This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「霞ヶ関ばたけ」にukkaの村瀬が登壇し、農業の二極化とOWNERSの取り組みについて発表しました。

「霞ヶ関ばたけ」で農業の二極化とOWNERSの取り組みについて発表しました。

2018年9月26日に開催された「霞ヶ関ばたけ」に、ukkaで生産者パートナーを担う村瀬が登壇しました。「霞ヶ関ばたけ」とは、霞が関で開催している食や農をテーマにした若手中心の勉強会で、今回はukkaのミッションでもある「100年後に続く食と農のあるべき形を考える」をテーマについて発表し、官公庁や新聞社、食の世界で活躍する方々と議論しました。

二極化する日本農業と、ukkaが目指す未来

株式会社ukkaでは、これからの未来の食について、⑴食料生産の全自動化と、⑵人の手によって育てられた高付加価値農業に大きく二極化していくという予想のもと、後者の世界を主幹事業である「OWNERS」を通して支えていきたいと考えています。

そして、生産者の経営安定化だけでなく、都会に住みながらも畑とつながることこそが、食卓の豊かさや生活の喜びとなる、食と農の持続的なモデル作りを目指しています。

OWNERSでも大人気の完熟イチジクも登場しました。

当日は、高付加価値農業の事例としてOWNERSでも強い人気を誇る「和歌山県の完熟イチジク」が登場。通常、イチジクは実が柔らかく輸送中に傷みやすいことから、未熟な状態で早もぎしてしまうことが一般的です。和歌山の生産者さんは、「本物の美味しさを伝えたい」という想いでギリギリまで樹上完熟させ、特別な資材で自宅直送する、という方法で届けています。

都市と地方の関係性を、追求し続ける

ukkaでは、オーナー制度プラットフォーム「OWNERS」を基盤とし、都会と地方が離れていても関係性によって繋がる経済と生活を、新たな仕組みで提案していきたいと考えています。

これからも挑戦し続けていきたいと思いますので、ご興味がある方はぜひお話を聞きにきてください。

株式会社ukka's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more