1
/
5

入社1年でチームリーダーに就任!目的思考で動くVENECTでの仕事とは?

2020年にVENECTへ入社し、わずか1年でチームリーダーに就任した伊達氏。
前職では、町工場でデザイナー、また広報担当として社内外の関係者と協業しながら成果を挙げてきました。
その経験をVENECTではどのように活かしているか、具体的な業務内容や入社してから身につけたスキルについて話を聞きました。

「リアル下町ロケット」と呼ばれた町工場で経験を積んだ6年間

私は、学生時代に学んだデザイン工学(ビジネス上の課題を解決するために、ユーザー視点で本質的な課題を導き出す方法)を活かしたいと思い、新卒で町工場に入社しました。

入社時は、デザイナーとして働いていましたが、働いているうちにデザインだけではなく会社を魅力的に発信していく方法を考えたいと思い、広報業務全般も担当するようになりました。仕事の幅は非常に広く、Webサイトのリニューアルや展示会対応、海外メディアの取材対応などを経験し、毎日が刺激的でした!
私の部署は1人しかいなかったので、他部署や社外の人たちに協力してもらいながら、プロジェクトを進めることが必要不可欠でしたので、成果を出すために周りの人をまとめ、プロジェクトを前に進めていく力が身につきましたね。

その後、VENECTに入社
業種業態問わず様々なマーケティング施策の提案・実行を行う

町工場で仕事をしているうちに、「商品を売る」また「ブランドのファンを創る」ためにはマーケティングやブランディングの知識をより深める必要があると感じ、転職を決めました。

現在はプロデューサーとして、家電メーカーやペットフードメーカー、アパレルブランド、SaaSサービスなど、様々なクライアントの支援を担当しています。私たちが支援する中で一番大事にしていることは、各クライアントの本質的な課題を導き出し、その課題に対して最適な提案から実行まで全体を管理する点です。
ですので、VENECTでは「これを提案しなければいけない」という決まりはありません。クライアントの課題が解決できるのであれば、手法を問わないという考え方が浸透しています。

具体的にどのような提案や実行の支援をしているかというと、全体を管理する上では欠かせない、三ヶ年計画やKPI設計、ターゲット設計、タッチポイント設計など企業がたどるべき道筋を整えるところから始まります。
そして道筋が整ってから、施策案を考えていくというフローですね。施策部分では、サイトリニューアルやメディア運用、リテール販売チャネルの拡大施策など多岐に渡る手法を駆使し、パートナーと協業しながら実行していきます。

入社して1年でリーダーに!
「目的」を意識して、チームをまとめている

昨年からは、チームリーダーに就任し、新規開拓チームをまとめています。リーダーとして、各メンバーの特性を見極め、案件のアサインや無理のない稼働を管理しています。年間計画を達成するための道筋を立てつつ、PDCAを細かくトラッキングすることで素早く軌道修正することができています!

私のチームが目的としていることは、クライアントから「またVENECTにお願いしたい!」と思ってもらい、継続的な支援をさせていただくことです。そのためには、社内メンバーやパートナー企業とシナジーを生みながら、目的を達成していくことを大事にしています。このスキルは、町工場時代に色々な人と協力しながら、プロジェクトを前に進めた経験がすごく活かされている気がします。

VENECTでは、皆でディスカッションする機会もとても多く、一人では考えつかなかったアイデアが出てきたり、方向性の擦り合わせを行うことができ、日々自身の成長を感じることができます。

VENECT での仕事を通して
「目的思考」「相手に物事を伝える」力が向上した

VENECTに入社して2年が経ち、自分でも実感できるほど身についたスキルが2つあります。
1つは、何事も「目的思考」で考えるスキルです。各タスク、メンバー同士のディスカッションなど、どんなに小さいことでも「なぜ今これをやるのか」「本当に必要なことか」を考える癖がつきました。
プロジェクトの全体を管理する立場ですので、自分の考えが目的から反れてしまうと、すべての方向性が台無しになってしまいます。そのため、常に立ち返ることを意識してきたことで、このスキルが身についたと思います。目的思考で動くことで、プロジェクトも円滑に進みやすく、成果につながることを実感しています。

2つ目は、「相手に物事を伝える」スキルです。VENECTでの仕事は、社内メンバーはもちろん、クライアントやパートナーに依頼、説明をする機会が非常に多いです。
その際に「どうしたら相手が理解しやすいか」を考え、必ず意図を説明するようになり、お互いの齟齬が発生することが少なくなりました。

この2つのスキルは、ビジネスを行う上で必要不可欠ですので、現状に満足せずさらに向上できるように意識していきたいです。

クライアントのビジネス成長のために何ができるのかを
一緒に考えることができる人と一緒に働きたい!

私たちが、何をするにも考えていることは「どうしたらクライアントのビジネス成長につながるのか」ということです。その答えを導き出すために、自らが考え、言語化し、実行に移すことができる人と一緒に働きたいですね!

考えているだけでは、成果にはつながらないので物事を前に進める力もVENECTでは必要となってきます。

あとは、「仕事の幅」を制限しない人ですかね。「私はこの領域しかやりません」といった完全分断制の考え方ではなく、自分の興味がある分野、挑戦したことがない分野に積極的に取り組める人は、間違いなく成長できると思います。社内もそのような人ばっかりです!

VENECTのいいところとしては、社員のバックグラウンドが皆バラバラで、得意領域もみんな違います。だからこそ、自分が挑戦したことのない領域で分からないことが多くても、周りの力を借りながら、経験することができるのはいい環境だと思っています。

ヴェネクト株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings