This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

コミュニティ主催のイベントだからこその学びがたくさんありました!【Japan Dreamin’ 2020】

こんにちは、タンバリン東京開発チーム プロダクトマネージャーの白石です!1月25日、以前コチラの記事で紹介した、僕が運営に携わっているコミュニティUmekita Forceのご縁で「Japan Dreamin' 2020」に参加してきました。
Salesforce関係のコミュニティが主催するこのイベントだからこその学びが多々あったので、当日の様子をご紹介したいと思います。

目次

  1. 日本中のSalesforce関連コミュニティが集結するイベント
  2. SalesforceのTrailheadを全クリしたすごい人が登壇
  3. 生っぽい話を聞けたのが一番の収穫。来年はもっと熱量高く参加したい

日本中のSalesforce関連コミュニティが集結するイベント

「Japan Dreamin' 2020」は、昨年からスタートしたSalesforceのコミュニティカンファレンスです。昨年の参加者が120人だったのに対し、今年は300人以上も集まり、イベントそのものの認知度向上がうかがえます。

当日は、僕が普段参加しているような開発者向けのコミュニティはもちろん、システム管理者向け、マーケター向け、アーキテクト向けなど、Salesforceに関する様々なジャンルのコミュニティに所属する人が一堂に介していました。

一方で、普段コミュニティに参加していない、あるいは参加したいけどハードルを感じて一歩踏み出せないような人も「いろいろな話を聞けるから」と来ていて、幅広い参加者が楽しめるイベントだったと思います。

今回なぜ僕が「Japan Dreamin' 2020」に参加したかと言うと、Umekita Forceを一緒に運営している山田真也さんがこのイベントのコアメンバーだったから。「Umekita Forceの代表として、セッションに登壇しませんか?」と誘っていただいたのです。

▲セッションに参加したコミュニティのロゴが入ったチロルチョコ

結果的に僕は登壇せず他のメンバーにお任せしたのですが、タンバリン採用・広報の荻田さんにそのことを話したら「じゃあスポンサー枠に申し込みましょう」となり、スポンサードすることに。

そのため、当日の僕の役割は「Umekita Force」のセッションを見届けることと、スポンサーとしてタンバリンを紹介することでした。

と言いつつ、たくさんのセッションに参加して思い切り楽しんできたのですが(笑)

SalesforceのTrailheadを全クリしたすごい人が登壇

今回僕がセッションに登壇しなかった理由は、Umekita Forceの参加メンバーに井上徹さんというすごい人がいることがわかったから。

SalesforceにはTrailheadというオンライン学習カリキュラムがあり、課題をクリアすると付与されるバッジの数は800以上。現在も1ヵ月に10個程度のペースで増え続けています。なんと井上さんはこれらをコンプリートしているのです!

バッジを100個持っていると「結構やっているじゃん」という評価になるので、そのスゴさは相当なもの。少なくとも僕はそんな人を他に見たことがないし、他にいるのかどうかもわかりません。

となると、どうやってTrailheadをコンプリートしたのか、コンプリートして何が変わったのかをみんなが知りたいはず。そこで、今回のイベントとマッチするテーマだったこともあり「登壇しませんか?」と打診したら「ぜひ話したいです」と快諾してくれました。

井上さんは、元々Salesforceを扱っていないエンジニアでしたが、会社の方針で突如Salesforceを扱うことになったことがきっかけでTrailheadに挑戦。

当日は「Trailhead全クリRangerが語る!! SalesforceDevキャリアのこれから」と題して、井上さんがSalesforceに取り組み始めるところからTrailheadをコンプリートした先で何を得たかまでを話してもらいました。

参加者は「すげぇ!」とどよめいていて、質疑応答ではやはり「どれくらい勉強したのか」「コンプリートまでかかった期間は」など、クリア方法に対する質問が多かったですね。

生っぽい話を聞けたのが一番の収穫。来年はもっと熱量高く参加したい

今回僕は、当初の予定どおりUmekita Forceのセッションを見届けたり、タンバリンのチラシを配りつつ参加者と交流した傍ら、昼から夕方まで様々なセッションに参加しました。

すごく勉強になるテーマが多く、帰宅後すぐにタンバリンのメンバーの何人かに公開されているスライドをシェアしたほど。全社的にもシェアしようと思っています。

僕は開発者側のテーマのセッションをメインに参加しましたが、実際に自社でどのようにSalesforceを使って開発に取り組んだかという発表内容が多かったのが印象的でした。

Salesforce主催のカンファレンスだと、どうしても新機能の紹介がメインになりますが、今回はSalesforceに関するコミュニティが主催。だからこそ生っぽい現場の話がたくさん聞けたのは大きな収穫でした。

これからタンバリンがアジャイルやスクラムの取り組みを進めるにあたり、Salesforceを使ってどうやってプロジェクトを進めるか、どうすればより効率が良くなるかという観点で参考になる話をたくさん聞けました。

知り合いのセッションだと終了後に「これどうだったんですか?」と突っ込んだ話が聞けましたし、今後同じような案件があったら相談しようと思えました。

特に普段タンバリンではあまり取り扱っていない、Salesforceのアドオンにおける追加機能開発を効率よく進める方法を紹介するセッションが、僕は一番面白かったですね。

今回タンバリンから参加したのは僕だけだったので、来年は他のメンバーと一緒に参加したいです。またRSGTの時のように前夜祭を開催して、参加者同士の士気を高めてより熱量高く参加するのもいいですね。

……なんて考えるだけでワクワクしてしまいます。終わったばかりなのに、もうすでに来年が楽しみでなりません(笑)。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!
よろしければ、ポチッと「スキ」をしていただけると嬉しいです♪
僕のTwitterもお気軽にフォローください。

★タンバリンに少しでも興味をもってくださった方は、ぜひフォローいただけると嬉しいです。

★現在募集中の職種は下記に掲載しています!ぜひ、お気軽にご応募ください

株式会社タンバリン's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more