1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

テクノロジーを“声”で届けるテックブログの新しいカタチとは?!

こんにちは。Voicyカンパニークリエイターの “はる” こと高森はるなです。

テックブログやTwitterなどで積極的に情報発信を行っているVoicyの開発メンバーですが、実は最近、新しく『声』を使った発信を始めたのでご紹介します!

\こちらの記事を声でも楽しむことができます/

「voi-chord(ボイコード)」って何?

2020年9月、ボイスメディアVoicyに新しいチャンネルが誕生しました。

その名もvoi-chord(ボイコード)

実はこのチャンネル、テックを愛するVoicy社員がテクノロジーやエンジニアリングを自由に語り合うための場所であり、声で配信する新たな情報発信ツールなのです!

Voicyバックエンドエンジニアのごろうさんが提案し、現在は自らがパーソナリティとしてチャンネルの運用を行っています。

(ごろう)実は僕、もともとVoicyのパーソナリティをやってみたかったんです。彼らと同じ視点を持つことで自社のサービスを多方面から見ることが出来るので今後の開発に活きると思いましたし、何よりパーソナリティさんたちが格好良くて自分もパーソナリティとして音声発信してみたいなーと憧れていました。笑

音声配信は他のツールに比べてコンテンツ作成の工数も少ないので、そこまで業務の負担にもならないだろうと考え思い切って提案したところ、皆その行動をとても賞賛してくれて、念願叶ってメインパーソナリティとして情報発信をしていくことになりました。

Voi-chordというチャンネルでは "テクノロジー” をテーマにVoicyの開発チームが中心となって、新プロダクトの開発の裏側や流行りのトレンドについて話しています。テックブログの音声ver.みたいなイメージですね。

放送では実際にVoicyのメンバーたちが話しているので、開発組織の雰囲気がすごく伝わってきてVoicyカルチャーを肌で感じることが出来るんです!
もちろんテクノロジーやエンジニアリングについての情報収集の場としても、かなりの有益コンテンツとなっているのではないでしょうか…!

(ごろう)チャンネル名は開発メンバーの皆にアイディアを募り、音声にまつわる単語である「Vocal Chord(声帯)」とエンジニアが書く「code(コード)」をかけて「voi-chord(ボイコード)」という名前にしました。
また別案の「Voicyテック部」も個人的にすごく気に入っていたので、それをパーソナリティ名に採用しています。

Voicyにはもともと「ボイトーーク」という名前の社内報がありタイトルコールにすごく聞き馴染みがあるので、語呂が似ている「voi-chord(ボイコード)」にもすぐに馴染めそうだと思っていたのですが、引っ張られすぎて2回目の放送では思わず「ボイトーーク」と言ってしまいましたね。笑
ただ、あえて録り直しはせずにそのまま放送しちゃってます。パーソナリティのありのままを伝えることが出来たり、親しみやすさやあったかさが届くのも音声配信の良いところです。笑

苦手だった発信も、楽しむことで継続に繋がった

テックブログやSNSに加え、新たにボイスメディアVoicy上で声の情報配信まで始めたVoicy開発チームですが、実はもともと情報発信が苦手だったのだそう。

(ごろう)Voicyには以前からテックブログやSNSがあったのですが運用はほとんど出来ておらず、開発チーム全体として「発信が出来ていない」という課題感をずっと持っていました。
もっと発信力を高められれば開発チームのブランディングや採用に大きな効果をもたらしてくれるということはわかっていたものの、それが出来ていないということにもどかしさを感じていましたね。

社内の開発技術や手法、エンジニア勉強会やテックミートアップなど発信したいことはたくさんありましたし、Voicyが出展した技術書を読んで入社してくれたメンバーもいたので、そういうことをもっと社外に届けたいと思っていたんです。

その後、積極的にエンジニア採用が動き出すタイミングでいよいよ発信力を強化しようということになり、チーム全体で情報発信に取り組んでいくことに。
直近では12月に、開発メンバーはもちろん他チームのメンバーも巻き込んでアドベントカレンダーを書いたりしました。

9月から始まったVoi-chordですが、その放送数はすでに13回!
チャンネルフォロワーも着々と数を伸ばしており、最近ついにVoicyの社員数を抜いたということで、少しずつですが興味をもってくださる方が増えてきているのを感じますね。

(ごろう)今は週に一度のペースで放送をしています。スマホに向かって話した音源をそのまま公開するだけなので他の媒体に比べて工数はかなり少ないのですが、毎週テーマを考えて収録するのは簡単ではなかったです。毎回リスナーが聴きたくなるようなコンテンツを届けてくれているパーソナリティさんって本当にすごいんだなと、改めて感じました。
それにやはり自分自身で使ってみることで開発にとても活きています。こういう所でアプリにペインを感じるんだ、というのを身をもって感じることができたので、積極的にフィードバックして開発に役立てています。

パーソナリティとしては、話し方や聴く姿勢、放送の構成などを意識しながらもっと良いチャンネルにしようと頑張っているところです。これまで自分の音声を聴く機会はほとんど無かったですが、改めて聴くと相槌の仕方や口癖、リップノイズなど気になる点が多く、そこを意識的に直そうとしています。
また録音環境や話す時間の長さ、ニーズのあるテーマなども考慮しながらPDCAを回しています。

とは言えネガティブな面にばかりとらわれてしまうと継続のハードルが上がってしまうため、自分もvoi-chordの1リスナーとしてメンバーたちの話を聴くというスタンスは崩さないようにしています。まずは“自分が楽しむ”ことがやっぱり一番大切ですよね。

情報配信だけでなく、未来の仲間にとってプラスとなる場に

開発チームの新たな情報発信ツールとして誕生したvoi-chord。

現時点では定期的に発信をすることを目標とし放送数を追っているとのことですが、今後はフォロワー数や視聴回数なども追いかけていきたいのだとか!

(ごろう)新しい試みではありますがアップデートを重ねながらコンテンツの質を高めていき、このチャンネルを通してエンジニアとしてVoicyに興味を持ってくれる人が増えると嬉しいなと思います。

また社外への情報発信はもちろんですが、これから仲間になる方にとってもプラスになるような場所をつくりたいです。入社前に開発環境を詳しく知ることが出来れば会社への理解が深まりますし、メンバーのパーソナリティがわかるとすぐに馴染むことができたりすると思うんですよね。

楽しみながら発信を継続していって、ゆくゆくは皆が聴いてくれるようなチャンネルを目指したいです。

ごろうさんを中心に様々なメンバーが参加してつくりあげているこのチャンネル、実際に収録に参加したエンジニアの満足度も高いようです!

データエンジニアやまげん僕は2回収録に参加しましたが、エンジニアのカルチャーやサービスの設計思想を気軽に発信できることを強みに感じています。ブログで書くと数時間単位でかかる工数が、放送時間だけで済む事が魅力的ですね!

飾らないで雑談するテンションで収録しているので、Voicyエンジニアチームの雰囲気が伝わっていると思います!本当に普段話しているままで収録しています。笑
エンジニアリングマネージャーみっきー私も2回収録に参加しました。当初はカンペを用意したりもしましたが、対談形式なので結局会話のキャッチボールする楽しさをリスナーに伝えるために大切なのは“その場のノリ”なのだと気が付きましたね。笑
またユーザーとして自社プロダクトを使うことで、細かい空調の音が拾われてしまったり、リモート収録の場合だとスピーカー越しの音声が聞きづらかったりなど新たな課題も見えてきて、改めて気が引き締まりました。

voi-chordには開発の舞台裏が聞けるという魅力があります。開発の苦労話や工夫したところ、技術者だからこそ共感できる話や一方で「こんなこともしてるんだ!」という気づきなど様々なことをリスナーに届けていけたら嬉しいです。

今後が楽しみなvoi-chordですが現時点でも魅力的なコンテンツがたくさんあるので、ごろうさんが特にオススメと言う放送を3つご紹介します!

第3回「先生、音って何ですか」

音声が大好きなVoicyメンバーと一緒に、音について深堀りしていきます!
音の波形の話からオススメのイヤホンの話まで。現時点で、voi-chordの中で最も聴かれている放送です。

第7回「Voicyを支えるシステムの変遷」

Voicyの共同創業者であるエンジニアの窪田さんが、創業時からこれまでのシステムの移り変わりについて話してくれた放送です。
スタートアップを支える一人目のエンジニアの話として聴きごたえがあり、すごく面白いです!

第9回「Appleシリコンって一体全体何がすごいの?」

テック界隈でかなり話題になったAppleシリコンについて、何故そこまで話題になったのか、一体何がすごいなどをエンジニアリングマネージャーのみっきーさんが解説してくれています!

音声に携わる会社だからこそ身近なプロダクトでの情報配信にチャレンジしたVoicyですが、音声業界がいますごく盛り上がってきているので音声配信が主流になる日も夢じゃないかも…?

voi-chordでは週に一度テクノロジーに関するコンテンツを発信しているので、Voicyの開発チームに興味を持ってくださった方は是非聴いてみてください!

Voicyに興味を持ってくださった方、ぜひぜひ話を聞きたいボタン、またはVoicyの採用サイトからご応募お待ちしております!

株式会社Voicy's job postings
22 Likes
22 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more