1
/
5

『今まで培ってきた経験を活かして、未電化地域に明かりを灯す』WASSHAのソフトウェアエンジニア!【社員Profile07】

PROFILE 7:黒田悠人(くろだ ゆうと)

WASSHA所属Software Engineer
大学卒業後、山梨のSIerに入社。ビジネスソリューション部にて3年間、自社パッケージのカスタマイズや客先のシステム開発を担当。
2008年より東京のSIerにて、航空運輸業、金融保険業、製造業等のプロジェクトにおいて、サブリーダー、システムアーキテクト、ライブラリアンといった立場で上流工程から下流工程まで満遍なく従事。
2017年よりWASSHAに入社。WASSHAに関わるソフトウェア関連のすべてに従事。

【基本情報】

趣味:だらだら泳ぐ、なんとなく筋トレする、海外ドラマ・映画鑑賞・読書
自慢:猫かわいい
私の性格Best3:①めんどくさがり ②妙に細かい時がある ③めっちゃ人見知り
仕事をする時・または生活全般でのこだわり:
仕事でも私生活でも、めんどくさいなと思うことは大抵そのままにするともっとめんどくさいことになるので、そうなる前にさっさとやる。
仕事をする時は自分の好きな音楽を聴きながらやる。コード書く時とかは特に。集中し始めると何も聞こえなくなるほど深く潜るから、音楽聴いてても聴いてなくても最終的には同じだけど、音楽があるかないかで集中するまでの時間が段違い。なので音楽NGとか無理。
WASSHAの好きなValueと理由一言:
Jump Together
➡︎システムやAndroidアプリなど、想定する使われ方はあくまで想像であって、想像通りに使われる事の方が稀なので、自分の想像よりも使う人のフィードバックが最重要だと思っているから。もちろんシステム等の制約上、譲歩してもらわないといけない部分もあるけど、そういった部分を伝えるにしても、共に歩んでると相手が感じてくれているかどうかで難易度が段違いかなと。

WASSHAでの仕事内容を教えてください!

黒田さんは、WASSHAでどのようなお仕事をされていますか?

ソフトウェアエンジニアとして働いています!
具体的には、既存のシステムの機能追加、修正追加、問題調査などを行っています。
またビジネスサイドのチームからの要望を受けて新しくシステムを作ることもあります。


勤務地は?

日本勤務で、基本的には日本人とコミュニケーションを取って仕事していますが、
WASSHAがVision・Mission・Valueを定義し始めてからは、タンザニアのメンバーから問題提起されたり、
システム関連での提案や相談など直接やり取りする事も以前に比べて増えました!
「この機能はこうした方が使いやすくなると思う」といった声がタンザニアやウガンダからあがってくるのは嬉しいですね。
やはり私たちが使いやすいと思ったUI(ユーザーインターフェース)や機能でも実際に使っている人からするとそうではない事があるので。
様々な観点で挙がってくるリクエストなどが凄い勢いで飛び交っている訳ではないですが、リソースには限りがあるのでエンジニアチーム内で優先度を設けながら対応しています。

私は英語が苦手なのでGoogle翻訳を駆使してコミュニケーションを取っていますが、ニュアンスが伝わらない時などは英語が得意な日本メンバーに間に入ってもらってやり取りしてます。
他のメンバーに間に入ってもらう時は、伝言ゲームのようにならないよう気を付けてますね。
私が英語をきっちりできるようになれよって話ではあるんですが・・・。


ソフトウェアエンジニアチームの雰囲気は?

ソフトウェアエンジニアチームは、現在日本人4人のチームです。
コロナでリモートになっているので、最近はなかなか顔を合わせられていないのですが・・・。

4人のうち2人は、スクールを卒業して未経験での採用なので、成長途上ですがチーム内で互いにフォローしあいながら、日々切磋琢磨しています。

仲良くやってます!(笑)


ありがとうございます!
黒田さんにとって、WASSHAでのお仕事のやりがいは何でしょうか?

直接リクエストが上がってきたものに対して、それを改善すると、「効率上がった!」みたいなフィードバックが直接聞けることが嬉しいですね。
システムを実際に使っている人から直接フィードバックを聞けることは、そのフィードバックがポジティブであってもネガティブであっても、ありがたいですしやりがいになります。

WASSHAにジョインするまでのキャリア

子供〜中高時代はどんな人でしたか?

一人っ子なんですが、人見知りでしたね〜。今もですが!(笑)
友達がやっていることをやりたくなるタイプだったので、友達が習っていたスイミングを習っていました。今も泳げるときは泳ぎに行っています。

小学生の時はサッカー少年、中学・高校では水泳部でした。
高校では世界大会に行くような強豪校で、部員数も40-50人いました。
あとは本がとにかく好きで、授業中に小説を読んでめっちゃ怒られてました(笑)
寝てるか小説読んでるかでしたね。

本は今も好きで、前職の時なんかは本を買って1日1冊読んでいました。
お小遣い制なので毎日1冊ずつ読んでしまうととにかくお金がなくなって、ランチより小説って時もありました。(笑)


そんなに読書がお好きだったんですね!

はい、昔から活字が好きでしたね。
システムのエラー調査って目の前にある情報から要点を摘まみながら深掘りしていき、原因を特定して…といった流れが多かったりするのですが、要点摘まみながら、の部分が速読に近い感覚だなーって感じることがあって、もしかしたら読書好きって事が活きてるかもしれないですね!(笑)


大学では何を勉強されていたのですか?

山梨の大学で化学を勉強していました。
やりたいことが特に無かったので、卒業後は大学院に進むつもりでした。
だから就活もやってなかったのですが、ある日父が私に「仕事辞めるからね」って(笑)
じゃあ就職しないと生活できないなーと思い立って、卒業直前の2月頃に就活を始めて、山梨のシステム企業に入社しました。


なぜシステムエンジニアになろうと思ったのですか?

昔はパソコンを購入するよりも、自分で組み立てる方が安かったんです。
自分で組み立てていくうちに、「そもそもパソコンってどうやって動いてんだっけ?」ってところが気になり始めて、色々やってたって事があったんですが、「どんな仕事したいかな・・・」って自分で考えた時に、パソコン・・・動く・・・システムエンジニア?って思っちゃったんですよね。


入社後はどのようなお仕事を?

ソフトウェアエンジニアとして、パッケージをカスタマイズしていました。
元からあるシステムを、それぞれの会社が使いやすいように機能を削ったり加えたりして、変えていく仕事です。

当時、付き合っていた彼女(今は妻です)は埼玉にいたので、毎週金曜日の夜中に山梨から埼玉に車で行き、日曜日の夜にまた戻ってくるという週末でした。2年目からは静岡県の沼津に赴任になったので、沼津と埼玉を毎週往復していましたね(笑)

その会社で3年ほど働いて、転職しました。


2社目ではどのようなお仕事をされていましたか?

そこでもソフトウェアエンジニアとして9年間勤めました。
様々なプロジェクトにアサインされて都度違う場所に常駐してました。
でも、エンドユーザーが違うだけでプロパーはほぼ同じでした。

隙間で自社で仕事する事もありましたが、そのプロパーの、ある人が毎回バイネームで私を指名してくれてたので、その人と8年間一緒に働いてました。その人の事は今でも師匠だと勝手に思ってます。
自社で仕事したのはトータル1年かな(笑)
入社5年目が経った頃、師匠に「転職しようと思ってます」って相談をしたのですが、「どうしても一緒に成功させたいプロジェクトがあるから1年待ってほしい。」と言われて、そのプロジェクトまではお手伝いしようと。結局そのプロジェクトは3年かかったのですが(笑)

無事そのプロジェクトを完成させて、師匠に「転職します。」と相談じゃなくて宣言をしました。
そのときは、師匠も私の決断を全力で応援してくれました。そしてWASSHAへ!

黒田さんとWASSHA

黒田さんはなぜWASSHAにジョインされたのですか?

前職でオフショア開発をしていた時、設計は日本でやって、実際にプログラムを書くのは中国でした。
それで中国によく出張に行っていたのですが、高層ビルやオフィスビル、都会の町並みの中に廃墟のような建物が突然あったりするんですよね。雨降ったらびしょ濡れじゃん・・・まじで人住んでんの・・・?みたいな。まぁそういう場所に住んでる人いるんですけど。
中国くらい発展していても、私たちからすれば当たり前の生活を、当たり前には送れない人たちがいるということを感じました。そういった光景を目にしてから、そういう人たちの一助になれないかってずっと考えていたんです。

それで転職を考えている時に、タンザニアの未電化地域で電気を売る会社のソフトウェアエンジニアというのを見つけて、「あ、これじゃね!」と思ったんです。自分が今まで培ってきた経験を活かして、未電化地域に明かりを灯す。朧気に思い描いていた事が結実したと思いました。

また、前職では顧客との距離が遠く、フィードバックを直接受けられませんでした。
WASSHAでなら、一生懸命作ったものへのフィードバックが社内からもお客さんからも取れると思ったんです。

それでWASSHAに2017年に入社して、今年で4年目になります!


4年前と比べて今のWASSHAはどうですか?

Mission・Vision・Valueが浸透してきて、活発に動いているなと思います!


ありがとうございます!
黒田さんは、WASSHAでどんな人と働きたいですか?

「自分のやっていることにプライドを持っている人」ですかね!
また、自発的に動けるか、ということが大切だと思います!


最後にWASSHAをどんな会社にしたいか、
また黒田さんがWASSHAで実現したいことを教えてください!

日本企業ではありますが、日本が中心で動く必要はないと思っています。
他国のメンバーとシームレスにJump Togetherできる会社にできたら楽しいと思います!そのためにも気軽にディスカッションをするチームにしたいですね。
やっぱり現地のことは本人たちが一番わかっているので、その目線で仕事ができたらいいな。みんながハッピーに仕事できたらそれでいいと思います!

自分が実現したいこと…。うーん、こうなりたい!っていうのはないのですが、入社理由と同じで、これまで培ってきた知識や経験を使って、当たり前の生活を送れない人の生活を少しでも助けられたらいいなと思います。俺がこれ作ったんだぜ!みたいな悦に浸るつもりはないし、属人化したシステム作るつもりもないです。ただただ、システムを使うことでメンバーやユーザたちがハッピーになれればいいなって思ってます!

黒田さん、どうもありがとうございました!

WASSHAは、ソフトウェアエンジニアを募集中です!

https://wassha.com/job/lead-software-engineer/
https://wassha.com/job/web-designer/

ソフトウェアインターンも募集中!
https://wassha.com/job/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3/

WASSHA Inc.'s job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings