1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「納得してもらえる投稿を考案したい!」ディレクターとして活躍する大学2年生を徹底取材!

部署所属インターン生にインタビュー企画第3弾!

今回は、SNSマーケティング部のディレクター業務を担っている、慶應義塾大学2年のよしみんにインタビューしてきました。

・ディレクター業務の仕事内容
・なぜディレクター業務を選んだのか
・出社してからの流れ

などをインタビューしてきましたよ!

【よしみんの記事はこちら】


ーーーまず、部署紹介をお願いします!

ディレクターは、営業の方がとってきた案件を実際に実行する部署です。具体的には、クライアントの公式アカウントの投稿案作成や投稿後のレポート作成と分析、SNSで行われるキャンペーンの管理など、業務内容は多岐にわたります。

ーーーなぜディレクターをやろうと思ったのですか?

「公式アカウントの中身をただの大学生の自分が考えられるなんてすごい」「私もやってみたい!」と思ったからです。あとは個人的にパソコン作業ができるようになりたいという思いもありました。

ーーー出社してから1日の流れは?

出社したら、ルーティーンワークとして、企業の公式アカウントにログインしてポジティブな投稿にいいねをするという業務を行います。

その後は、社員さんに都度、任された業務を行います。月初めはその前の月のレポートの作成、20日前後までに翌月の投稿案提出など、ある程度決まっている部分もありますが様々な業務をいただいています。

いつもお昼は社員さんみんなで食べに行くのですが、それも楽しみの1つです…!


▼ディレクターの社員とインターンで開催したディレクターランチ会の様子


ーーー業務を遂行する上で見えてきた課題はありますか?

毎月継続的に投稿案を考えることの難しさです。投稿案を提出する際に「これはどうしてこの言葉をチョイスしたの?」と必ず聞かれるので、社員さんを納得させられるようにしっかり自分で説明できなければならず、それが一番大変ですね。理由によっては納得してもらえないこともあるので…。

あとは、皆さんもあるかもしれませんが、一度集中力が途切れるとなかなか作業が進まなくなることですね…!笑

ーーー課題に対してどう解決しましたか?

投稿案を継続して考える際に、1度学んだ考え方を他の案件にも生かすことです!
いろいろな企業の案件に携わらせてもらっているので、「こっちでできたならあれにも使える!」というように横展開することを覚えました。

コスメ系のアカウントの案件をいくつか任せていただいたときは、コスメ系の情報に詳しくなっていたので、それぞれに活用できました!

一度集中力が途切れるとなかなか作業が進まなくなる課題に関しては、違う仕事を気分転換にやってみると頭がリセットされます。

ーーー仕事を通して何が成長できましたか?

何が求められているかを考えて仕事ができるようになりました。それぞれのアカウントに雰囲気や世界観があるので、それを壊さないように魅力的な案を出す力が、少しずつついてきた気がします。

ーーー今後の展望は?

ディレクターとしてはもっとクオリティの高い仕事をすることです。自分が考えた投稿案が納得してもらえずNGと言われてしまったり、そもそも自分が考えなければならない投稿案の方向性や求められているものの認識がずれていたり、作業のスピードが遅い等、まだまだ課題だらけなので、もっと貢献できるように頑張ります。

3月からは絶対向いていないと思っていた営業も志望したので、ディレクターの経験も踏まえた上で頑張ってみたいと思います…!

【編集後記】

いかがでしたか?
投稿案を考える仕事1つとっても、「人を納得させるロジック」がないといけません。
よしみんはディレクター業務を通して、相手の求めているものをしっかりくみ取り、人を納得させるロジックを学んで実践しているようです。

人を納得させられるようなロジックをもって仕事ができるようになりたい方、テテマーチでインターンしてみませんか?


春休みからの長期インターン!
やりたいことは決まっていないけど、人と違うことがしたいインターン生募集!
テテマーチ株式会社は、未知なる価値の創出と追求により今の”できない”を”できる”に変えることをミッションとしている企業です。 創業時より、身近なマーケットにおいて本質的な価値のある様々なWEBサービスを提供するというコンセプトのもと、SNS領域に注目。その領域において、オウンドメディアの運営やアカウントのコンサルティング、分析ツール開発等、さまざまなサービスをもって企業のSNS活用を支援してまいりました。 今後も、企業のソーシャルマーケティングを一気通貫してサポートすべく、プロダクトやサービスの開発に注力しています。
テテマーチ株式会社
テテマーチ株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more