This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

~「事業部」⇔「システム」相互理解研修~の巻

こんにちは!!ウェブクルー人事部の松田です。

先日、新たな取り組みとして、「事業部」⇔「システム」相互理解をより深めるために

まず、第一弾の取り組みとして、「システム」→「事業部」への研修を行いました。

研修の紹介の前にウェブクルーでは、下記の図のように組織の区分けをしています。


簡単に言うとエンジニアか非エンジニアかと考えて頂くと分かりやすいかと思います。

■研修の実施の背景と目的

当社は全て内製化しているため、1つのサイトを「新しく作る時」「改修する時」「トラブルが発生した時」など、企画開発デザイン運用分析保守まで全て社内で対応できる組織体制です。

そのため事業部とシステムが日々連携して仕事を進めているのですが、事業部って実は「エンジニアが日々何をしているのか?」、「こんなトラブルの時はどの職種の誰に相談するべきか?」、「自分たちが使っているサービスってどんな仕組みで動いているか?」など、業務上で関わるので、表面上は理解していても、詳しく分からなかったりするので、それを解消することによって更に円滑に業務を進められるようにしようというのが、研修実施の背景と目的になります。

※逆も同じで、システムって事業部のそれぞれの職種のことを詳しく理解できていないので、事業部→システムの研修も実施予定

講師は、開発G所属の新卒3年目O先生。受講後のアンケートでは説明が分かりやすかったと好評!


各回10名前後の参加頂きました。熱心に聞きながらPCでメモを取っています



■研修の受講感想

・システム関連の流れをなんとなくしか理解できてなかったので、大まかな流れを改めて把握することができた

・サーバー構成を知る事が出来た点や、問題が起きた際の影響範囲の特定に活かせそう

・普段聞くことができない話だったので、裏側がどういう仕組みになっているのかが聞けたので、

今後の業務に活かせそう

・今まで何となく、聞いたことあるな?や、何気なく使っている言葉を、図や言葉で説明があり、理解が深まった

・過去の事例を使って説明されたのが分かりやすかった

・図式化して、どの部分をどの部署が担当しているか詳しく理解することができた

・これを機会に、もってエンジニアとのコミュニケーションを増やしていきたい


■まとめ

全体的に研修に対して高評価でした。受講者の皆さんの感想から、事業部とシステムが協業し、円滑に仕事を進めるうえで、相手の仕事内容を把握するなどの相互理解はとても重要だと感じました。

引き続き事業部とシステムの相互理解をより深め、良いサイト作りを推進していければと思います。

株式会社ウェブクルー's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more