1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

大企業からスマービーへ【CS・物流チームマネージャー 荒籾 周平】

はじめまして。12月にjoinした荒籾です。

CS・物流チームのマネージャーとDRチームのプレイヤーを兼任しています。

本日はタイトルの通り、大企業からなぜスマービーへ入社したか、そして現在の仕事内容について話したいと思います。

・プロフィール

・キャリアプランのズレ

・スマービーとの出会い

・現在の仕事内容

・入社後に驚いたこと

・最後に

プロフィール

大学卒業後、大和証券へ入社しました。真山仁さんの経済小説を原作とした「ハゲタカ」のドラマに影響を受け、ファンドによる事業再生を通じた、日本経済の発展に貢献したいと考えたためです。また、そのスキルを身につけた後であれば、その時自分がやりたいと思った事業を一から作り出せる自走力も習得出来ていると思ったからです。

大和証券ではリテール部門、ホールセール部門の双方を経験しました。

リテール部門とはいわゆる営業です。飛び込み営業等による新規開拓を中心としつつ、金融商品の売買、相続対策、事業承継等、様々な仕事をしました。配属先が吉祥寺であったため、土地柄、個人富裕層や経営者が多く、仕事を通じて人生訓等様々なことを学ばせてもらいました。。

ホールセール部門とはいわゆる投資銀行部門です。その部門の中で「地方債」という債券の引受業務を行っていました。地方債とは地方公共団体(主に都道府県や政令指定都市等)が発行する債券のことです。全国各地に飛び回り、新たな事業を行ったりする際に必要な資金調達のサポートをしていました。

キャリアプランのズレ

もともと金融に飛び込んだ理由は、事業運営に直接的に関与し、その事業の発展に貢献できる仕事がしたかったからでした。しかし、今のままでは資金調達という間接的な立ち位置でしか関与ができず、その先の事業運営にはコミットすることができない、と、ある日ふと危機感を覚えました。

グループ会社内に事業投資をする部門があったので、希望を出せば数年後に異動できる機会はあったと思います。ただ、自分自身が最終的に求めていたものは、事業を一から作り出せる自走力だったので、事業投資をする部門に異動できたとしても、結局は第三者ではなく当事者として事業運営がしたくなるだろう。それならいっそのこと、規模が大きくなく全ての業務が経験できる事業会社に転職しよう、と決めました。いろいろ調べ考えた結果辿り着いたのが、スタートアップでした。

こんな単純な考えにたどり着くのに、危機感を覚えてから約1年もかかりました。

大企業で働くこと、そこで経験を積むことが王道だと思っていたため、ある種の思考停止に陥っていたと思います。

もちろん大企業だからこそ経験できた仕事も沢山ありましたし、社会人としての基礎となる部分を徹底的に教育してもらえたので大変感謝しています。

ですが、自分の目標からズレた時に、一歩外を見る柔軟さも大切だと考えました。

スマービーとの出会い


複数のスタートアップ企業の面接で、フラットに自分の考えを伝えていました。その中で、一番自分の考えに共感してくれたのがスマービーの社長の遠藤さんでした。遠藤さんも元々金融出身ということもあり、私自身が抱えている葛藤を理解してくれました。

前職では沢山の地方公共団体が様々な少子化対策を講じているものの、苦戦している現状を見てきました。そのため、スマービーでは、現在の事業をプラットフォームとしつつ、将来的には様々な事業展開をしていき、「少子化」を解決していきたいと考えている、という遠藤さんの想いにも強く惹かれました。

これこそ自分が当初抱いていた目標である、「当事者として事業運営をする」・「事業を通じて、日本経済の発展に貢献する」、という双方ができると考えました。

自分は何事も縁を大切にする性格なため、この縁は逃すまいとオファーをもらった時は即決断しました。

現在の仕事内容

CS・物流チームのマネージャーとDRチームのプレイヤーを兼任しています。

CS・物流チームのマネージャーとして

主に提携している倉庫側のオペレーション管理をしています。通販事業が台頭する昨今、倉庫側のキャパシティや人的資本不足等々の諸問題が発生しており、それを解決するために、事業計画の数値から逆算した具体的な数字を倉庫側に示し、今後のオペレーションの拡大等の折衝をしています。

また、その数値を社内で共有し、物流が円滑に回る様な業務設計もしています。

DRチームのプレイヤーとして

DRとはDirectionのことで、担当ブランドとの出店交渉や仕入れ交渉、出店準備等々、仕入れから実際に販売するまでの全ての業務のことを指します。

売上予算から逆算した在庫数を確保してもらったり、売上アップのための施策等々を様々なデータをもとに分析したりしながら営業をしています。

どちらも前職とは全く違う仕事内容ではありますが、営業力と数字分析力は活用できていると感じています。

入社後に驚いたこと

IT化がめちゃくちゃ進んでいること!

これ本当に驚きました。自動化できるものはとことん自動化。

各ブランド別の売上報告や在庫追加シートの作成やメールも自動で送られます。これはほんの一例で、今後も業務フローでも自動化が進んでいく予定です。

今までは与えられたツールが少し不便でも、それを当たり前に使っていて、その不便さを改善しようと行動することはありませんでした。大企業の場合、システム周りは外注であったり、そもそも誰に依頼すればいいかも分からなかったり、また会社の規模が大きすぎて仕様変更は非現実的、という感じでした。

スマービーでは、それらシステムを構築しているのはエンジニアの方々です。システムの殆どが内製化されており、スタッフの意見やユーザの意見を基に、日常的に仕様変更が行われます。今後の仕事に活かせるよう、業務理解と知識を深めるため、システム周りのことをエンジニアの方々に教えてもらったり、自分でも勉強したりしています。

最後に

自分自身は、”どこで働くか”、よりも ”どんな仕事ができる自分になりたいか” を優先した結果、スマービーにたどり着きました。

まだまだ分からないことも多いですが、固定概念は捨てて、スマービーのサービス拡大に向けて、色んなことに挑戦していくつもりです。

株式会社ストライプデパートメント's job postings
18 Likes
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings