1
/
5

New! 社員インタビュー Vol.1 創業者/代表取締役 磯辺 基之

「世界に良い影響を与える」場所になり、そうあり続けること。それが私たちTechouseの掲げる目標です。

Q1:現在の業務内容を簡単に教えてください

Techouseでは特化型求人メディア「ジョブハウス」、採用オウンドメディア制作SaaS「OMROS」など、特定の事業ドメインにとらわれることなく様々な事業を立ち上げてきましたが、これらすべての開発関連業務を行っております。代表取締役として日々のマネジメント業務を行いながらも、設計やプログラミングはもちろんのこと、クライアントやユーザー、社内へのヒアリング、データの分析、ビジネスモデルの設計など、広い意味でのサービス開発業務を主に担当しております。

Q2:この仕事を選んだきっかけと、やりがいについて教えてください

大学生の頃、時代時代に合った製品やサービスを作り続けられる研究所のような場所を創ろうと思ったのがきっかけで、Techouseを創業しました。そして、せっかく人生をかけて企業を立ち上げるのであれば、数百年続く会社にしようと考えました。そのためにも、「世界で使われるサービスを次々に生み出せる場所」であり続けたいし、その結果、100年後の人々が「これはすごい!」と驚嘆するようなことを成し遂げられたら本望です。重要なのは自分たちではなく、その時代やその先の時代に必要とされているものであり、それを体現できる場所を作ることは、非常に意味のあることだと想い続けています。

Q3:この仕事を通して成し遂げたいことは何ですか?

「世界に良い影響を与える」場所になり、そうあり続けること。それが私たちTechouseの掲げる目標です。今後も社会課題の大きな産業を中心に、世界を良くする挑戦をしていきたいと考えています。そのためには大きな課題を見据えながらも、まずは目の前の課題を一つひとつ、全力で解決して行くことが重要です。「良い場所を提供する会社」と、「良い力と知恵を提供する人」が共生する場所として、Techouseが長きにわたって存続し、良いサービスを生み出す存在であり続けてほしいというのが私の想いです。

Q4:過去の経験の中で、EVPキーワードにまつわるエピソードやストーリーを教えてください

リーダーの立場としては、共に働く社員が日々成長できる場を作りたいのはもちろんですが、そのためには自分自身こそが、社内で一番成長・変化できる人間でありたいと常に心がけております。こうした場所を作りたいなら、まずは私個人が成長・変化を一番に体現できることが必要不可欠だからです。変化はある日突然起きるように感じられますが、それは変化を認識できるしきい値を超えるのが一瞬だからであり、実は細かいことの積み重ねからできていると考えております。なので、日々こうした積み重ねを欠かさずに行っていくことが重要だと思います。

Q5:入社を検討されている候補者の方に伝えたいことはありますか?

ゴーイングコンサーン(会社が将来にわたって事業を継続していくという前提)は、良い企業を定義する上で極めて重要であり、私はTechouseを、持続的なイノベーションが起こせる場にしたいと考えています。そのために必要となるのは、継続的な変化を許容できるのに加え、自ら変化を起こすことができる人材です。そして私たちの掲げている目標に向かって、長期間にわたって一緒に歩み続けてくださる方と、共に働きたいと考えています。「数百年続く会社を本気で創りたい」という私たちのビジョンに、少しでも共感してくださる方、「ちょっと興味あるかも」という方がいれば、

株式会社Techouse's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more