1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

大手アパレルか大手人材で悩んで、ベンチャー広告代理店のウェブナルに決めた

「選択肢の多さが、必ずしもより良い決断に結びつくとは限らない」

ということを示唆する、心理学の有名な実験があるそうだ。

なんでも、6種類と24種類のジャムをそれぞれ販売した場合を比較すると、6種類の方が立ち止まった人の購入率が高かったのだとか。

あなたも、なんとなく心当たりがあるかもしれない。

選択肢が必要以上に多いと、脳が思考停止に陥ってしまい、そこから非合理な選択をしたり、はたまた決断を先延ばしにしてしまったり…

今回インタビューさせてもらった新卒の高野 将也(たかの まさや)さんも、獲得したそれぞれの内定先が魅力的すぎるゆえ、悩みに悩んだ人間の一人だった。

ジャムくらいなら、選んだのがマズければ来週は違うものを買えばいいし、今日もし決められなかったら、明日は家にあるバターでも塗ればいい話だ。

でも、就職はそんな訳にいかない。

将也さんの、就活時の葛藤から実際に入社を決めた今の心境に至るまで、根掘り葉掘り聞いてみた。

置き土産に部長へ向かって「俺のなにが分かるんすか!!」


「俺さ、ほんとは去年で卒業だったはずなのよ」

開口一番、カロリー高めな留年話。そう、本来なら将也さんは、もう一年早く社会へ飛び立つ予定だった。しかし、諸々あって単位不足。内定をもらっていた地元の総合商社には、事情を説明した。結局、大学へ通って授業に出る傍ら、“インターン”という形で内定先へも通い始めることに。

ただ、その会社がすこぶる面白くなかった。先輩も、つまらなさそうだった。その姿が数年後の自分だと思うと、気持ちは徐々に冷めていった。そんな矢先、自身の働く支店へ部長がやって来た。初対面の自分に向かって、厳しくいちゃもんをつけてくる部長。

帰り際、将也さんに向かって「まあ君からは、誰も商品を買わないと思うけど」と捨てゼリフ。その瞬間、将也さんの溜まっていた全てのうっぷんが解き放たれた。

「初対面のあんたに、俺のなにが分かるんすか!!」

気持ちを入れ直して就活再開


「ある意味、その商社で伝説を残したよね(笑)」

当時のことを笑いながら振り返る将也さん。結局、またイチから就活をやり直すことに。カレンダーはもう、7月に変わっていた。

就活を再開するにあたり、将也さんは改めて「3つの軸」を設定した。

① 自分の好きなこと軸
② 自分のやりたいこと軸
③ 予備

①の好きなこと軸は「アパレル」、②のやりたいこと軸は「採用」、そして③の予備は「一点突破で、すごくいい人に出会ったときとか」だった。

前年の経験を生かし、入念に「軸」を定めた将也さんは、次々と内定を獲得。①のアパレルは大手セレクトショップ、②の採用は大手人材会社、そして③の予備枠に『wevnal(ウェブナル)』がハマった。

当初は蚊帳の外だったwevnal


「俺の中では、完全にアパレルと人材しか選択肢になかったね」

面接した時の人が面白かったからという理由で、「予備枠」に残っていたwevnal。ただ将也さんの頭の中では、当初は実質「アパレルか人材」の二択だった。

結局、アパレルか人材なら、後者の魅力が勝った。アパレルと人材の仕事で得られるスキルを天秤にかけたとき、汎用性が高いのは人材の方だと判断した。

残った問題はwevnalだった。

「wevnalは、ある意味ここまで“人の素晴らしさ”で残ってた。だから最後の決断をする前に、もう一度wevnalの皆さんに会っとこうと思って」

オフィスへ行くと、自分の中でwevnalを「予備枠」へと導いた、激熱社員が迎えてくれた。かけられた言葉は

「どうした。お前、俺に背中を押してほしいのか?」

改めて会うと、やっぱりwevnalの人たちの熱さに惹かれた。

激熱社員と、常務と、そして社長が部屋にやってきた


「こっちはめちゃくちゃ悩んでる状態なのに、そんな感じで迎えてもらったら、『最後の一押しが欲しいです』って言わざるを得ないよね(笑)」

常務からは、その激熱社員さえもが感嘆する、全く嘘偽りのない

「俺がお前を絶対一人前にする」

という言葉。その時点でもう、ヤバかった。


(弊社wevnalの太陽神・常務)


そんな折、新たな刺客が会議室へと入ってくる。社長だった。

「おー!高野―!調子どう?」
「僕wevnalに入ります」

内定式を直前に控えた、9月も終わりの決断だった。

実は内定をもらった直後にも、社長から直々に長文のメールが届いていた。

「一会社の社長とか常務が、こんなクソガキの何を評価してくれてるんだろうと思って。そこまでされたら、賭けてみようってなるよ。もうね、最後は振り切り」

大手二社の内定をすっ飛ばし、大穴だったwevnalへ


そうした経緯を経て、滑り込みでwevnalへの入社を決断した将也さん。

今、実際にインターンとして働き始めて、なにか芽生えた思いなどはあったのだろうか。

「同期から辞める人を、一人も出したくないよね。この『人の面倒を見る』みたいなことが、仕事軸でやりたかった『採用』の領域と被ってくるっていうのもあるけど」

自分がインタビュー前に将也さんへ抱いていた「無愛想なクールガイ」という偏見と、実際に出てきた言葉の温かみとの間に、高低差ありすぎて耳がキーンとなった。

「キャリアアップとか、他にやりたいことが見つかったとかなら、また別よ?要は辛くなってとか、ウェブナルを嫌になって辞める人を出したくないなってこと。やっぱりさ、そういう別れが一番つらいじゃん」

インタビュー中にも、実際に同期同士の仲の良さが垣間見られた。同期である、アメリカ帰りの元コックさんが乱入(?)してきて、その場で将也さんと今晩の飲みアポを取り付けようとしていた。

普段からも、同期とは頻繁にご飯へ行き、そのまま夜通しテレアポリストを作ることもあるという。

「留年で同級生から1年遅れてる分、それを巻き返さなきゃって気持ちもあるんだよね。wevnalなら、それだけの濃密な時間を過ごせる、仲間と環境があると思う」

その鋭い視線の先には、規格外の野望が灯っていた。

株式会社wevnal's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more