1
/
5

【ブルード恒例】達成を分かち合い“勝つ空気”をつくるカルチャー

こんにちは!
ブルード人事の酒井です。

「ブルードってどんなカルチャーですか?」

そう選考生から質問いただくことが多いです。

ご興味ある方に透明感高くブルードのことを知ってもらうために、
毎月行っている「月締め会」をご紹介していきます!


※お寿司、ピザ、コブサラダ、餃子、チヂミやキンパ、チキンなど「多様性」を大切にするブルードらしいメニューです😋!

【1】月締め会とは?

その名の通り、
前の1ヶ月を締め、次の1ヶ月の達成へと一体感を育む企画です!

社員同士で食べたい料理や好み、ドリンクの希望を話して買い揃えるまではよくある宴会と一緒です。
ブルードでは、ブルードらしさ溢れる月締め会のために具体的にこんなことを行っています!

  • 互いの1ヶ月の取り組みを承認し伝え合う!
  • BOM(Blued of the Month)を表彰する!
  • 次月に向けた決意を全員でシェアする!

など...

あくまで一部分ですが、すべて社員発信で行っています。
※BOMとは、ブルードのミッション・ビジョン・バリューを最も体現したメンバーに贈られる賞です!


社員のみならずインターン生も含めて行っていますが、やはり他部署や関わりが少ないメンバーからは活躍が見えづらいもの。
普段からオープンなコミュニケーションを取るカルチャーがブルードにはありますが、打ち明けづらい苦悩や挑戦する中での葛藤は、なかな言い出しづらいものです。

月締め会では、社員一人ひとりが本音を語らいながら、互いの見えづらい努力やチャレンジを労い、一体感を確かめる場になっています。

笑いも涙も、達成も逆境も、
属人ではなくすべてシェアするカルチャーを大切にしています!


※一人ひとりが今月チャレンジしたこと、次月にかける意気込みをシェア!

【2】月締め会をなぜやっているか?

社内イベントを行う会社は多いですが、
一方で形骸化したり「開催そのものが目的になっている」ケースも多いと聞きます。

私たちブルードでは、毎月 手を変え品を変え、飽きないように創意工夫しながら、明確な目的を持って月締め会を行っています。

それは『勝つ空気をつくること』です。

戦う前に勝つチームで在ること、
勝つ前に勝てる雰囲気を意図しています。

当然ながらビジネスでは、常に競争相手がおり、市場を取り合う環境の中で、お客様から選ばれ続ける必要があります。

社会から求められ続ける企業には、間違いなく強いカルチャーや組織風土があり、言い訳のしようがない徹底した準備をもって戦いに臨んでいます。

私たちブルードも他でもなく、本気で世界的なボーダレス企業を目指す集団です。
高い志がある以上、それに見合うカルチャーを醸成・維持し続ける必要があります。

5月はコロナ禍でも過去最高業績を達成し、SNSフォロワー総数も500,000名を突破と、大きく会社の進歩が見えた1ヶ月でしたが、油断することなく次月はより大きなチャレンジをしていきます。

その気運や士気を高めるピットインの場こそ、月締め会の意義です。


※5月度のBOM(Blued of the Month)のRyuくんとYunaちゃんです!社員投票で選出されるBOMは、社員一同ドラムロールからの発表でとっても盛り上がります!笑

【3】こんな方と働きたい!

2022年の留学事業は、インバウンド・アウトバウンドそれぞれ数十億規模へスケールするタイミングです。そして4年以内には、上場と100億円の売上規模を実現していく会社です。

そのために、一緒に世界を目指してくれるメンバーを全力で探しています!

新卒、キャリアは一切問いません。
今月の10月末までに、あと25名の仲間を迎え入れたいと思っています。

月締め会やブルードらしさ、カルチャーに少しでも興味を持っていただいた方!
ぜひご応募をお待ちしています!

個性豊かで、外国人や帰国子女などバラエティに富んだメンバーがお迎えします(^^)

※写真撮影時のみマスクを外しています。

株式会社ブルード's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more