1
/
5

プロのサッカー選手から消防業界へ!異色の経歴を持つ土屋さんにインタビュー!

こんにちは!
広報担当の大澤です。
今回は、プロのサッカー選手だった土屋さんが消防業界の道へと進んだ経緯や、現在の状況について伺いました!

ーはじめに、自己紹介をお願い致します!

土屋智義です。今年31歳になります。
スマテンには今年の1月に入社し、現在4ヶ月目です。
家族は、妻と娘がおります!

ースマテンではどのようなお仕事をされていますか?

QA(クオリティアシュアランス)チームに所属しており、
新規改修工事、新規設置工事、付帯工事等をパートナー様に見積もり依頼をしたり、日程調整を行っています。
特にいま中心的にやっているのが、フード消火設備(焼肉店等にあり、テーブルで吸収した煙を床下の排気ダクトから店外に出す器具のこと)の交換や発送の日程調整、パートナー様との交渉をする業務です。

ー前職は何をされていましたか?

27歳までサッカー選手をしながら、不動産業、建築、スポーツ界の接客やコールセンターなど多くの仕事に携わりました。その後は、消防設備会社に就職し、消防設備士として現場で2年間活動していました。

ーサッカー選手から消防業界とはなかなか結びつきにくい感じがしますが、消防設備士になろうと思ったきっかけはありますか?

母と兄が建築関係の仕事をしていて、似たような職種で且つ、手に職をつけられる業界に携わりたいと考えていました。そんなときに、あまり知られていない消防設備士という仕事に興味をもち、たまたま求人を見つけたんです。
点検者として必要な資格は、消防設備会社に入社後に取得しました。

ー未知の状態から点検者の資格を取得したとは、相当勉強されたと思います!
その後、スマテンに転職を決めた理由を教えて下さい。

消防設備士として現場に出ていても、仲介の管理会社とのやり取りだけでクライアント様に直接繋がっているわけではなく、点検の大切さを伝える機会がなかったんです。点検者として現場に出ることも大事だけど、僕は「消防設備点検は何故やるべきなのか」をもっと多くの人に伝えたいと思いました。
スマテンではクライアント様、パートナー様の両方と関わることができるので、魅力を感じました。
それと、今の消防業界はアナログな部分があって、現場に出ていると凄く不便で...なんとかできそうなのになぜアナログのままなのかという疑問がありました。
そんなときに、スマテンの「ITの力で消防業界を変える」という文を見て、「これこそ未来のあるべき姿だ!!」と思い、すぐに求人に応募しました。

ー素敵なことに、「消防業界を変えたい!」という熱い思いを入社前から持っているメンバーは多いです!
入社して4ヶ月が経ちましたが、QAの仕事はいかがでしょうか?

大変ですね。笑
消防設備士としての2年間の活動があったとしても追いつけていないぐらい、知識がまだ浅かったです。でも、確実に今までの経験は活かせていると思います。
今はQAとしての知識をたくさん得られるよう学ばせていただき、よりパートナー様にスマテンの魅力を伝えられるよう日々努力しています。

ー特に大変と感じるのは、どんな時ですか?

自分が中心となって動いているフード消火設備なのですが、これが特殊な設備ということもあり、対応いただける業者さんの数もまだ少なくて....
あと、すべての案件でスピーディな対応が求められますが、早急に見積もりを算出するという作業はまだ慣れないです。

ー自分の課題をしっかりと分かっていて、それについて全力で努力している姿が頼もしいです!実際にスマテンに入社してみてチームの印象はいかがでしょうか?

皆さんいい人!!!!言い方が雑ですけど(笑)
時には厳しく指導を受けますが、それは僕のためなんだっていうのが凄く良く分かる!
メンバー全員が、顧客はもちろん、チームを大事にしているところが大好きです。


ー愛のムチ、ありがたいですね。現在は、毎日オフィスに出社されていますか?

はい。近くにマネージャーやチームのメンバーがいてくれるので、隣りにいるだけで色々なことを吸収しやすい環境です。まだまだ未熟なので緊急性の高いタスクなどをすぐ聞けるっていうのはオフィスにいるメリットかなって。

ー今後、リモートワークをしていく予定はありますか?

実は8月に引っ越しを予定していて、仕事の効率化を考えてリモートワークを取り入れようと思っています。夫婦共働きをすることになるので、子育てについても夫婦で協力し合えますし。
ただ、まだ未熟な部分が沢山あるので、オフィスがある池袋には週に1度は通えるようにしたいです。

ー上司にリモートワークの話を打ち明けたときの反応はどうでしたか?

いやー、打ち明けるときは結構緊張したんですけど。
冨澤さん(COO)に伝えたら「それはもう家庭の事情だし、全然いいよ!」と言ってもらえて。信頼してくれているからこそリモートワークが成り立っているわけだし、本当に嬉しかったです。

ーリモートワークをすることによって、これからはお子さんとの時間も増えますね!

そうですね、それもこの会社のメリットであり、感謝するところです!
前職は現場仕事だったので、朝は早く、夜は遅く帰る事が多く、土日も仕事だったんです。スマテンに入社してからはプライベートな時間が増えて、スケジュールも組みやすくなったので、ワークライフバランスが改善され、とても充実しています。

ーいまスマテンに入社して4ヶ月が経ちましたが、今後の目標はありますか?

今まで社会人としての経歴が少なかったので、自分が思い描く一人前の社会人にはまだなれていないと思っていて。まずは立派な社会人になることですね!
自分のタスクを完璧にこなせるようになりたいし、会社に貢献していると実感できるようになりたいと思っています。
さらに、メンバーが個々で努力している中に僕も加わって、チームとしてのKPIを達成することは勿論だし、そのためにはまず自分がやっている仕事一つひとつを確実にクリアしていきます!

謙遜した言葉で穏やかに話されていますが、その言葉一つひとつに熱い思いを感じました。今までの経験で培った”努力を怠らない、負けない気持ち”を是非大事にして、スマテンでの活躍を期待しています!!
土屋さん、ありがとうございました!
株式会社スマテン's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社スマテン
If this story triggered your interest, have a chat with the team?