1
/
5

【TRINIAS INTERVIEW】21卒入社の採用担当として、23卒採用に込める想いを語る。

こんにちは!トリニアス広報部の鈴木です。

今回は、2021年4月に新卒入社してまもなく1年となる人事部の西野さんにインタビューを行いました。現在行っている23卒採用に対する想いを中心に、新卒1年目から採用担当として働くやりがいなどを語っていただきました。

▼西野さんの内定者ブログはこちら▼

∟トリニアスに新卒入社してもうすぐ1年を迎えますが、これまでを振り返って感じる新卒採用担当のお仕事のやりがいは何ですか?

「新卒採用担当」という役割を任せていただいて、会社の成長に貢献できていると実感できるところがやりがいです!
未来のトリニアスを創っていく上で、新卒という人材は社内に新しい風を吹かせてくださる存在として非常に重要だと考えています。ピュアな視点で物事を考えて問題提示できることが新卒人材の強みですし、既存メンバーへの良い刺激になります。
現に、私の同期(21新卒)も事業の成長に本気で向き合っていて、新規のプロジェクトリーダーとして0→1に挑戦しているメンバーもいます。本当に良い刺激です!

現在は23卒採用をメイン業務として行っているのですが、目の前の学生がトリニアスにどんな影響を与えてくれるのか?という視点で向き合って考えることが、難しさでもあり楽しさでもあります!


ーー昨年の夏にはトリニアス初の試みとして、23卒向けの3daysサマーインターンを行い、企画から運営までを担当されていましたね。西野さん自身も0→1の挑戦をしていましたが振り返ってみていかがですか?

入社してすぐのタイミングで「サマーインターンの企画を任せたい」とお声がけいただきました。23卒の学生さんに実際に私たちが働いている会社へお越しいただいて、トリニアスならではのスピード感や活気ある雰囲気などの魅力をリアルに感じていただきたい!という想いから企画を行いました。

しかし、トリニアスで3日間に渡るインターン実施という前例がなかったので、最初は他社リサーチを徹底的に行って参考にさせていただいたり、手探り状態で企画を進めていきました。「就職活動や今後に繋がるような内容にするためには?」をひたすら考え、上司に何度も壁打ちをしましたね。 "トリニアスらしさ" を大事に、気付きや学びが提供できるインターンを考え、徐々にカタチにしていきました。

まだ社会人1年目の経験がない私にとって0から企画をすることはもちろん大変ではありましたが、参加してくださった学生さんには「とても勉強になった」と言っていただくことができ、やりがいに感じましたし、この成功体験で自信がつきました!
また、参加してくださった学生さんの中から、現在23卒採用の最終選考に進んでくださっている方がいらっしゃったりもして、企画をしてよかったと心から感じています!


∟お仕事をする上で気を付けていることは何ですか?

気を付けていることは3つあります!
まず1つ目は、楽しむこと。目の前の仕事を楽しみながらやることをモットーにしています。時に苦手な仕事に取り組まなければいけないこともありますが、その中でも楽しいポイントを見つけて前向きに取り組むことを意識しています。

2つ目は、当たり前のことを当たり前にすること。社会人になってベースとしてこれが一番重要だと日々実感しています。報連相、挨拶、返事、遅刻をしない、事前準備を怠らない、期日を守るなど。
ただ、社会人歴が長くなったりするとどうしても意識が低下してしまう部分でもあると思います。いくつになっても、役職が上がったとしても謙虚さを忘れずに当たり前のレベルが高い人で在りたいです。

3つ目は、1つ1つの仕事に "西野花音" という付加価値をつけること。ただ仕事をするのではなく、私がする意義って何なのか?どうして私が依頼されたのか?私だからできることって何なのか?という視点をもつようにしています。例えば、説明会でスピーカーをする際、学生さんと年齢が近い存在ということが私の強みなので、自ら積極的に話しかけたり、社会人1年目のリアルをお話することが西野花音という付加価値だと考えています。

∟現在行っている23卒採用に込める想いは何ですか?

トリニアスグループ全体としてのビジョンに
「プロフェッショナル集団を形成し、2025年に50憶、2030年100憶企業を目指す」
「事業部ではなく、事業会社へ」
「多数の経営者を創出し、100年先も持続する企業へと成長する」
を掲げています。
これらのビジョンに対し、一緒に成し遂げたい!一緒に創り上げたい!主力として参画していきたい!という真の共感のある学生さんを採用したいと考えています。

そのために、きれいごとばかりを並べるのではなく、トリニアスが抱えている課題や現状も正直ベースで伝えていく必要があると思います。日本国内に約400万社ある企業の中からトリニアスを選んでいただけることは本当に嬉しい反面、採用担当としてプレッシャーでもあるので、学生さんのためにもビジョン達成のためにも、トリニアスの魅力と課題の双方を知ってもらえるように伝えることを心がけています

選考フローの中で(1人の候補者につき)2回オンライン面談があるのですが、私は本音で会社のことを伝えていくので、学生さんにも本音で成し遂げたいことやなりたい姿を話していただきたいですし、本当に気になることを素直に質問してほしいと思っています。


ーーどんな学生さんに出会いたいですか?

新卒1年目という肩書きに甘んじることなく、主体的にアクションを起こせる人に出会いたいです!
新卒だから意見を言ってもどうせ通らないだろう…など、「新卒だから」を自分や周りに言い訳せずに、自分は会社を動かすいち社員なんだ!と自覚してどんどんアクションを起こせる人が良いですね。

また、トリニアスの社風として自由度の高さがあります。自由度が高い=自らアクションを起こさないと常に受け身になってしまいます。
この自由な環境を活用して、行動量増やして新しいチャレンジが積極的にできる人がトリニアスで成長・活躍できるはずです。自分の可能性を狭めることなく、新しい道を切り開いていってほしいですね!


∟最後に、西野さんが今掲げている目標・ビジョンを教えてください!

目標は、トリニアスの理念を誰よりも体現できる採用担当になることです!
新卒1年目で新卒採用担当をしている私にできることって、まさにこれだと思うんですよね。むしろこれ以外に無いと言ってもいいかもしれません(笑)

どういうことかと言うと、私は社会人歴が長いわけでもないですし、まだ部下ももったことはないです。そんな人に「キャリア形成で必要なことはこれだ!」「マネジメントで必要なことはこれだ!」と話されても、薄っぺらくて何の信憑性もないですよね。(もちろんいずれは伝えられるようになりたいです!)なので、今の私が最大限できることはトリニアスの理念を誰よりも体現すること。その上で「こんな人がいる会社で働きたい!」と共感してもらえたら嬉しいです!

学生に良いきっかけを与えられる採用担当になるために、社会人2年目も頑張っていきます!

株式会社トリニアス's job postings
29 Likes
29 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more