This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【固定給なのに完全成果報酬?】ispecの"超タスクベース型の成果報酬"に迫る!

こんにちは、ispec採用広報の小泉です!

最近、採用面談でよく質問していただくのが「報酬体系について」。やはりみなさん、どんな会社で働くにしてもお金のアレコレは気になるところですよね…!

エンジニアとしては、開発した分を実力ベースで適切に評価してもらいたいものですし、特に駆け出しのフリーランスであれば固定収入がないと不安が大きいはずです。

そんな中、フリーのエンジニアも多数在籍しているispecでは「超タスクベース型の成果報酬」を採用しています。この報酬体系は現在ispecで働いているエンジニアからとっても好評で、長期的な関係を築いていける秘訣でもあるのだとか!

そこで今回は、CEO:島野さんに「超タスクベース型の成果報酬」が一体どんな仕組みなのか?それによってどんな問題を解決しているのか?など、エンジニアのみなさんが気になるところを先駆けて聞きにいってみようと思います!

ではでは、オフィスの2階に住んでいる島野さんのお部屋へ突撃しましょう〜

小泉:コンコン!失礼します!島野さーん!

島野:突然!(笑)

フリーランスエンジニアがきちんと評価され、生きていける仕組みこそが「超タスクベース型成果報酬」

小泉:というわけで島野さん!さっそく、ispecの報酬体系について教えてください。「超タスクベース」って「超」ってついているのだから、ちゃんとスーパーな理由があるんですよね…?

島野:そうですね…まず前提として、ispecの報酬体系は基本的に完全成果報酬です。これはつまり、「プロジェクトにおいて割り当てられたタスクを最後までやり切った場合、業務にかかった時間に関係なく報酬をお渡します」というスタイル。

いわゆるタスクを請け負う形になるので、「◯◯時間働いたから××円ください」という時間換算での報酬体系とは異なります。少し専門的な話にはなりますが、タスクはGitHub Issueで定義するようにしていてIssueに対するプルリクエストを出してもらい、それがマージされた場合に報酬が発生する仕組みをとっていますね。

小泉:なるほど!バイトのような時給の考え方ではなく、プロジェクトごとの報酬体系なんですね。確かに同じ時給なのであれば、正確に素早くタスクをこなしてしまったほうが金銭的には逆に損というか…。「不公平だ」って感じる部分が出てきてしまいそうですよね。

島野:そうそう。だからこそ、完全成果報酬にすることで実力主義での評価をおこなっているんです。エンジニアにとっては自分のスキルが適切に評価され、適切な報酬をもらえることがやりがいにもつながっていきます。学生であってもバイトじゃなかなか得られない金額を稼げることもあり、「超タスクベース型成果報酬」はispecで働く大きなメリットになっているようです。

小泉:その報酬体系であれば、ひとつのタスクをこなすのにかかる時間も自分次第でし、より気を引き締めてプロジェクトに取り掛かれそうです!
ちなみに、「超タスクベース」ってどういう意味ですか?

島野:ispecでは、「週5日稼働」のようにコミット量の多い方に対しては「タスクベースの固定給」をお支払いしているんですよ。

小泉:と、いいますと…?

島野:比較すると分かりやすいので例に出しますが、極端な話、一般企業のサラリーマンの中にはとにかく定時まで会社にいれば給与が出るとったことも現実的にあります。

でも、これは会社にとっても働く個人にとっても不公平になってしまう社員がサボっていれば、もちろん会社はその時間に対してお金を払いたいとは思いません。反対に、努力して働く個人にとっても「月額給与が固定だから自分のスキルがあまり給与に反映されない」という不満を抱えてしまうこともあります。

そこで考えたのが、「固定給の内容もタスクベースで構成し、毎月必ず◯◯万円分の仕事依頼を約束する」という報酬体系でした。ispecでは、開発案件のタスク1つ1つの工数や見積もりをかなり細かく定義しているので、こうした報酬体系が可能となっています。これが「超タスクベース型成果報酬」の正体ですね。

小泉:言い換えれば「固定給分の仕事が安定してもらえる」という意味合いにも近いですか?

島野:そうですね。例えば、週5フルコミットの方だと「固定給◯◯万円分の仕事 + 追加でこなした案件の報酬」というようなイメージ。万が一、固定給分のタスクが完遂できなかった場合はその分報酬を差し引いています。つまり「超タスクベース」は、コミットメントの高い方には”固定給分のプロジェクト”が優先的に割り当てられる仕組みなんです。

小泉:確かに、駆け出しのフリーランスエンジニアにとって、安定して働き生活できることはなによりの魅力でもありますよね。メンバーから好評なのも納得です!!

"報酬の不公平"も仕組みで解決するのがispec

小泉:そもそも、どうしてこういった報酬体系をとるようになったんですか?正直なところ、会社からしてみれば正社員雇用のほうがいろいろと融通が効く部分があるじゃないですか…。

島野:それは以前、こちらの記事でお伝えしたようにispecが"不公平を仕組みで解決する企業"を目指しているからです。

ispecはミッションを掲げるだけでなく、それをきちんと体現する企業ミッションファーストの企業でありたい。だからこそ、その思いをこうした報酬体系の部分にまで反映させています。

そして、ispecは法人ではあるものの「フリーランスエンジニア集団のコミュニティ」として今もあり続けています。エンジニアがタスクベースで正しく評価され、適切な報酬を得られる。企業としても成果ベースでお金を支払うことが出来る。しかも、フリーランスだけど固定給的な考え方で安定的な仕事も得られる。

これは僕らが作りたいと望んでいた形だったので、目指すものに向かって進んでいる中、この報酬体系も自然と出来上がっていました。

小泉:自然と!!そうだったんですか!!でも確かに、フリーランスエンジニアが集まり進んできたispecならではのエピソードですね。

以前のSlackチャンネル全オープンの時もそうでしたけど、島野さんは自らの考えにしっかりと行動が伴っているなと感じます。価値観も一貫しているというか。

島野:はい、どんなことをしてもこの価値観は変わりません。選考において僕と面接する時も、最も直感的に判断しているのは「ispecと島野の価値観に共感しているかどうか?」です。

だからこそ、ispecの価値観に共感をしていただけたフリーのエンジニアさんとはぜひいい関係を築いていきたいですね。特に、今はフロントエンドとサーバサイドのリードエンジニアを積極的に募集中です!

興味がある方はぜひお気軽に、目黒オフィスへお越しいただけるととっても嬉しいです。ご連絡、お待ちしています!

▼こちらの記事も人気です!

・大学1年時からエンジニアフリーランス!「自分の市場価値を高める大学生」とは?

・【選考基準も全公開!】謎の選考「ハーフ&ハーフ面談」とは...?

・「圧倒的プロダクト目線」が技術力の秘密?有名ベンチャーを複数経験したCTOが語るispecの強さ。


株式会社ispecでは一緒に働く仲間を募集しています

  • Rubyエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • 開発
    • Rubyエンジニア
    • フロントエンドエンジニア
    • バックエンドエンジニア
    • UI/UXデザイナー
株式会社ispec's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more