1
/
5

営業とは別のフィールドで、僕もエンジニアとしての数字を追う。フロントエンジニアにインタビュー

こんにちは!人事広報の田中です~!本日もTAPP中途メンバーにインタビューをしてきました♡
今回はエンジニアの樋口さん。美容業界から一転ジョブチェンジした彼がTAPPでどんなことをしていきたいのかお話していただいてます。

ーまず、これまでのキャリアを教えてください!

新卒で美容室や美容専門学校などを経営する会社に総合職で入社し、美容師免許を取得しながら現場の仕事もしたりとプレイングマネージャーを経験。6年ほどいた会社で最終的にはWeb系の業務に携わり『この力も必要だなあ』と感じたんです。そこで思い切って転職を決意しWEBの制作会社にフロントエンジニアとして入社をしました!メインは企業HPやECサイトの制作。個々のスキルアップの他にも、チームで働く重要性などを改めて学びました。

ー転職を考えたキッカケは?

前職では前職ではお客様からの依頼を引き受ける形の受託業務だったのですが、それが “つくって終わり” というように感じている部分がありました。自分が手がけたものに対して『数字』として見えにくかったりフィードバックが無かったり・・・自分の制作に対して改善ができないということにだんだんと面白味を感じなくなっていったんですよね。そこでインハウスでがっつり事業として数字の部分まで追っていけるような仕事がしたいと思い転職を決意しました。



ーTAPPを選んでくれた理由はなんですか?

次に働く会社は、業種にはとらわれずに ”やりたいことが叶う会社” が自分の中でのテーマでした。実際に面談をしてみて、マーケティングの責任者がすぐ近くにいる環境もいいなと思いましたし広告費用の桁の大きさにもびっくり。バックオフィスながら自身の裁量を感じ、魅力に思ったのが理由です!

ー現在どんなTAPPでは仕事をしていますか?

現在はエンジニアとして集客におけるLPの制作を軸に、来場率を上げるために“どんなメールで” “どんなデザインで” お客様に届けるかなどの施策を考えたりなどもしています。エンジニアでありながら、与えられたミッションだけでなくマーケティングの観点から数字を引き上げていけるのはとても楽しいです!
あとは現在LPを運用しているCMSの使い勝手が悪いため、フルスクラッチでCMSを開発中。より良いものになるように頑張っています。



ー今後どのように働いていきたいですか?

コロナ禍の転職でなかなか自社でゆっくりと交流できる機会が取れていないですが、せっかくインハウスで活躍できる環境を頂いているので自身が身を置くマーケティング部門の中ではもちろん、営業さんたちがどんな不動産販売をしているのかなども知りながら仕事していきたいですね。常に自分以外の業務にも興味を持って、営業・バックオフィスともに二人三脚で数字を上げていくような仕事をしていきたいと思っています。


いかがでしたか?チームに埋もれることなく、マーケティング思考で実務をこなす姿はとてもかっこいいなと思いました!営業と共にバックオフィスも数字を追っていくことこそが、右肩上がりの会社を作り上げていける秘訣です。次回の投稿もお楽しみに~!

株式会社TAPP's job postings
31 Likes
31 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more