This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

<新卒海外勤務> 社員の1週間の過ごし方 | 生活編

『バイクがすごい』

それ以外にベトナムの印象を語れる日本人って案外少数派だったりすると思います。
ベトナムはハノイで働き始めて6ヶ月が経過した藤原が、
TNKトラベルJAPANに興味を持ってくれたあなたのために、
ベトナムの生活事情をインターネットでも、ハウツー本でもなく、
自分の実際の生活をおっぴろげにしてお伝えします。

今回は生活編です。仕事編はこちらからどうぞ。
参考にまでご覧ください。

※生活事情をおっぴろげにするほど恥ずかしいものはありません。
そんな藤原の気持ちを汲み取ってあげてください。笑

■藤原の生活事情

まずは僕の週間スケジュールを紹介します。
今週はこんな感じです。

ご覧のように超規則的な生活を送っております。
今の時期は週5勤務ですね、ローシーズンなので。
旅行業なのでハイシーズンは休みガクッと減りますが。

みていただいてわかるのがほぼ毎日外食です。
ではどんなご飯を食べているのかといえばこんなところで食べています。

見て通りベトナム人しかいないような屋台ですね。
想像に難くないとは思いますが、日本と比べると食費異常なくらい安いです。

ちなみに以下が私のバランスシート

新卒現地就職なので超がつくほどの低賃金ですがそれでも年間だと14万円くらいは余る計算ですね。
ちなみに円ドンレートは1円=200VNDで計算してます。
見にくいという方は別リンクへ飛んでください。

またまたちなみに、かなり余裕な生活をしてます。
週に2~3回は日本食とかステーキ・ハンバーガーを食べに行き、
月に2回のスパマッサージをするという現地人からすればかなりの豪遊ぶり。

それもそのはずですが現地の人の新卒平均月収はだいたい250ドルくらいと聞きます。
ちなみにですが、大学生のアルバイトは時給100円以下が普通だそうな。

ちなみに僕の給料はベトナム人の一般的な企業のマネージャークラスと
同じクラスと聞いたことがあります。
うちの会社の役員は僕の数倍の給料もらってます。

日本人からすれば低賃金でも視点を変えて、ベトナムで生活していることを
考えると割とちょっとした高給取りだったりするんですね。

まあこんな感じで日々生活しているので、特にお金に困ることはないです。
なんにせよ生活必需品は格安なので。
どんなもんかと言えばこんなもんです。

・Tシャツ 1枚250円〜
・ガソリン 原付エンプティからなみなみで250円
・ブンチャー 150円
・おにぎり 1個60円
・水 1本50円
・コーヒー 1杯100円
・美容院 1回250円〜
・ボディーソープ 1個50円〜

まあ安いですね。

ただ、お金に困ることはないですが、ベトナムのきてから知った色々衝撃的だったことがあります。
※割と全部しょうもないです。

藤原が衝撃を受けたベトナム事情

・アマゾンが使えない

これ個人的にはかなり衝撃的でしたね。
特に本が好きな僕にはかなりきついです。
日本にいた時はほとんど本はアマゾンから取り寄せていたので。
まあでもアマゾンで買い物ができないのはまだいいんですよ。
ただプライム会員の僕は密かにプライムビデオを見るのを楽しみにしていたのです。
しかし!それさえも使えない…
さすがに萎えました。笑

ちなみにですが今流行りのダゾーンも使えません。
更に言えば、問い合わせすらできないので、加入したままベトナムに来ると
退会できずにそのまま料金払い続けることになります。
電話はできてもちゃんと対応してくれません。
はい、くそダゾーンですね。
ご注意を。

・意外と交通事情に厳しい

僕もバイクに乗っているのですが、ノンヘルで運転すると普通に捕まります。
みんなノンヘルでしょ、とか思い普通に走ってると普通に捕まります。

無法地帯かと思っていると案外そうではないのが実情です。
まあ日本と同じように普通に運転してれば捕まらないんですけどね。
ちなみに罰金払えば解放してくれます。笑

・日本人=味の素

海外旅行好きの僕が学生時代に海外に行っていた時は、僕が日本人と伝えると大抵、
『カミカゼ〜!!!』とか『サムライ〜!!!』とか言われるんですけど、
ベトナムは一味違います。

『アジノモト〜!!!』ですね。
初めて聞いた時は不意すぎて爆笑しました。
日本人=味の素という不思議な国ですね。

ということで藤原が送るベトナムの生活事情は以上です。
TNKトラベルJAPANの入社を考えているあなたに見てほしい記事でした。


TNKトラベルJAPAN 社員の1週間の過ごし方 | 仕事編
こちらから。

お楽しみに。

藤原駿汰 22歳
愛知県名古屋市出身 名古屋商科大学経営学部を卒業後、TNKトラベルJAPANに入社。
大学時代はブラジル人学校の教育コンサルの事業を立ち上げるなど、
小学校時代から日本の教育に強い関心を抱く。
好きなことは地政学の勉強、家に帰れば地図と歴史書に向き合う日々を送っている勉強オタク。
現在は、新卒1年目ながらTNKトラベルJAPANの人事・マーケティング担当として働いている。
TNKトラベルJAPAN's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings