This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

入社3か月、海外就職してみた18卒のリアルな本音

意識の高そうな社員が増えてきているTNKトラベルJAPAN、スタッフインタビュー第2弾。

2018年4月に入社のフレッシュ社員中山くんにお話を聞いてきました。
野生児らしからぬキャラクターを持つ彼も、まさに意識高い系。
今の時代の若者の素直な意見を聞くことができました。

-- 18新卒で入社ですが、どうしてこのタイミングでベトナムでの就職を選んだのですか?

はい、元々は訪日される中国人観光客向けの企業に入社したかったんです。それで日本で就職先を探してみたのですが、結局行きたかった企業から内定をいただけなかったんですよね。

落ち込んでいてもしょうがないので、色んな企業を見る中で「もっと違う国について知ることで、できたら現地で働くことで新しい視点がもてるかも」と思い至り、その時たまたま見つけたのがTNKだったんです。

なぜこのタイミングかですが、一度日本で就職してしまったら、もう海外に出るチャンスもないかなと思ったからですね。チャンスというか、僕の性格的なことも考えて。居心地のいい場所を見つけると動かなくなってしまうので。

あとは人事担当との面接が非常に印象深くてですね。この人のいる会社で働いている自分がぱっと想像できたのも大きいですね。

-- そんな面白い人事がいるベトナムの企業に就職してみて、今のところいかがでしょうか?

まずですね、その人事の方と違う支店に配属になってしまったので、まだ一緒に働けてないんですよ。笑
でも思い描いた以上の自由さ、裁量の多さでしたね。

ベトナムだからというわけではなく、TNKという会社はいい意味で超ブラックという印象です。笑
僕まだ業務の方に携わらせていただいて、数ヶ月しかたってないんですが、研修なんてものは当然なく、入社1週間しないうちから、ご来店されたお客様の接客や、ハノイ市街でのフリーマップ配布、現地ホテル等のB2B営業を中心にやらせて頂いています。(勝手に)

社員数が多くないため一人の業務量は半端なく多いですが、その分様々な業務を体験できるので、日々業務から得れる経験値は非常に大きいと感じてます!

-- 海外就職を考えている就活生にメッセージをお願いします。

凄いシンプルなメッセージですが、飛び込んでみれば、意外と人間環境に適応できる。なのでとりあえず、飛び込んでみましょう! 最初は皆初心者です。踏み出す勇気があれば、大抵のことは正直乗り越えることができます。

もちろん辛いこともありますし、やりきれないときも沢山あります。 でもそのぶんだけ、限界を乗り越えたときや、異国の地で出会う人の優しさにふれたときに感じる、言葉に言い表せないほどの、ポジティブな感情というのは海外就職をしないと得ることができないものだなと常々思います。

世界は思った以上に僕たちに優しいです。とりあえず海外就職を迷ってる方、自分自身と、まだ見ぬ可能性を信じて飛び込みましょう。

TNKトラベルJAPAN's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings