This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

タイミーリリースから1年を振り返る


タイミー代表取締役の小川です。

ついにタイミーリリースから1年が経ちました!!㊗️

本当に色々あったのですが、ここまで来れてよかったです。
色んな人に支えられてここまで続けることが出来ました。ご支援のほどありがとうございます!

今日は怒涛の1年を「起業家としての変化」「事業としての変化」「会社としての変化」という三つの軸で表したいと思います。

1. 起業家としての変化

今まで色んな事業を作って来たのですが、ここまでリリースにワクワクしたサービスはありませんでした。リリースに合わせて記者会見とクルージングパーティーを準備して最高のスタートを切ろうと張り切っていました。


この時はチャレンジするなら全力でバットを振ろう、妥協はなしだ。という気持ちでがむしゃらに働いていました。つまり、社会的意義とか世の中をどうしたいという思想ではなく、自分たちのサービスを早く世の中の人に使ってもらいたいという気持ちが強かったです。

アプリをリリースし、タイミーが成長するにつれて、テレビやメディアに出る機会が増え、色んな方々とお会いさせていただけるようになりました。
そうしていく中で「日本の新しい雇用の形を作れるかも」「日本の人手不足問題を解決できるかも」という気持ちになり始めました。

現在は「日本発の世界企業、働くインフラを作る」という膨大な野望を掲げて日々働いています。自分は少しでもやれるという確信が持てないと口に出さないスタンスなのですが、こうやって口に出して言うことができるくらい世界に対する解像度が上がって来たのは最近の成長だなと思います。年明けをめどにアジア圏に進出する予定です。楽しみにしていてください!

・事業としての変化

事業は「人手不足・働き方改革」という時代の後押しもあり非常に順調に伸びています。すでに流通総額も数億円を超えており、やれることの幅が広がったなと感じています。


毎日人手不足に頭を悩ませている企業様からお問い合わせをいただいており、しっかりと期待に応えることができるよう全力を尽くしています。

最近では飲食以外にも物流やデリバリー、コンビニなどの業種が増え、さらに東京だけでなく、関西・福岡にも支店を作りエリアの拡大もできる体制が整ったのでさらにスピード感をあげてアクセルを踏んでいきたいなと思います。

・会社としての変化

マンションの一室から始まったこの会社も今は隈研吾さんがデザインする素敵なオフィスビルの一員になりました。正直こんなに早いスピード感で行けるとは思っていなかったので毎日背伸びしすぎた分頑張らなくちゃとなっています。(笑)


従業員数も72名(2019年8月現在)になり大きい組織になって来ました。毎月5~10人採用しているのでもし興味がありましたらお気軽にご連絡ください!


一周年記念キャンペーン!

今回は日頃の感謝を込めて給料が最大10倍になるというキャンペーンを実施しています!でも、実はこの企画はまだ21歳のマーケターが自分で企画して色んなチームを巻き込んで作った企画で、年齢・役職関係なくやりたいことを主体的に行える社風に合う素晴らしい行動だったなと思います。


(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000036375.html)

今後もただ働くのではなく、給料がランダムで高くなったり、オススメの仕事をレコメンドしたりなど楽しく働ける環境をタイミーが作っていきたいなと考えています。
18歳以上の方は全員使えますので是非楽しんで使ってみてください!!

採用に一番時間を使っています!

エリアや業種が増え、マネジメントや管理がむずかしくなり、
流通総額やユーザー数が増え、新たな施策を打てる環境が整い、
優秀なメンバーが増え、世界を狙う体制ができてきました。

まだリリース1年のサービスではありますがスピード感はどこにも負けないと自負しているので少しでも面白そう!と思ったら気軽にご連絡ください!

株式会社タイミー's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more