1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【21卒内々定者リレーインタビューVol.15】なりたい姿のために常に行動し続けた

井上将吾(いのうえしょうご)さん

福岡県飯塚市出身、東京都在住。明治大学政治経済学部に在籍。
博多などの中心地から電車で1時間ほどの場所で、授業中に鹿が出て授業が中止になってしまう田舎に住んでいた。そこから価値観などを広げるために上京。
趣味は服、筋トレ、バンド好き。2021年UTグルーブ新卒入社予定。

※インタビュアー 大森雅也(おおもりまさや)、青山学院大学法学部在籍。同じく2021年UTグループ新卒入社予定。

大森:井上さん、今日はよろしくお願いします!

井上:よろしくお願いします!



どんな大学生活でしたか?

大森:どんな大学生活を送っていたか聞かせてください。

井上:大学時代は価値観を広げるために、オーストラリアでの語学留学や海外旅行などに行き、充実した学生生活を送っていました。

語学留学では、英語が全然できない状態で行ったため、ホームステイ先の家族構成を理解するのに1週間かかりました。1週間たったころからは少しずつ聞き取れるようになり、会話も出来るようになりました。
海外旅行ではタイ、ベトナム、カンボジア、バリ島などに行きました。タイには一人で行き、少しハラハラした場面に遭遇しましたが、無事に帰国できたので、今ではいい思い出になりました。

他には、趣味の服のためにバイトをしこたま頑張り、生活費や娯楽費を切り詰めて買っていました。値段も10万円以上だったため、かなり切り詰めました(笑)



就活の始め方は?

井上:経営に興味を持っていたため、知り合いの経営者の方などにお話を伺い、経営に必要なことを聞いたところ、会社の数字に強くなった方が良いとアドバイスを受け、会計事務所のインターンシップに参加しました。
インターン先で学べたことも多く、成長もでき人も良かったため、就職を考えましたが、他の業界や企業を知るために就職活動を継続しました。

大森:再開した後に受けた業界などはありますか?

井上:経営に携わりたいという思いから、銀行や経営コンサルタントなどを受けることにしました。
しかし、受けていくうちに「経営している人には携われるが、実行などができない」というのが引っ掛かるようになりました。そこから、経営に携わることができること、若いうちから裁量権を与えられる環境などを軸に、ベンチャー企業や、大手でもベンチャー気質のあふれる会社を中心にまた就職活動を始めました。

大森:就職活動をしていきながら、本当に自分がやりたいことを考えて、決めていったという感じですね。そんな中で就職活動中にやってよかったことは何ですか?

井上:僕の学生生活はこれだ、と自信を持って言えることを持つことです。
僕の場合だと会計事務所のインターンです。自信を持って言えることがある事で、就職活動自体も自信を持って臨めると思います。他にもサークル活動などで集団行動などを学び、他人のことを考える力を身に付けることができました。



UTに決めた理由

井上:人々を支える仕事に興味を以前から持っており、UTグループの労働階層ピラミッドの下の方たちを支えているというところに共感して、まず説明会を受けました。

説明会では、「成長できる場はあるが、成長できるかは自分次第」と言われたことに好感を持ちました。ベンチャー企業や他の企業の幹部候補コースなどでは、成長できるの一点張りだったのですが、逆に本音で語ってくれるからこそ、入社意欲が高まりました。

面接では、自分のなりたい将来像などをお話しした際に、社員の方が面接の枠を超えたアドバイスをしてくださるなど、社員の方全体が人間としてできている方が多いと感じました。

自分の就活の軸である経営や事業に携われること、根底から支えるビジネスモデル、社員の方々の人の良さに惹かれたことが入社の決め手になりました。


将来どうなりたい?

大森:将来どうなりたいとかはありますか?

井上:20代で役職につき、若いうちから活躍できる人材になりたいと思っています。

大森:その理由は何ですか?

井上:40代や50代で役職につくよりも、若いうちから役職についてバリバリ働くことが自分の中の目標だからです。




大森よりインタビューを終えて...

人生計画などをしっかりと立て、そのために行動を行える素晴らしい人だと感じました。お話の内容は真面目でしたが、しっかりユーモアもあり会話が上手な方でした。
また、オンとオフのメリハリがしっかりしており、やるときは一生懸命頑張れるという印象を受けました。かっこいい自分になるための愚直な行動を行う姿勢は素晴らしく、現在は筋トレを行っているそうなので直接会う時が楽しみです。
自分も井上さんの姿勢を見習っていきたいと感じました。


インタビューをした大森さんの記事はこちらから


UTグループ株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more