1
/
5

【SS新卒レポ vol.4】6月に内定ゼロで焦っている就活生へ。4年の夏に就活スタート→9月に内定獲得した営業社員に突撃!

こんにちは!

スーパーソフトウエア人事部の斎藤です。


本日のストーリーは、

新卒インタビュー第4弾!!



23卒の学生の皆さん、就職活動の状況はいかがですか?


6月に入り、

就職活動をもう終えたぞー!という人も

まだまだこれからだぜー!という人もいるかと思います。


しかしこの時期に意外とよくあるお悩みが、

とりあえず就活を始めたものの業界研究が追いついていないということです。


「でも今さら教えてくれるセミナーも無いし、なかなか聞きづらいし。。。」

そんなことを考えている就活生も少なくないでしょう。


そこで今回、前半では

IT業界の説明を簡単にしたいと思います!(詳しくは説明会にて)


後半では、

・自分が何をやりたいのか分からない、自己分析がうまくできていない
・決まってきている友人も出てきて焦ってきた

というお悩みをお持ちの方に向けて、4年生の夏から就職活動を始めて9月には内定を獲得した

新卒の営業社員・林さんにインタビューしていきます!!



就職活動は周りとの早さの勝負ではありません。

納得して終われるかどうかという、自分との戦いです。



「6月で内定ゼロなのってやばいのかな、、?」と不安に思っている方はぜひご覧くださいね!



■IT業界の分類について


そもそもIT業界とは、一般的に「情報通信産業」のことを指します。

「IT」=コンピュータやインターネットを使った情報技術(Information Technology)で、

これらITに付随するサービスを扱う業界がIT業界なのです。

IT業界と言ってもそれぞれ細分化されており、職種によって働き方や必要スキルなどが異なります


多くの業種や職種が存在するIT業界ですが、大きく分けると、下記の5つになります。


①情報処理サービス(SI)業界

②インターネット・Web業界

③ソフトウェア業界

④ハードウェア業界

⑤通信インフラ業界


聞きなれない方もいらっしゃると思います。

でも例えば、あの有名なZ●Z●TOWNやL●NEは②に該当し、App●eは④に該当します!


そして、スーパーソフトウエアの事業は、①~③に該当します。

事業詳細はコチラ:

【会社紹介①】スーパーソフトウエアって何をやってる会社?~事業編~ | 事業・職種
こんにちは! スーパーソフトウエア人事部の斎藤です。 3月になりましたね! 1週間、1ヵ月という時の流れの早さにハッとし、2022年がすでに2か月経ったことに驚き、 来月には新卒の子たちが入ってくることに腰を抜かしそうになる今日この頃です。笑 またハッと気付いたら4月が終わってそうですが、、、 それまでには内定者課題や入社後研修についてもまたストーリー更新する予定です。 ぜひお楽しみに! さて今回は、 ご紹介していきます!! ※本社と東京オフィスでは事業内容が異なります。 スーパーソフトウエア東京オフィス
https://www.wantedly.com/companies/supersoftware/post_articles/384498



と、いうようにIT業界をこのような5つに分類しましたが、実際は様々な軸での分類方法があります。

下の図をご覧ください。

引用元:https://itinfoshop.com/it-work-overview/


実際のところ、分類と言ってもそこまで厳密に分かれているわけでもなく、

この図のように複数の業界をまたいだ事業を行うIT企業が多いため、分類も複雑になっています。

そのため一口に「IT業界」といっても、自分はその中で何やりたいのかを見つけることが大切です。


詳しくは説明会でお話ししますので、ぜひご参加くださいね!!


次回は6月21日(火)11時~開催します

詳細はコチラ:https://www.wantedly.com/projects/1035801

※次々回は 7月8日(金)11時~開催予定です。ぜひご応募ください!



■新卒インタビュー


さて今回は、22卒の営業・林さんに10個の質問をしてみました!

4年生の夏から就職活動を始めて9月には弊社で内定を獲得した話を、詳しく聞いてみましょう。


「よろしくお願いします!」

※マーク説明※

部:林、 >>部:斎藤



①去年の3月、7月・9月での就職活動は何をやっていましたか?

3月:コロナ下によりメンタルが不安定になっていたタイミングで、多方面からのストレスが重なり、精神的にダウンしてしまいました。就職活動しなければと思いつつも、やる気が出ず、日常生活に精一杯だったため、就活どころではありませんでした。

7月:6月頃から周りで内定が出た人も増えてきていました。就職活動をしていないことに焦りや罪悪感もあり、春からいくつか説明会やESには参加していました。しかしメンタルが回復しきっておらず、提出物の期限が守れなかったり、ただ動けない自分に落ちこむ日々で、やりたいこともありませんでした。周りの大人が仕事で憂鬱そうな姿をよく見ていたので、当時は「仕事」に対するイメージが悪く、「働きたくない、でも就職活動しないといけない」、「就職活動=辛いもの」と思い込んでいました。

・9月:4年生の4月から定期的に受けていたカウンセリングにより精神的に持ち直し、8月頃からようやく本格的に動き始めました。大学主催の合同説明会にエントリーし、初めて面接を経験。やりたいことはまだ明確になっていませんでしたが、小売・流通・製造・警備・ITなど様々な会社を調べていくうちに、自分のやりたいことが少しずつ見えていきました。また、「就職活動が出来ている自分」に徐々に自信を取り戻し、スーパーソフトウエア含め2社から内定を獲得できました。


>>コロナ下での就職活動は不安が多かったですよね。似たような悩みを持つ学生も多そうです。

 恥ずかしがらず怖がらず、家族や友人・専門の人に頼れるかどうかが大切かもしれません。



②就職活動を始めた去年の夏頃に悩んでいたことは何ですか?

そもそも始めるまでが1番苦労して、悩みました。
私が就職活動を始めた夏頃には周りは内定をもらってる人がほとんどで、みんなが卒論前に目一杯遊んでいるのを見て、正直羨ましかったです。。。
精神的に不安定な時は人との連絡もなかなか取れず、友達も心配してくれたり、遊びに誘ってくれたりしましたが、現状をどう相談したらいいか分からず、そこも悩みました。



③夏から就職活動を始めて、結果的にはどうでしたか?

動き出したら早かったです!

初めの方は面接でうまく答えられなかった時もありましたが、むしろ「いい経験になったな」と感じていました。笑
正直第1志望の企業が明確にはなかったからこそ、反省点を作業的にブラッシュアップしていくだけで、精神的に悩むまでには至らなかったんです。

あとこの時期はもう他の就活生が少なかったこともあってか、面接で親身になってくれる方が多かった気がします。おかげで、ありのままを素直に話すことができました。
結果的に、妥協ではなく本当に自分が良いと思ったこの会社から、内定をもらうことができました。

ただやはり、夏だと募集が終わってる企業も多く、必然的に選択肢が少なかったのは悲しかったです。大学では映像系を選考していたのですが、この業界は募集が早く、受けられなかったのが心残りです。
でも自分が好きなことと仕事は離してもいいのかもしれないなと、最近は思っています。


>>面接の反省点を冷静に分析してブラッシュアップしていけたのは素晴らしいですね!!

 変に取り繕わず、素直に自分のことを話すことが納得して就職活動を終える秘訣かもしれません。



④メンタルの保ち方やリフレッシュ方法は何ですか?

「就活してるだけで、生きてるだけで、えらい」というマインドが秘訣です!笑
あとは趣味が推し活で、好きなアイドルの動画や作品、SNSを見ると癒されます。
なかなか外にも出れないので、映画やドラマはしょっちゅう見てます。



⑤企業選びの軸を教えてください。

1つ目は、「風通しが良く、性別や年齢に関係なく活躍できるかどうか」です。
業務の大変さは一切厭わないのですが、それ以外によるストレス、例えば年功序列や男女差別など、
古めかしい風潮による障害は避けたかったです。そのため風通しが良く自由な社風があり、
ベンチャーマインドで成長・挑戦していけるような会社を探していました。

2つ目は、「人と直接話す・関わる仕事が出来るかどうか」です。
メンタルが不安定になった3月頃、人と会わないとここまで気分が落ちるのだと痛感しました。
逆に言えば、私は人と話し、関わることがとても好きなのだということも知れました。
そのため、相手の求めることを考え提案したり、役に立てていることが実感できる、そんな仕事がしたい!と思ったんです。


>>年齢や性別での偏見・差別があるような環境は、なるべく避けたいですよね。

 2つともまさにスーパーソフトウエアの東京オフィスかつIT営業職にぴったりな軸ですね!



⑥入社理由と、いま感じている魅力は何ですか?

入社の決め手は、面接時とても親身になってくれたことです。

説明会で私が質問したことを覚えてくれていたことも嬉しかったですし、精神面による問題で就職活動のスタートが出遅れてしまったことを話しても、「今は頑張れてるじゃないですか!」と肯定的に褒めてくれました。

最終面接が終わったあとも、営業部の先輩と面談したいかなどこまめに連絡をくれて、そういった手厚さから、1人1人を見てくれているのだと実感したのが大きな決め手です。

いま感じている魅力としては、まず入社前に感じていた社風にギャップが無く、思った通りでした。
営業部の先輩方がとても優しく教えてくださる一方、マネージャーの方々は優しいだけじゃなく部全体の身を引き締めてくださって、こうして新人の私にもアドバイスや指導などちゃんと時間を作ってくれることに安心感があり、皆さんとても尊敬しています。



⑦研修のOJTはどのような流れで行いますか?

OJT全体としては、先輩から指示のあった作業をこなしつつ、都度質問してやりながら慣れていきます。
日次で行うこととしては、そこまで理解に時間はかかりませんでした。

最初はSES事業の仕組みとして、準委任契約のこと、商流のこと、ビジネスパートナー(以後BP)などについて簡単に教えてもらいました。
入社してすぐは、大前提の業界知識があまりに無さ過ぎて反省し、猛勉強。。。

約半月ほど指示やアドバイスを頂きつつ、テレアポやHPからきた問合せの対応、BPとの打合せをひたすら行い、言葉遣いや打ち合わせの説明内容、メールの書き方など徐々に慣れていきました。
当時はテレアポと問合せ20~30件/日、打ち合わせ2件~最大4件/日ペースでやっていました。


>>営業はまさに実践あるのみ!ですね。

 入社2,3日目までは全体研修ですが、その後の部署ごとの研修では、営業はこのような流れで行います。



⑧今の仕事内容について教えてください。

主な仕事は、人手が足りないプロジェクト(以後PJ)と、エンジニア(社員 or BP)のマッチングです。

エンジニアにどういうスキルがあるか確認→その人が出来そうかつ求める条件に合うPJを探す→PJ側の企業にスキル感確認→OK出たらエンジニアに面談依頼→両者で面談、という流れで仲介します。

また、既存・新規問わず紹介してもらえるPJがないか、BP企業の営業担当と情報交換の打ち合わせも2件/日ほど継続してやっています。

4月下旬までメインで行っていた、テレアポや問合せへの対応は現状あまり手を付けておらず、派遣の方にお任せしています。



⑨今後の目標は何ですか?

目先の目標としては、3つあります。

・自分の貢献によって、チームで立てている目標数値を達成させる
・PJ内容に関わる知識や理解を深め、より効率的に業務をこなすことで年度内に昇給ランクを1つ上げ
 先輩たちと同じように一人前に「営業社員1人分」の成果を十分に出せるようになる!
基本情報技術者試験の合格!!!知識もつきますし、合格したら毎月手当がでるので是非がんばりたいです。笑

長期的な目標としては、マネージャーのKさんのように、受託のPJを取れるようなITコンサルタントになりたいと考えています!


>>明確な目標があって素晴らしいですね!!基本情報の勉強頑張ろうね!

 東京オフィスでは3か月に1度、上長と評価面談をして具体的な数値目標も決めていきます。



⑩最後にこれを読んで下さっている方々へメッセージをお願いします。

周りと比べて焦ったり、「就活嫌だな」というイメージが先行すると、
視野が狭くなって実際以上にハードルを高く感じてしまうときがあります。
そんなときは、大学の就職活動支援や、家族・友達・先輩、必要に応じてカウンセラーなど、
周りで助けてくれる人や仕組みをどんどん活用すると良いです。
仕事は、思ってたほど辛く嫌なものじゃなかったですよ!希望をもって頑張ってください。



林さん、ありがとうございました!



いかがでしたか?

今回は文系出身でIT営業職に新卒入社した林さんにインタビューしてみました。

弊社ではエンジニアも営業も、文理不問・経験不問で新卒を募集しております!!


「同世代の誰よりも早く成長したい。」「若手のうちから幅広く経験したい。」

そんな思いをお持ちの23卒の方!就活は早さではなく、納得して終われるかどうかです。


あなたさまのご応募をぜひお待ちしております!


・23卒営業向け求人はコチラ

・23卒エンジニア向け求人はコチラ


説明会も隔週ペースで開催中なので、是非お気軽に話を聞きに来てくださいね!

次回は6月21日(火)11時~開催します↓

次々回は、7月8日(金)11時~開催予定です。ぜひご応募ください!


それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!(^^)/




東京オフィスHP:https://tokyo.supersoftware.co.jp/qa/invite-sesbp/

株式会社スーパーソフトウエア's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more