This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「初対面であの一言は刺さった」代表・立川にそう言わしめた直球勝負の逆質問とは?金沢で新規開拓に挑むセールス・熊谷に迫る!

ユニークワンの本社は新潟にありますが、石川・富山・福井のみなさんにも会社のことを知ってもらいたい!というわけで今回は北陸支社の熊谷 遊(くまたに ゆう)さんをインタビュー!

ユニークワンにとって未開の地・金沢で躍進し続ける熊谷さんを通じて、北陸3県のみなさんにもユニークワンに興味を持っていただければ幸いです!

ぜひ最後までお読みください!

ダンスの強豪チームからのオファーを断り、地元・金沢で就職。小売業の店長や人材派遣業の支社長を経験。

はじめに、熊谷さんのキャリアについて教えてください。

学生時代はずっとダンス一筋。短大卒業時、東京の世界大会常連チームからオファーをもらっていたので、社会人になってもダンサーの活動メインで生活するつもりでした。でも母親からは「ダンスは短大までって約束だったでしょ?!」と、付き合ってた彼女(今の奥様)からは「私と結婚する気ないの!?」と猛反対されたんです。結果的に、地元で仕事とダンスを両立する道を選びました。新卒で携帯電話販売店へ、その後も教育業界、人材派遣業界などを経て今に至ります。

かなり営業職の経験が長いと聞いていますが、どんな仕事をしてきたんですか?

携帯電話販売店時代は新規開拓が中心でしたね。企業に飛び込み訪問して、たくさんご契約いただいてました。飛び込んでいくのは得意です(笑)。店長としてマネジメントする立場も経験しました。その後、人材業界へ転職し、人材が欲しい企業と、仕事を探している求職者のマッチングが主な業務でした。ユニークワン北陸支社の求人を知ったのも、僕自身が人材派遣業界で働いていて、会社でIndeedを扱っていたのがきっかけです。


(笑顔になると目が消えるから、カメラを向けられている間は笑わないよ、と言われました)


「あの時は俺が教えられた」と代表・立川に言わせた面接での一言

なぜユニークワンへ転職することに?

人材派遣会社で支社長として責任あるポジションも経験したんですが「企業や求職者の役に立つこと」よりも「利益重視で動くこと」を求められるようになってきたんです。その状況が腑に落ちず”本当に誰かの役に立つ仕事って何だろう”と考えていました。特に私は、地元・金沢が大好きなので「自分が育った地域に貢献したい、地元を活性化させたい」という気持ちが強かった。「地方のIT化をリードすることにより、都市部との情報格差を是正し、 地域社会の発展に大きく貢献する」というユニークワンのミッションを知って「これだ!」と思いました。

ユニークワンの面接はどんな感じでしたか。

”北陸支社のマネージャー候補”の募集だったこともあり、私の武器である「スタッフ育成力と定着率の高さ」をアピールしたんです。そしたら、当時(2018年夏)のユニークワンはスタッフの定着率が今ほど良くなかったみたいで、面接で立川さん(代表取締役)から「人材業界出身の人の意見をぜひ聞きたいんだけど、この会社でスタッフの定着率を上げるにはどうしたらいいと思う?」と質問されたんです。そこでハッキリ言ったんです、「本気で社員を育てようとしてます?」って。

すごい、直球の逆質問ですね!

私が面接を受けた当時は「入社時の研修プログラム」みたいなものが一切用意されていない状態だったんです。最初の研修があるだけでも定着率は変わるのになと思ったので、それをストレートに伝えただけです。立川さんにはこの発言が結構印象的だったみたいで、入社後に「面接で返ってきたあの一言は刺さった。俺が逆に教えられたよ」と言われましたね。


(本社とのWeb会議でも、ストレートな意見を発信してくれます)


トップが指示を出さなくても回る環境を作りたい

あれから約1年。入社時の研修も充実し、社員定着率も向上しましたね。

一方で、研修制度以外についても「こうすればもっと個々の能力が伸ばせるのに」と思う部分はあります。例えば、単に「注意する」だけじゃなくて「一旦いいところを褒めてから注意する」ほうが本人のモチベーションにも繋がりますよね。そういう細かい点も含めて、もっと社内の育成力を強化していきたいですね。それに、この会社はもっと大きくなれると確信しています。

「もっと大きくなれる」と言い切れるのはなぜですか?

新潟の皆さんの仕事ぶりを見ていて「よくここまで優秀な人が勢揃いしたな〜」と思うことが多々あります。仕事の進め方にしてもクライアントに対する姿勢にしても。これだけの人が揃ってるなら必ず「地方発のメガベンチャー」になれる。でも、そうなるためには立川さんが指示を出さなくていい環境を作る必要があります。立川さんには数ヶ月間、北陸支社の立ち上げをサポートしていただきましたが、立川さん不在で成立する事業が拡大すれば、ユニークワンは必ず大きくなれます。私もユニークワンをメガベンチャーにしたくて、北陸3県を駆け回ってます!


(金沢-富山、金沢-福井はそれぞれ1時間程度で行けるんで、余裕っす)


北陸支社は次のステージへ。2人目のセールスを募集

熊谷さん、新潟のスタッフともかなり打ち解けてますよね。

直接顔をあわせるのは月例MTGの時だけですが、たまにSlackで「熊谷さん元気?」みたいなメッセージをくれる人たちがいるので、ありがたいです(笑)。朝礼やMTGはWebカメラで参加できるし、最近は北陸3県のクライアントが増え、新潟のセールスチームやコンサルティングチームのメンバーが出張に来てくれることも多くなりました。今後もっと本社の人たちを北陸に呼べるように、頑張ります!

北陸支社では新しいメンバーを募集していますが、どんな方と仕事がしたいですか?

元気な人(即答)。マンツーマンでしっかり業務を教えますし「あのビル全部回って新規とってこい!」とかは絶対言わないので、安心して応募してください。どんな風に仕事をしたいか教えてもらえれば、私がその人に合わせて柔軟に業務内容を調整します。資料作成が得意な人なら、私が外回り中心に行きますし、逆に外回りが得意な人なら私がサポートに回ります。今から新メンバーの入社が楽しみです!元気な人、お待ちしてます!


(最後まで本当に笑顔を見せてくれませんでした)


熊谷さん、ありがとうございました。

ちなみに、今回の記事前半でちょっとだけダンスの話がありましたが熊谷さんはダンスの世界では超有名人なんです!

最後にそんな一面もちょっとだけお見せします!


かっこいい・・・!


今回のインタビューではニコニコした写真をほとんど撮らせてくれませんでしたが、普段はめっちゃ笑う人です。頼れるアニキ的存在として新潟の若手社員からも慕われています。(私藤原も「ダンスしてる写真を記事に載せたいんです」とお願いしたら、一緒に30分くらいかけて選んでくれました!)


そんな熊谷さんと二人三脚で「北陸地方のIT化を促進」していきませんか?

金沢のみなさん、ぜひお気軽にご応募ください!

株式会社ユニークワン's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more