくいと思うんです。
「いや、でも、だって」と口にすればするほどネガティブになる気がします。少し大変だな、辛いなって思った時には、一緒に美味しいラーメン食べに行ってパッと切り替えたいですね。

(3)誰かのために頑張れる
もちろん自分自身のスキルアップは大事です。
ただ、自分自身が上手くいくだけではなく、他の誰かがやっても同じように上手くいく。
そんな組織や仕組みを作りたいと強く思っています。

喜びや悔しさを共感し、結果として誰かに貢献出来ていたら最高だな、って思います。

塩崎:
最後に、読者の方にメッセージをお願いします!

野村:
興味を持っていただいた方は、ぜひ一度面談できたらと思います。

皆さんの力が、日本を良くする大きな一手になります。
ぜひ、一緒に「全国、全ての中小企業を黒字にする」べく力強い経営支援ができたら嬉しいです。

株式会社ライトアップ's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more