1
/
5

【社員インタビュー】社長秘書からWEBディレクターに。日々成長を続ける女性社員に密着取材!

WEB広告運用やEC販売、WEBコンサルティングなど多岐にわたり事業展開しているITベンチャー企業・W-ENDLESS(ウェンドレス)。

今回は未経験で入社し、ライター・ディレクターとして最前線でバリバリ活躍している女性スタッフ・田中さんにインタビューしました!

入社から現在まで、根掘り葉掘りお届けします。



■プロフィール
田中 藍子(Aiko Tanaka)
学生時代からの旅行好きが高じて、2014年新卒で旅行代理店に入社。個人営業と添乗業務を通じてコミュニケーションスキルを身につける。キャリアアップのために2017年レジャー業界へ転職。社長秘書を務めるも「自分には内向的な事務作業は向いていない」と気付いて退職し、友人の紹介で2019年6月にW-ENDLESSへライターとして入社。最近では外注ディレクション業務も担当している。


W-ENDLESSに入社しようと思ったきっかけは何ですか?

知人の紹介だったというのもありますが、面接してくださった方の感じが良くて「この人と一緒に仕事したいな」と思ったのが決め手でした。

未経験で入社したため、当時は右も左も分からない状態でしたが、誰にでもチャンスを与えてくれるのはウェンドレスならではだと思います。


毎日のルーティンワークを教えてください

私はライティングがメイン業務ですが、社外のライターさんへ記事の執筆依頼も行なっています。外注ライターさんからのメッセージの返信対応や、納品されてきた記事のチェックなどが朝の日課になっています。その日の外注業務をあらかた終わらせてから、自分のライティング業務に集中します。


仕事のやりがい、良かったことは何ですか?

自分のライティングした記事から大きな売り上げが立つとやっぱり嬉しいですね。あとは人から感謝されるとすごくモチベーションが上がります。ウェンドレスは互いの仕事に対する感謝の気持ちを、普段からちゃんと伝え合える風土のある会社だと思います。


仕事をしていて辛かったこと、乗り越えてきたことはありますか?

自分たちのやった仕事の成果が数字として見えてこない日が続くと辛いですね。でもそんな時でも誰も誰かを責めたりしないですし、立ち止まらずに皆で解決策を話し合って取り組んでいく、前向きな社風がウェンドレスの良いところだと思います。


仕事をする上で意識していること、大切にしていることは何ですか?

最近私が意識していることは、自分の気持ちに素直になって仕事をすることです。思うことや疑問があればすぐに上司や同僚に伝えて、自分ひとりで抱え込まないようにしています。どんな些細なことでも日々の意思疎通は仕事を円滑に進めていくには欠かせないと思います。積極的にコミュニケーションを取っていくことで学びや気付きの機会が増え、自身の成長にも繋がります。今後、皆から「いてくれてよかった」と思ってもらえるような存在でありたいと思っています。


一緒に仕事をするなら、どのような人と働きたいですか?

前向きに楽しく仕事ができる人なら誰でも大歓迎です!
共に成長していけるような人とぜひ一緒に働きたいです。

株式会社W-ENDLESS's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社W-ENDLESS
If this story triggered your interest, have a chat with the team?