1
/
5

ステークホルダー全員の「叶えたいこと」のために!営業中心メンバーの思いとは?

こんにちは!株式会社VAZの採用担当です。

今回は株式会社VAZの営業部門である「株式会社KOLTECH」の中心メンバーとして活躍する「杉谷」さんに、これまでのキャリアや営業の進め方など、インフルエンサーマーケティングの先頭で活躍する働き方を伺いました。ぜひ最後までご一読ください!

―――まずは、杉谷さんのキャリアを教えてください。

元々好きなバンドのライブに行ったりしていて、エンタメ業界には興味がありました。大学では経営学を専攻していたのですが、授業でヒット映画の宣伝手法を学んだことがきっかけで、「エンタメ」を仕事にしたい気持ちが強くなったんですよね。

―――どんな授業だったんですか?

私が学生の時小説を原作とした「世界の中心で、愛をさけぶ」という映画が流行したのですが、業界の第一線で活躍していた教授の講義で、ヒットの生み出し方の事例としてこの映画について取り上げられたんです。映画のプロモーション期間中に、出演した女優さんを映画にとどまらずテレビ、ラジオ、雑誌、WEBなどに露出させて、そこで原作について話をさせたり、映画について宣伝したり、プラスで主題歌を担当させてそこでも話題を作ってメディアに更に露出させたりという、今は主流となっていますが、「クロスメディア」という手法について学んで、感銘を受けたというか…。

それ以外にも、マーケティング専攻だったこともあり、様々なサービスをどう働きかければ売れるだろう?と考えることをよくしていたので、元々何かを売る、ということには興味があり、自然とこの講義で元々好きだった「エンタメ」と仕事が結びつきました。

―――そんな原体験が…!

そうした思いもあって、新卒で大手芸能事務所の音楽部門に入社しました。配属後すぐに、11組ほどボーイズグループの宣伝をまとめて担当し、その宣伝のための部署立ち上げに関わることになりました。

―――どんなお仕事をされていたんですか?

基本的には担当していたアーティストのプロモーション活動、いわゆるアーティストプロモーターというお仕事ですね。地上波のテレビや雑誌、ラジオ、各WEB媒体等に出演できるように、テレビ局に毎日足を運んだりして開拓したり、新曲のプロモーションで取り上げてもらえるよう交渉したりして、メディア露出の側面から、アーティストの人気を上げる施策を実行し、オリコン1位、アリーナを埋めたり、10万人規模のライブツアーを成功させるまでに成長させることができました。さらに弟分のグループをアーティスト担当として任せてもらい、プロモーション戦略を立てたりもしていました。


―――すごい!そんな仕事から、どうやってVAZまで転職するに至ったのでしょう?

芸能事務所には3年間勤めていたのですが、働いていく中で「自分の市場価値を確かめたい」という気持ちがあり、転職活動を始めました。プロモーション活動は営業的側面もあったので、向いているんじゃないかと思ったこともあって、大手総合人材サービス会社に転職して企業向けの採用コンサルティングを担当したんですが…働いてみて、エンタメに携わる日々の楽しさに改めて気付いたんです。

―――別の角度から見たときに、改めてご自身の気持ちに気付いたんですね。

そうですね。採用コンサルティングの仕事では、企業の採用に関する課題を聞いて求人記事を作るようなものから、会社全体でどの部署で求人広告を出すのがベストかを分析する仕事もあり、やりがいはあったんですが…やはり芸能事務所時代の「自分の担当アーティストのスタートから大きな成長過程に立ち会える」感動が忘れられなくて。あとは個人がメディアになりかけていた時代で、一人一人の個性をもっと発信するために、元々事務所時代にもっとSNSを活用すべきだと思っていたので、それでもう一度、エンタメ業界に挑戦することにし、YouTuberプロダクションの大手として認識していたVAZに入社しました。

―――VAZへの入社を決めたきっかけはなんだったのでしょう?

芸能事務所時代に、タレント個人のSNSを活用した施策を十分にやりきれなかったという思いがあったので、エンタメとネットをうまく掛け合わせた仕事をしてみたい、と思っていました。その際に縁あってVAZで面接をすることになったのがきっかけですね。当時からVAZはYouTuberとしての活動だけでなく、テレビ・雑誌・イベント出演するタレントやモデルだったり、役者やアーティストとして活躍したいという、それぞれの夢を持った子が多くいると聞いて、「ネット発のスター」を作りたいと思い、入社を決めました。

―――VAZではどのようなキャリアを歩まれているんですか?

最初は自分の経験を活かしたいと思い、インフルエンサーのマネージャーとして入社しました。複数のインフルエンサーに合わせてプロモーションなど戦略を考え、担当タレントがMVや地上波に初めて出演したり、ファッション誌のレギュラーモデルに選ばれたりもしましたね。その後、コンサルティングも経験していたことから、現在の営業職に異動することになりました。これまでの経験が全て繋がっているような感じです(笑)

―――今は営業として活躍されていますが、営業でやりがいを感じるのはどんなところでしょう?

自社のタレントはもちろんですし、自分が個人的に好きなタレントをキャスティングするような案件が決まったときはすごく嬉しいですね。あとはやっぱり自分の提案した企画やPR手法が採用されたときかな!(笑)この仕事はタレントという無形商材を取り扱っていて、クリエイター・クライアントその他関係各所それぞれに「叶えたいこと」があります。そうした様々なステークホルダーの「叶えたいこと」をうまく企画に落とし込んだ結果として良いクリエイティブが生み出せ、購買に繋がるなどの成果が出て、クライアントから好評をいただいたり、クリエイターが希望していた案件を決められて喜んでもらえたときは「頑張ってよかったな」と思います。

―――そうした企画を決めるために、何かコツがあるんでしょうか…?

とにかくYouTube・SNSとエンタメ全方位詳しくなることですね!特にYouTubeタイアップやSNS活用したプロモーションは引き合いが強いので、YouTubeが好きなだけでも強いです。YouTubeが好きで日々動画を見ていると、何か企画について考える時に「このチャンネルの企画と広告主のサービスは親和性が高いな!」という発想力が身につきます。それと、当然クライアントへは、諸々目的に合わせて細かく分析した上で提案するようにしています。例えばタイトルを決める時にも「●●というワードが検索上位なので、このワードをタイトルや動画サムネイルに使うと関連動画に載る確率が上がる」とか、「費用対効果が良いから効率良く認知拡大施策ができる」というように、企業への提案は常に実施したいと思ってもらえる理由があることが重要かな。


―――営業、マネージャーと幅広く活躍されてきた杉谷さんですが、今のVAZはどんな印象をお持ちですか?

入社したときは若い組織で勢いがあったけど、個々のスキルや組織的な面で幼く安定していない弱点がある会社でした。そこから数年経って安定した仕事のできる「大人」がジョインしたことで、組織がどんどん成長しているのを感じています。すごく安心して働ける会社になりましたね。今いるKOLTECHもそれに伴ってどんどん仕事のご相談をいただけるようになったので、ぜひ新しい方に加わっていただき助けてほしいです!(笑)

―――「こんな人と働きたい!」「こんなところがうまくいくコツ!」などあれば、聞かせてもらえますか?

必須条件だと思うのは、「YouTubeとSNSが大好きな人」であることです。先ほどお話ししましたが、好きで毎日YouTubeとかTikTokの動画を見ているというだけでも、クライアントへ提案できる幅が最初から違いますから。

あとは「素直な人」であることだと思います!今VAZの営業部門であるKOLTECHが順調なのは、メンバー全員が同じ方向を向いていることと、みんなの素直さがあるからです。例えば今のメンバーだと、YouTubeが大好きでVAZに入りたい!という思いで入社してきた社員がいます。今は同じチームのメンバーなのですが、YouTubeが大好きなだけあって、常にトレンドも日々の生活で自然に追えているし、YouTubeの企画提案はもちろん最初から有利でした。また、先輩のアドバイスを受けながら膨大な仕事量をこなし、かつ他部署からのアドバイスであっても全部の意見を一旦素直に受け入れられることで、成長スピードが速く、人からも好かれ、入社1年目から月間MVPを獲得して表彰されたり、大型企画でタイアップ獲得するというような成長を遂げてくれました。こうした仲間の活躍を見て、素直さや、ポジティブさで相手とうまくコミュニケーションを取って信頼関係を構築できる、「人たらし力」は重要だなって感じましたね。

経験の話をすると、広告業界のクリエイターとかプランナー担当や、インフルエンサー業界、芸能業界の経験がある方は、働くイメージが沸きやすいかなと思います。個人的には広告運用部門も兼任しているので、デジタルマーケティング担当の経験がある方大歓迎です。そうした経験がなかったとしても、とにかくYouTubeとかTikTokなどが好きであれば全然OKです。今のKOLTECHメンバーと一緒に働いていれば、自然とインフルエンサーマーケティングのプロになれる!というくらい、環境には自信を持っています!

―――最後に、これから先の杉谷さんの目標を聞かせてください!

VAZを上場させること。あとVAZのタレントでバシバシTVCMやキャスティングなどを決めて営業の側面からVAZを更に盛り上げ、ネット発のタレントを沢山輩出したいです。そのために部署の体制をさらに強化して、さらに多くの優秀な方にジョインしてもらえる会社にしていきたいですね。営業のみならずスタッフの視座の高さは全社的に共通して高いと思います。会社の成長は、絶対に実現できます。

今会社全体で「ONE TEAM,ONE GOAL」というスローガンを掲げているので、新しい仲間も含め共に走っていきたいです!!…あとは、プライベートも今よりもっと充実させていきたいってことですかね(笑)

いかがでしたでしょうか?もしご興味持っていただけたら、ぜひお気軽に「話を聞きに行きたい」ボタンをクリックしてくださいね!

株式会社VAZ's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more