1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

産休・育休を経て復職後、半年で転職を決めた私が、Smarbyを選んだ理由。

経理への復帰がかなわず、やむを得ず転職活動開始を決意。

前職は社員8名、アルバイト・インターン30名程のベンチャーでバックオフィス(経理・総務・庶務)を一人で担当していました。出産後、8ヶ月で復職したものの経理の仕事は産休代替の派遣さんがそのまま行い、私は総務と庶務を担当することになりました。私は総務・庶務よりも経理の仕事がしたかったのですが、会社としては私に負担をかけたくないということで、経理への復帰はかないませんでした。1歳児を育児中、両親は遠方。転職なんて無謀。だけど、このまま経理のキャリアをストップすることは、私の思い描くキャリアとは違っていました。

Smarbyとの出会い。

転職活動をする中で、出会った会社の一つがSmarbyでした。面接時にSmarbyの働き方を聞いたときは、「ここは働くママのための駆け込み寺」かと思ってしまいました。(笑)入社後、ある程度仕事を覚えた後は、「リモートワーク」として、自宅やその他の場所で勤務することが認められています。子供の急な病気や家族の介護にも柔軟に対応できるので、出勤前、退勤後に自身や子供の通院がある場合も、この制度をうまく利用して勤務しています。お迎えの可能性が高そうな場合等は前もって上司に事情を説明し、リモートワークの許可をもらうこともあります。そうすれば、通勤時間分、仕事ができますし、急なお迎え要請にも対応しやすくなります。

Smarbyに入社して。

Smarbyの一番の魅力は、上に書いた「リモートワーク」がオープンに認められていることだと思っています。リモートワークという働き方は、私にとっては初めての経験でした。リモートワーク時に大切なことは、十分な情報共有を行うことです。急なお休みが必要な時は、迷惑をかけないように、同じ部のメンバーを中心にslack(チャットツール)で随時コミュニケーションをとっています。また、自分自身の仕事にも常に優先順位をつけ、明日にしわ寄せがくる事態はなるべく少なくするようにしています。
パパママが多いので、何かあったときはみんなが助け合うのが当たり前の社風ですが、そこに甘えすぎないように注意しています。自分の仕事に責任を持ちつつも、無理しすぎず、(それが難しいのですが。)みんなのサポートがあってこそ、今のSmarbyの働き方が実現していることを忘れないようにしています。

Smarbyで実現したいこと。

私は経理の仕事がしたくて入社しましたが、他のバックオフィス業務も挑戦していきたいと思っています。
ただ、入社当初は仕事の領域を広げていきたい半面、「挑戦してみたいが、引き受けてしまって家庭と両立していけるだろうか?」と不安でした。入社して5ヶ月経ち、経理の仕事も少し慣れてきて、今は上司に新たな仕事を少しずつ増やしてもらっています。今後は、経理を中心に人事、法務関連の仕事とどんどん自分のペースで業務の幅を広げていきたいと思っています。

株式会社ストライプデパートメント's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings