1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

演劇・バーの経営に夢中だった大学時代からエンジニアの世界へ -決断の理由と入社一年目の挑戦 -

 第一回目の社員インタビューでは、19年度新卒エンジニアとして活躍している船坂さんのお話をお届けします。「エンジニアになろうと思ったきっかけは?」「なぜウフルを選んだのか?」「未経験エンジニア1年目として、どんな仕事を任されているのか?」など、自由に話してもらいました!

大学時代の経歴を簡単に教えて下さい。

大学では建築を専攻しており、建築構造のゼミで「土壁の耐震性能」について研究していました。一方サークルでは演劇をやっていて、サークル外でも劇団に入って舞台に上がったり、演出も担当したりするほど演劇にのめり込んでいました。並行して友人と一緒にバーの立ち上げをし、経営と営業活動もしていました。

大学の学園祭で友人と経営していたバーが出展した時の写真です。


未経験からエンジニアになろうと思ったきっかけは?

当初は専攻を活かせる大手デベロッパーの選考を受けていましたが、内定を貰った後、「この会社でいいのか?」と思うようになりました。ネームバリューにばかり気を取られ、自分が働く姿を想像できなかったこと、社員さんと話してもあまりワクワクしなかったことが理由です。もう一度情報収集から就活を始め、自分が本当にやりたいことについて真剣に考えた時に辿りついたのがエンジニアでした。

僕は小さい頃から折り紙やレゴで遊ぶのが好きで「ものづくり」というものに興味があり、技術職への憧れがありました。加えて、新しいものが好き、未知の領域に飛び込んでみたいという好奇心も強かったのでエンジニアという仕事がぴったりだと感じました。

ウフルを選んだ理由を教えて下さい!

イベント制作系や他IT企業も検討していましたが、ウフルの働く環境と社員の「言葉の力」に惹かれて入社を決めました。

ウフルの優秀なエンジニアの方々には「顧客企業やエンドユーザーに喜んでもらえる最高品質のものを創りたい」という明確なビジョンと、それを実現するための熱量と仕組みがあり、この人たちと働いたら面白そうだな、と思ったことが最終的な決め手です。

入社して一年目の今、どのような仕事を任されていますか?

入社して4ヶ月はみっちり研修をしてもらい、配属された直後は先輩のプロジェクトに同行して業務を覚えていきました。現在は開発運用プロジェクトにアサインされており、既にリリースしているシステムに対する顧客企業からの改善要望に対して追加開発や改修をしています。
顧客企業の追加のシステム導入を経験ゼロの状態から一人で任された時は、右も左も分からないような状態からのスタートでしたが、やり遂げた後は非常に大きな達成感がありとても楽しかったです。

まだ新卒一年目ですが、顧客へのシステム改修の提案や、プロジェクトマネージャーのようなマネジメントの仕事も少しずつ任されるようになりました。今後はもっと技術力を磨いて、誰でもできるような仕事ではなく、自分にしかできない案件を増やしていきたいと思っています。


最後に、2021年度の就活生に一言お願いいたします。

ウフル、そして僕が所属するデジタルイノベーション事業部の良さは、自らやりたいと手を挙げれば新卒一年目から思い切って仕事を任せてくれる環境と、その挑戦を支えてくれる心強いチーム体制が整っていることです。また、事業部全体に、顧客企業やエンドユーザーに喜んでもらえる最高品質のものを創りたいという強い意志があります。

自分の手で何かを創り出したい。

一年目から様々なことに挑戦してスキルアップしたい。

このような方にとって、ウフルは自分が主人公になって活躍出来るとてもいい環境だと思います。

「エンジニアって具体的にどんな仕事をするの?」「ウフルは他のIT系企業とどう違うの?」「文系/未経験でもエンジニアになれるの?」など、興味を持って頂けたらぜひ説明会へお越しください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ウフルでは21年新卒採用を行っております。
※文系・未経験エンジニアも積極採用中です。

株式会社ウフル's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more