This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【社員紹介Vol.2:もっと社会をよくしたい!情熱ライダー】ウェブライダー東京オフィスで活躍するWebディレクター

こんにちは!
ウェブライダー広報の赤木です。

今回は、東京オフィスで活躍しているライダーをご紹介します。

ウェブライダーの本社は京都にありますが、最近では東京のお客さまも多くいらっしゃいます。
そこで、2018年10月に本格的に東京オフィスを新設しました!

東京オフィスは恵比寿にあるのですが、オフィスの中はまるで熱帯雨林のようです。

私も入社してから何度か東京オフィスへ行っているのですが、毎回このグリーンたちの存在感に圧倒されます・・・!
小さなマンドリルもいるので、東京オフィスへお越しの際は、ぜひ見てみてくださいね。

今回は、そんな東京オフィスで働く藤川さんにインタビュー!
藤川さんは、サイトのデザインからコーディングまで対応している頼れる存在です。

さっそくインタビューしていきましょう!

藤川さん(Webディレクター)

高知県出身。
アパレルの企画・生産管理を経験したのち、24歳の時にWebシステム開発会社に異業種転職。
出産を機にスタートアップ企業へ転職し、その後、2018年4月にウェブライダーへジョイン。
座右の銘は【何事も楽しんで!】。

1.よりよい社会をつくるために、情報をデザインしたい

赤木:ウェブライダーに入社する前は、どのようなお仕事をしていたのでしょうか。

藤川:私はアパレル業界とWeb業界を経験しています。

アパレル業界では、企画と生産管理の担当でした。
そして、Web業界では、Webサイトやアプリを作ったり、SNSの運用をしたり、アプリのPUSH配信を行いました。

また、子どもが生まれてからウェブライダーに入社するまでは、ママ向けサービスや保育士さん向けのWebメディアなどを運営するスタートアップ企業で、Webディレクションの仕事をしていました。

赤木:すごい!これまで、本当にいろいろな業務に携わってこられたんですね!

藤川:特に、スタートアップ企業では、新しい組織・事業を立ち上げていくところだったので、本当にさまざまな業務に関わらせていただきました。

少人数の組織だったので、一人ひとりに任される仕事の幅も広く、もっとこんな技術や知識があれば・・・と思うことがたくさんありました。

私の場合は、SNS配信を担当していたので、各SNSのアルゴリズムの知識やライティング力が必要になったり、サムネイル画像を作るためにグラフィックの技術が必要になったり。
チームメンバーが増えてくるとマネジメント力が必要になったり・・・と、どんどん身につけたい力が増えてきてしまって。(笑)

ただ、身につけたい力はたくさんありましたが、時間は有限なので、どのスキルを身につけるべきか、選ぶ必要があると思いました。

赤木:たしかに、すべてのスキルを同時に手に入れることはむずかしいですよね・・・。
藤川さんはどんな力を磨くことにしたのでしょうか。

藤川:自分はどの力を磨いていきたいのかを考えたとき、私が一番欲しかったのは「情報をわかりやすくデザインして届ける力」でした。

赤木:「情報をわかりやすくデザインして届ける力」・・・!
なぜ、その力を磨こうと考えたのでしょうか。

藤川:私は仕事を通して、社会をより良くしたいと考えています。

そのために、「こんな考え方(視点)があるんだ!」と多くの人々に気づきを与えるように情報をデザインしたいと考えたんです。

赤木:そうだったんですね!

社会をより良くしたいと考えるようになったきっかけは何だったのでしょうか?

藤川:一番のきっかけは、高校生の時に児童虐待のニュースを見たことです。
ちょうど、私が高校生くらいの時、児童虐待についてニュースが増えていたんですよね。

児童虐待のニュースを見たとき、強い衝撃をうけました。
「子どもがこんなにツラい思いをしているなんて信じられない。児童虐待がなくなるような社会にしたい」と思い、それ以来、仕事を通して社会を良くすることに貢献したいと思っています。

そして、私自身に子どもが生まれ、仕事でもママ・保育士さん向けのサービスを扱っていたので、公私ともに、子どもたちが笑顔で生きられる社会にするにはどうしたらよいのか、考えることが多くありました。

子どもたちが過ごしやすい社会をつくるために、まずは大人たちがいろいろな人の視点や考え方、正しい情報を知ることが大切だと思うようになり、「ひとりでも多くの人に情報を届ける力が欲しい」という思いが強くなりました。

赤木:そうだったんですね!

2.沈黙シリーズでウェブライダーと出会った


赤木:社会をよくするために「情報をわかりやすくデザインして届ける力を身につけるたい!」と考えた藤川さんですが、そのスキルを身につけるためにどんな行動をしたんですか?

藤川:まずは、「伝える」ことにフォーカスして、Webマーケティング系の本を探しました。

その時に、ウェブライダーの沈黙シリーズと出会い、「どんな会社なんだろう?」と興味をもったんです。

赤木:書籍『沈黙のWebライティング』『沈黙のWebマーケティング』をきっかけに、ウェブライダーと出会ったんですね。

藤川さんが読まれた本には、付箋がたくさんついていて、かなり読み込まれたんだなという跡が伺えます。


赤木:その後、どうしてウェブライダーに入社することになったのでしょうか?

藤川:「子どもが過ごしやすい社会をつくるために、1人でも多くの人に情報を届けたい」という思いが強くなってから、知り合いの方にキャリアプランについて相談したり、面談したりする機会をもらい、自分と向き合う時間を作りました。

そんな時に、多くの人に情報を伝える技術に強いウェブライダーの存在を思い出し、面談の機会をいただきました。

赤木:面談ではどんなお話しをしたのでしょうか。

藤川:代表の松尾に、私がやりたいことを素直に伝えました。

実は、面談をした当時は、今ほど自分の思いをしっかり言語化できていなかったんです。
その当時の私の気持ちは、とてもフワッとしたものでした。

「ライターになりたいわけでも、デザイナーになりたいわけでもない・・・文章やビジュアルという手法を用いて情報を伝えられる人になりたい・・・」というふんわりとした私の思いを、松尾さんがストンと受け止めてくれたことが入社の決め手になりました。

それまで、いろんな人に話を聞いてもらっていましたが、こんなにストンと受け止めてくださったのは、松尾さんが初めてでした。

赤木:そうだったんですね!
ウェブライダーに入社してみて、どうでしたか?

藤川:入社してすぐに、スタッフ全員の「考え抜く」姿勢に驚きました!

例えば、メール1通に対しても「この情報を伝えるにはどうしたらよいか」ということを考えて作成していて、「こんなに細かいところまで考えて文章を作っていたんだ・・・」とびっくりしてしまいました。

赤木:とてもわかります!

私も、複数人にフィードバックをもらいながらメール文面を作っているので、毎日いろいろな視点に気づかされます。

赤木:ところで、藤川さんは今、ウェブライダーでどんな仕事をしていますか?

藤川:現在は関連会社の新しいサイト「CHECK‐LIST(チェックリスト)」を作ったり、クライアントさまのコンテンツを作ったりしています!

携わった記事が少しでも上位表示して、多くの方に見ていただけると、すっごくうれしいですね。

赤木:最近リリースした「CHECK‐LIST(チェックリスト)」は、藤川さんも大きく関わっているサイトですよね!

自分が関わったサイトが多くの人に見てもらえるのは、本当にうれしいですね!

サイト制作や記事制作などのお仕事をするうえで、大切にしていることはありますか?

藤川:まだまだできてないことも多いですが、「期待を超えること」を大切にしています。

3.ウェブライダー東京オフィスあれこれ

赤木:以前の八丁堀オフィスから移転し、恵比寿オフィスが誕生したのは2018年10月ですが、新しいオフィスができるまでは、どのような働き方をしていたのでしょうか。

藤川:実は、私は以前の八丁堀のオフィスにあまり行ったことがないんです。
新しいオフィスができるまでは在宅でフルリモート勤務をしていました。

赤木:そうだったんですね!

在宅勤務からオフィス勤務に変わって、働き方に変化はありましたか?

藤川:オフィスは仕事に集中できる環境が整っているので、とても働きやすいです。
メリハリをつけて仕事ができています。

赤木:現在、東京オフィスに常駐しているウェブライダースタッフは藤川さんだけですが、京都オフィスのメンバーとの交流はどれくらいありますか?

藤川:東京オフィスと京都オフィスは、常にWebカメラで繋がっていて、チャットでのやりとりも盛んです!
場所は離れていますが、京都オフィスのメンバーとの距離は近く感じます。

毎月東京出張に来るメンバーがいるので、東京オフィスで直接顔を合わせる機会もありますし、ウェブライダーでは月に1回、社員全員が集まる全体会議が行われるので、全体会議の日は京都オフィスに出社しています。

京都メンバーと顔を合わせて話ができる機会があるのは、とてもうれしいです。

ただ、どうしても「今日寒いですね~」「さっきのお店のタイ料理、美味しかったですよ~」というような、ちょっとした雑談ができないのは寂しいです・・・。
東京メンバー待ってます!!!!

赤木:たしかに、ちょっとした出来事を共有できる人がいないのは寂しいですよね。

東京オフィスで勤務できる新メンバー、来てほしいです!!!

赤木:ちなみに、これからウェブライダーに入社したいと思っている方々にも、ライダーたちの性格を知ってほしいと思い、この社員インタビューでは、皆さんに動物占いを受けていただいています!

藤川さんの結果はなんでしたか?

>藤川さんがトライした動物占いはこちら

藤川:私は「感情的なライオン」でした。

「感情的なライオン」は礼儀正しく、気品ある雰囲気を持っているらしいですが・・・全く当たっていない気がします。(笑)

赤木:あらら・・・。(笑)

私は、藤川さんからやさしい雰囲気と同時に、仕事に対して強い意志を感じます。
感情的なライオンの性格のひとつに「正義感が強く、弱い人には自分を犠牲にしてでも助ける優しさがある」とありますが、これは当たっているかもしれませんね。

赤木:では、そろそろお時間ですね。

最後に社長に一言、よろしくお願いいたします。

藤川:常に爆速でインプットとアウトプットを繰り返されている松尾さんに、少しでも追いつけるよう頑張ります!

赤木:ありがとうございました!

4.編集後記

「社会をもっと良くしたい」という強い意志を持っている藤川さん!
私にとって、あこがれの先輩です。

ウェブライダーで働くライダーたちは、それぞれがいろいろな思いをもちながら、仕事に取り組んでいます。

さてさて、次回は誰にスポットが当たるのでしょうか?
お楽しみに!

P.S. 私が東京オフィスに行くときは、オフィスのすぐ近くにあるタピオカミルクティーのお店に行くことが密かなたのしみです。(笑)
恵比寿は美味しいお店がいっぱいあって、ごはんが大好きな私にとって天国のようです!

株式会社ウェブライダー's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more