1
/
5

「自分という人間に真剣に向き合ってくれた」2回の最終面接を経て、ウィルゲートへの入社を決意

国際基督教大学(ICU)卒業後、2018年新卒として株式会社ウィルゲートに入社。
現在、コンテンツマーケティング事業部 プロモーションユニット プロモーションチームでマーケターとして活躍している小笠原に、

・ウィルゲートへ入社するまでの経緯
・マーケティング業務の魅力
・仕事で心がけていること

などなど、仕事でやりがいを感じた瞬間や今後の目標についてインタビューした内容をお届けします!

「人」「組織」「成長環境」、就職活動で意識していた3つの軸

ーーウィルゲートに興味を持ったきっかけは何でしたか?

大学3年生の9月頃に友人に誘われて、初めて就活イベントに参加しました。その就活イベントにはいくつかの企業が参加していたのですが、その中のひとつにウィルゲートがありました。ウィルゲートという会社の存在をそのときに初めて知り、事業内容や経営理念などを調べる中でウィルゲートに徐々に興味を持ち始めました。

ーー就職活動の際に、企業を選ぶにあたってどんな軸がありましたか?

企業を選ぶ軸として、大きく分けて3つの軸を持っていました。

1つ目は「人」です。
それぞれの置かれている状況が違う中で、しっかりとお互いの意見に耳を傾けられる人が集まっているかどうかという点を重視していました。積極的なコミュニケーションをはかることで良い化学変化が生まれると思っていたので、面接や面談などを通して、その点はかなり意識して見ていました。

2つ目は「組織」です。
人生には多くのライフイベントがあると思いますが、その中でも仕事をずっと続けていきたいという気持ちがあります。仕事を続けやすい環境が制度としても整えられていて、かつそれが受け入れられる雰囲気がある組織であるかどうかを見ていました。女性の働きやすさという点はかなり重視していましたね。

3つ目は「成長環境」です。
20代のうちから色々と積極的にチャレンジさせてもらえる環境があるかどうかという点を見ていました。若いうちから裁量権を持って仕事ができる環境で働きたいと思っていましたね。

ーーウィルゲートへ入社を決めた理由は何でしたか?

就職活動を通してさまざまな企業を見ていく中で、ウィルゲートは就職活動の時に意識していた3つの軸にとてもマッチする会社だなと感じたので、選考を受けることを決めました。

ウィルゲートへの入社の決め手となったのは最終面接です。ウィルゲートの最終面接を受ける段階で就職活動を続けるかどうかについてまだ悩んでおり、頭の中がまだ整理されていない状態で最終面接の日を迎えました。当時、ウィルゲートとは別の大手企業の選考も最終局面まで進んでおり、どちらの会社に入社するのかを非常に悩んでいました。ウィルゲートの最終面接を受ける中で、私の中に迷いがあることを人事の方に見抜かれたのです。その時に、しっかりと自分に向き合ってくれて、たくさんの話を聞いてもらいました。その上で「もう一度、頭を整理してから2回目の最終面接を実施しましょう」と提案していただきました。こんなにも自身の価値観や意思決定に対して真摯に考え抜いてくれる会社はウィルゲートだけだったので、非常に嬉しかったことを覚えています。

1回目の最終面接が終わり、改めて自分がどういう会社でどういう風に働きたいのかということを自分なりに考えた結果、「ウィルゲートで働きたい」という気持ちが強くなりました。気持ちの整理がつき、2回目の最終面接に臨みました。2回目の面接の時は気持ちも固まっていて、晴れやかな気持ちで面接を受けることができました。2回目の最終面接は5分で終わりましたね(笑)

1回目の最終面接で自分という人間に真剣に向き合ってくれたのは私にとっても非常に大きかったですし、ウィルゲートへの入社の最終的な決め手になりました。

▼新卒研修でのスライド発表の一コマ

「お客様が気づいていない可能性に気付かせてあげられる」マーケティング業務の魅力とは

ーー入社してから今までどんな業務に携わってきましたか?

いわゆるマーケターとしてのキャリアをウィルゲートでは歩んできました。

入社してから2年間はライフメディアの運営に携わるライフメディアユニットに所属していました。ライフメディアユニットでは「暮らしニスタ」をはじめとするオウンドメディアのコンテンツマーケティングを担当していました。この部門では、企画のディレクションやSNS、広告運用など、オウンドメディアに関わる幅広い分野をたくさん経験させてもらいました。

3年目になるタイミングで、現在所属しているプロモーションユニットとの兼任が決まり、1年ほどは2部署を兼任する形で業務を行っていました。その後、プロモーションユニット専任のメンバーとなり、現在に至ります。

現在の業務内容はWebマーケター向けのオウンドメディアである「プロモニスタ」の運用と”Marketo”というMAツールを活用したtoBマーケティングを行っています。

ーー小笠原さんが考える、マーケティング業務の魅力を教えてください。

マーケティング業務の魅力は、お客様が自分でも気付いていない可能性に気付かせてあげられることだと思っています。

Web集客の改善に困っているお客様の中には、「SEOは難しくてわからない」と感じている方が多くいらっしゃいます。その他にも「専任のWeb担当者がいるものの中々うまくいかない」という悩みもお持ちのお客様もいます。悩みはそれぞれの会社によって異なりますが、そこに対してウィルゲートを活用した成功事例を紹介することで、「うちの会社でもできるかも」とか「ちょっとやってみようかな」という気持ちになってもらえることがあります。

自分達のコンテンツによってお客様を後押しできるという部分にやりがいを感じています。お客様とウィルゲートの架け橋を創ることはプロモーションユニットの大事な役割ですね。

「常に情熱と冷静の間でいる」自分らしさを失わず広い視野を持ち続けたい

ーー新卒入社してから苦労したことや、やりがいを感じる瞬間を教えてください!

お客様の課題の要因分析をすることが非常に苦手だったので、その点はとても苦労しました。目先の数字に囚われ過ぎてしまって、冷静に課題の要因分析ができなかったんです。今では起こっている課題を事実として捉え、何に着手すればその問題を解決できるかということを冷静に考えられるようになったと感じています。

また、自分が携わった仕事が営業など他部署メンバーの役に立った瞬間に大きなやりがいを感じます。社員同士でコミュニケーションをとる中で、現場のニーズを汲み取って新しくコンテンツを作ることもあります。連携の中で新しい成果に繋げられた時は、とても嬉しいですね。

ーーお仕事をする中で心がけていることや意識していることがあれば教えてください

昔から好きな言葉の中に「一流は自分から話しに行く」という言葉があります。

存在感は自分で出していくものですし、自ら積極的に発信していくことで自分を知ってもらうことを意識しています。まずは自分がオープンマインドになることで、周囲の人や状況を変化させていくことをいつも心がけています。

それと同時に、「常に情熱と冷静の間でいる」ということを意識しています。

より良い組織を作るために自分からアクションを起こすという”情熱”を持つことは重要ですが、その一方で常に周りを俯瞰し、事実を事実として捉えて”冷静”に判断する部分も持っておく必要があると考えています。”情熱”と”冷静”のバランスを保つことによって、組織のパフォーマンスを最適化させられるような動き方をしていきたいと考えています。

誰もが成長できる環境を目指して、自分自身がアクションを起こしつづけたい

ーーウィルゲートで働く上で、自身が成長できた点について教えてください

顧客やユーザーの立場になって考えられるようになったことが、自身が成長できた点です。その視点や、思考力はこの4年間でとても鍛えられたと考えています。

最近では消費者側が受け取る情報も多くなってきており、顧客・ユーザーが「本当に役立つ」と感じるものを相手の立場になって提供しないとサービスを選んでいただけない時代になってきています。

ウィルゲートでは「それって本当にお客さんのためになっているの?」「これってユーザーは本当に嬉しいの?」といった会話が繰り返されています。私自身も何かを考えるときには顧客視点を持つことを常に意識してきました。4年間、毎日の繰り返しの中で顧客視点で考える習慣が身についたのではないかと感じています。

誰もが生きやすく働きやすい社会を目指して、自分ができることをやっていきたい

ーー最後に、小笠原さんの『will』を教えてください!

人生を通しての『will』は「生き方・働き方を自由に軽やかに選択できる社会を作る」ことです。職業、国籍、ジェンダーなど、これからの社会は色んなことがボーダーレスになっていくと思います。

「こうあるべきだ」という凝り固まった思考はこれからの時代にそぐわないと考えていますし、今後は、自分らしく生きて働いていくということがより広がっていくと思っています。

そのような社会を実現するために、自分も小さいところから始めていければと考えています。「小笠原さんってなんか楽しく働いてるよね、私も楽しんでやってみようかな」と思ってくれる人がまわりに一人でも出てきてくれれば、少しでも社会に貢献できたと思えるのかなと感じています。自分が作り出す仕事やサービスでみんなを幸せにしていけたらいいなと思っています。壮大な目標ですが、自分ができるところから一歩ずつやっていきたいです。

仕事を通しての『will』は「誰かが辛い思いをしながら頑張らなくても成果が出る組織にコミットする」ということです。

日本には昔ながらの考え方として「苦労そのものが素晴らしい」という価値観が存在します。個人的にはやみくもに頑張ることで何とかなることは本当に少ないと思っていて、「根性」「気合」という言葉が昔からあまり得意ではありません。

私が出会ってきたビジネスパーソンの中で、尊敬できる人の共通点は、「フラット」「フレキシブル」「遊び心」といったものだと感じています。広い視野を持ち、課題に対する適切な打ち手を実施することで組織を良くすることができると思っています。自分自身もそのような人間でありたいですし、そういう組織を作る一員でいたいと強く思っています。

(取材・文・撮影/小町 編集/川口)

▼ウィルゲートが大切にしている価値観、事業、働く環境はこちら

▼他にもセールスやエンジニアなど積極的に採用中!

株式会社ウィルゲート's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings