1
/
5

広告営業を経て、未経験で念願の人事部へ

こんにちは!広報の畑澤です。
今回は2021年9月中旬から入社されて、主にリクルーター業務をされている石川紗帆さんにインタビューしました!


<プロフィール>
石川紗帆(いしかわさほ)
大学卒業後新卒で人材サービスの会社へ入社。北海道でのアルバイト広告営業に1年半従事後、ベンチャーのAIベンダーへ転職し総務を経験。
その後、採用を中心として広い領域でチャレンジしたいという想いからTENTIALへの入社を決意。未経験で人事を担当しています。スポーツは小学2年生から高校2年生まで10年間空手に打ち込んできました。


ーーさほさん本日はよろしくお願いします!キャリア中心にお話を聞かせてください!新卒の会社はかなり精神的にもやられていたとか、、
そうですね(笑)。大学卒業後、新卒で人材サービスの会社に入社してアルバイト広告の営業をしてました。

過酷な状況で体調不良になってしまったんです。鬱一歩手前までいきましたが、おかげ様で相当メンタルが鍛えられたので、得られたこともたくさんあるなと!たぶんいま悪口言われても「ありがとう」って言えますよ(笑)。


ーーそんなに、、原因は何だったんですか?
仕事内容がそもそも私の性格に合ってなかったと思います。自分がいいと思ってないものを人に売るのが苦手なので、全然納得できないまま「とにかく今日100件テレマして。50件飛び込み営業。」みたいな新規営業を繰り返していました。
めっちゃ暑い夏の日も、冬の寒い日も。当時転勤してて北海道にいたんですけど、北海道の雪って普通の道が本当にゲレンデみたいなんですよ(笑)
ゲレンデの中をブーツ履いてひたすら歩いて営業してました。大体1日15,000から20,000歩ぐらい歩いていたかな当時。


ーー心から納得できないと行動に移すのが苦痛ですよね。
そこが課題でした。心から納得してないことなので行動に移せない。意味づけも自分の中で何度も考えてもできなくて。入社してすぐ性格的にこの業務に向いていないことに気が付きました。

ここからは人間関係の話になるんですけど 「何で行動に移せないのか分かんない」と言われたり、挙句の果てには生い立ちまで否定されたりもしましたね(笑)。


ーーそうなんですね。どう乗り越えてきたのかが気になります。
一時期は乗り越えられなくてやさぐれていた時期もありました(笑)。
ただ、長くなるので割愛しますが、試行錯誤の結果はちょっとずつ出始めて、予算達成もできて(売上全国2位まで行ったこともある)きたタイミングで東京に戻ってこれたんですよね。しかし、仕事はこれまでと同じ、アルバイト広告の営業。

もともと求職者の声に沿って仕事したいと思っていたので、東京に戻ったタイミングでキャリアコンサルタントへの異動を部長レイヤーの方に打診したんですが、北海道から東京に戻った時点で部署異動とみなされてしまったんです。あと2年ぐらいキャリアチャレンジできないと言われて。この忍耐している間にできることがあるなと思って、その時に転職しようと決意しました。


ーー転職後はどんなことを主にやっていたのですか?
2社目はベンチャーのAIベンダーに入社しました。
フロント営業疲れちゃったので(笑)、その経験を活かして最初営業事務として入って1年、1年経つちょっと前ぐらいから総務へ異動になって2年ぐらい。結局は総務歴が1番長かったです。
取締役会や株主総会も少しだけ経験したのですが、社内の人事関係で担当から外され、最後の方は誰でもできるような事務作業ばかりでした。

もともと「人」に関連する仕事をしてみたいと思っていたので、総務以外にも人事兼務でやらせてほしいと言っていたのですが取り合ってもらえず。このままだとスキル向上もなければキャリアプランも描けない。だんだん不安を覚え始め、2回目の転職活動を始めました。


ーー結局はキャリアコンサルタントは経験できなかったんですね。TENTIALに興味をもったのはどんなきっかけでしたか?
エージェントさんの紹介がきっかけでした。前職にいる間にすごく自分の能力が衰えていることは感じてたんですよ。「私市場価値全然ないなみたいな。誰でもできる仕事をしているただの事務員。」という不安がありました。
本当は人事やりたかったんですけど、この年で未経験で採用してくれるところもないなと思い、一旦そのまま総務で探していたんですよ。もっと幅広く、労務も経理もできる総務みたいなところ中心に。
そしたら未経験で人事ができるTENTIALの求人紹介してもらって、飛びついて「やらせてください!」という感じでしたね。


ーーなるほど。たしかにTENTIALでなら幅広く挑戦できます!人事もできる総務。総務という部署はあまり作りたくないとCFOの酒井さんも言ってたんですけど、、
そう!それは本当に賛成ですね。誰でもできるから、領域決めずにみんなが責任を持って行ったらできる仕事なんですよ。だから会社に総務はいらないと私も思ってます。



ーーようやくやりたかった人材のお仕事ですね!
人は企業にとって絶対な存在ですし、人なしでは企業運営なんて絶対無理じゃないですか。そう思っていたのがきっかけで、人にとっても企業にとっても win-win になるような仕事に就きたいと思って1社目に入社したのもあって。


ーーなるほど、そこに戻るんですね。
私の思考としては個人よりなところがあって、転職って人生を左右することだし、ポジティブに働いてほしいじゃないですか。だからそのポジティブに働くきっかけを自分が作りたいと思ってたんですよね。ありがとうって言ってもらえるくらい、価値の高い仕事をしたいというのが就活していた時から変わらない私の軸です。

自分軸で純粋に成長実感がやりがいに繋がるところもありますけど、他人軸でそういう言葉もらえるとすごく嬉しいですよね。


ーーTENTIALに入る前に思い描いていたTENTIALと、入社後のTENTIAL、悪い方でも良い方でもギャップとかありますか?
それで言うとそんなイメージと乖離はなかったです。
というのはありつつこれは、いい意味でも悪い意味でもなくて、思ったより全力疾走だったなっていう。

入社日から案件もらって、急に練習したことないけど空手の試合に出るみたいな感覚です(笑)。防具だけつけてとりあえず立ってみたけどそこからどう構えたらいいんだろう、みたいな。


ーー改めて主にどんな仕事をしてますか?
いわゆる採用担当としてのお仕事と、入社してくる方のオンボーディングを主にやっています。どうやったらスムーズに入れるかっていうのと、入社された方の橋渡しをよくやってますね。


ーーなるほど。これからもっと挑戦できそうですね。今後の展望だったり、TENTIALでどうなっていきたい、成し遂げたいことなど聞かせてください!
すごく近々で言うと今人事部の近藤さんがやってる採用の仕事を巻き取るというところが目標です。中長期で言うと採用のプロフェッショナルと言われる位置を目指してます。

いろんな部署から「こういう人採用したい」という相談がきたり、そういう相談をただ受けるだけじゃなくてこちら側からも提案ができる、とか。本格的に人の採用について代表の中西さんとも肩を並べて議論ができるぐらいの存在になりたいです。


ーーたくさん頼ってしまいそうです!
それに応えられるぐらいに自分がならないといけないんですけどね。
日々たくさん勉強させていただいています。最終的には研修とかに興味もあるので、採用チームが立ち上げられたとしたらそっちに挑戦していきたいなと思ってたり。とにかく毎日楽しく全力疾走してます!!


ーーTENTIALでどんな方と働きたいとか、こんな方が向いてそうとかありますか?
これは採用担当としての腕の見せどころでもありますが、とにかくTENTIALを好きになってほしい。好きになってくれる方と一緒にお仕事したいですね。本気で世界を目指すと決めて、全員が同じ目標に向かって日々仕事をしている、こんな楽しい環境なんて早々ないんじゃないかなと思ってます。

向いている方で言うと、自分から仕事を取りに行き、自分自身で受け持った仕事に意味づけをして行動ができる方。そういう方と一緒に働きたいと思いますね。そういう視座がある方だと、会社を一緒にもっと良くしていけそうでわくわくします!

たくさんお聞かせいただいてありがとうございました!
TENTIALは現在採用強化中です!


興味をもっていただいた方がいらっしゃいましたら、ぜひこちらの説明資料や、求人にご応募ください。お待ちしております!

株式会社TENTIAL's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more