This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

ベトナムで働き、ベトナムで生きる。

今回のTNK&APTトラベル、社員インタビューはホーチミンスタッフの三好さん。

弊社きってのベトナム語しゃべれる系男子です。
そんなローカルの人たちとの距離感を大切にしている三好さんの心中を聞いてきました。

-- さっそくですが、どうして東南アジアで就職を?

僕がベトナムにきた理由は日本から抜け出し、新しい生活、経験をしたいと考えたからです。

大学生の頃、タイに一年間留学しました。
その生活は刺激的でたのしく、日々はあっという間に過ぎていきました。

タイ留学を終え日本に戻ると、就活の時期がやってきました。
タイで感じた刺激を忘れられず、海外で働きたいとは考えていたものの、どう働くかを悩んでいました。

でも本当の気持ちは自分でもわかってて…
「もっと東南アジアを知りたい!」というのが本当の気持ちだったんです。
その反面、特別なスキルもない自分が新卒で海外就職なんて無理だと思っていました。

そんな中、偶然出会ったのがTNKトラベルでした。
”やる気さえあればOK!”と言われた時は衝撃的でしたね。笑

望んでいた海外、しかも東南アジアのベンチャー企業。
平均年齢もかなり若く、それでも成長を続けているこの会社で自分も挑戦しようと決心し入社しました。
決断自体、全然簡単ではなかったですけどね。笑

-- 望んで来た東南アジア、日々の生活の中で特に楽しいことを教えてください

いま、ベトナムのホーチミンで1年半過ごしましたが、一番楽しいことはベトナム語を勉強し、生活の中でそれを実践することです。

数ある言語の中でも最も難しい言語の一つといわれるベトナム語。初めは時間がないことを言い訳に勉強を諦めていましたが、それではダメだと英語を使うことをやめ、できる限りベトナム語で生活するようにしています。いまではある程度相手が何をいいたいのかがわかってきました。

ベトナム人と仕事する上で、彼らとのコミュニケーションはとても重要です。プライドが高かったり、わがままな部分もありますが、こちらも自分の気持ちをさらけ出し、会話の時間をふやすことで信頼関係を構築できています。

-- 1年半でそこまではすごいですね。逆に、ベトナム人との関係で苦労することはなにかありますか?

そうですね、ベトナム語がわかっても、難しいのは日本人とベトナム人の文化や習慣のギャップです。
どんなに仲良くなっても互いの基本的な考えには相違があります。

それは片方が大した違いと思わなくとも、相手側がとても大きな違いと感じることもあります。日々コミュニケーションを取る上で、そういった誤解をいかに生まずに接するかを意識しています。

-- 海外就職を考えている人へメッセージをどうぞ!

「30歳までは好きなことをすればいい、30歳からは進路を決めて地に足をつけばいい」という好きな漫画の主人公の言葉を信じベトナムに来ました。

ベトナム最大の都市であるホーチミンですら、まだまだ発展途上なので不便なこともかなり多いです。 トイレットペーパーを水に流せなかったり、市場に行くと値段交渉しないといけなかったり、電車がなかったり…

しかし、そんな日本にはない不便さを感じながら、この国がどういう風に成長していくのか、5年後、10年後を考えると、とてもわくわくします。
日本の成長が頭打ちになっている中、ベトナムでは日々、経済や文化における成長を感じることができます。朝起きたら、いつの間にか新しい店ができているなんてこともあります。 こうした刺激的でワクワクできる日々は、日本では決して味わえないものだと思います。

知らない土地に飛び出し、未知のことを経験することは勇気がいるし、将来も不安です。でも、自分のワクワクという感情に、素直になってもいいんじゃないでしょうか?

海外支店ディレクター
物価の差ではない、本物の東南アジア旅を提供したい。
一生の経験を旅行を通して提供してます。 『旅行は一生もの』よくこの言葉を聞きますが、 旅行が最高の思い出になるのは、文化も習慣も違う、 全然知らない異国の人と交流するからだと強く信じています。 だから僕たちは、ベトナム中心の東南アジア文化の交流地点となる、現地の中心街に店舗を構え、旅行という最高の経験を提供しています。 その一方で、弊社代表の吉田が役員を務める、 TNK TRAVEL VIETNAMと蜜月の関係を持ち、 弊社と共に成長してきました。 そんなTNKグループも、今ではベトナム旅行会社として、 最も影響力のある会社の1つとして認識されるようなり、 旅行業・バス事業・ホテル事業・大型クルーズ船事業など、 観光業に関わるもの全てに、常に投資を続けております。 思いはただ、老若男女問わず、 全ての人に愛されるリーディングカンパニーになる。 そんなことを本気で目指しています。 日本の大手旅行会社とは違った、 血気盛んで、やる気と希望に満ち溢れたスタッフが集まる、 一大スタートアップの旅行会社です。 弊社の事業に関しては、以下をご覧ください。 ①旅行業(東南アジアのInbound)   ベトナムに4店舗、カンボジアに1店舗の  支店を構えております。  タイ、フィリピン、ミャンマーにパートナ企業  各地域に日本人常駐のオフィスを設け、日本が大好きな現地  のローカルスタッフと共に日本からお越しになる旅行者の  方々にツアーを提供、それだけにとどまらず、お節介に現地 の美味しいローカルフード、滞在の仕方を現地目線でお勧め しています。   今後も、インド、バングラディッシュ、マレーシア、ラオス   "アジア"に日本人常駐オフィスを拡大することを"約束"します。 ②旅行業(日本に対するOutbound)   日本の観光を盛り上げるため、ベトナム人の日本観光を促進しています。   まさにアジアを全て網羅した、旅行会社を目指しています。 ③その他観光業 ・バス事業  ベトナム国内で4位を獲得するまでに急成長  TRINH GIA TRANSPORTATION:http://xetrinhgia.com/ ・ホテル事業  ホーチミンで4つのホテルを所有・経営  Beautiful Saigon Hotel:http://beautifulsaigonhotel.com/ ・バイク事業  観光用のレンタルモーターバイク事業を展開  my rides.vn:http://myrides.vn/ ・大型クルーズ  最高級の宿泊ハロン湾クルーズ船を2つ共同出資  Signature Halong Cruise:https://signaturehalongcruise.com/en/  ERA CRUISE:http://eracruises.com/en/ ④その他  クールジャパンプロダクトを中心とする貿易事業、  ベトナム進出を支援する進出コンサル業、  ベトナム人の技能実習生を支援する人材派遣業、  スタディーツアーを通して成長を促す教育業など、  できること全てに手を出しています。 ⑤NEXT!?!?!? これからも、利用者、そしてスタッフが『一生の経験』をできるよう、 様々なことを仕掛けていく予定です。
TNKトラベルJAPAN
TNKトラベルJAPAN's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings