1
/
5

人見知りのわたしが、接客業を経て採用と出会い、スペースマーケットでファンづくりをしている話。


スペースマーケットに入社し、3ヶ月が経過しました。あっっという間の日々だったのですが、ここに至るまでの話と今感じてる想い、つらつらと書き残しておこうと思います。

人見知りが接客業を経て採用に出会うまで

もともと超人見知りで、人前にでる機会があろうものなら手も声も震えてしまうような緊張しいだったのですが、学生時代にしたアルバイトで「こんなわたしでも、仕事だったら人と喋れる!」と感動し、接客業で生きていくと決意したのを覚えています。(某有名ファーストフード店だったので、マニュアルがしっかりしていたんですよね。)

老舗の食料卸会社に販売員として就職し長期間働いたあと、ホテルや旅館でレストラン・受付のサービススタッフとなりました。毎日違うお客様を迎えて送り出し、一期一会のコミュニケーションが生まれる日々はとても楽しかったです。

接客業の楽しさを感じる一方で、「シフトが被らない社員とは話したこともないし名前もわからない」みたいなことがよくありました。普段の業務はお客様と向き合う時間がほとんどなのですが、会社や社員のことって実はなにも知らなかったし、考えようと思うこともなかったんですよね。

社外だけじゃなく、社内で積み重ねていくコミュニケーションも経験したい。会社や社員を知りたい。人と接する機会があって会社に詳しくなれそうな職種ってなんだろう?・・・採用か!!そんな思いから突然の方向転換で、採用の道へ足を踏み入れました。

人を採る、ではなくファンを増やす。入社のきっかけ

とある商社で1年程採用アシスタントを経験し、その後は人事としてITベンチャーへ転職。母集団形成から応募者対応、入社の受け入れに至るまで、一連の流れを担当していました。日々「はじめまして」がたくさん発生する採用業務。接客業の経験があったからこそ、一人ひとりへの対応から与える印象の重要性を理解し、大切にしていました。

そんな中でコロナ禍の影響もあったのか、採用活動がうまくいかない時期があり、ひとり人事だったので孤独感や行き詰まり感を感じることが増える日々。そんな時に出会ったのがスペースマーケットでした。

スペースマーケットでは目の前の入社だけでなく、中長期の会社のファンづくりにも重きをおいており、ファンづくりの一貫として採用を行っています。初回の面談で「私たちのミッションはファンづくり。はじめて出会った人にも、一緒に働く仲間にも、全員にまるごとスペースマーケットを好きになってもらいたい!」という想いを聞きわくわくしたのを覚えています。

スペースマーケットのサービスそのものへの愛を語ってくれたり、どんな質問にもオープンに答えてくれたり、自分のやりたいことや足りないことについて丁寧に向き合い考えてくれたり・・・選考を通してたくさんのコミュニケーションを取るうちに、自分がスペースマーケットのファンになっていることに気がつきました。いつのまにか、ミッション達成されていたのです。すごい。

自分と同じ体験を、今度は自分が与えたい。そう思ったのが入社の決め手でした。

▼近隣のスペースを利用した、コーポレートリレーショングループ歓迎会の様子。肉を食べ、酒を飲む。


スペースマーケット「らしさ」

入社して驚いたのは、各チームの採用意識の高さ。それぞれのチームが採用を自分ごととして捉えていて、選考対応はもちろんのこと、スカウトや情報発信などのアプローチ、課題に対してのチャレンジ、一緒になって考え取り組んでいけることに面白さを感じました。採用って採用担当だけでは絶対にうまくいかないので、現場と2人3脚で走れることはすごく心強いです。

採用だけでなく全社としてですが、なぜやるのか、やってみてどうだったか、次はどんなチャレンジをするのか、この思考が根付いているのが特徴だなと思っています。みんな常にフルスロットルで自分ごととして考えているし、それを共有する文化がある。

もうひとつ面白いなと思っているのは、オフィスの景色とコミュニケーション。社内のキッチンカウンターでお昼ごはんを作る社員がいたり、仕事を終えてラウンジで飲んでいる社員がいたり・・・またオフィスの一部を貸し出ししているので、ゲストが作業をしていたりもします。仕事に没頭できる環境がありながらも、いろいろな人の日常が交差しているこの不思議な環境、スペースマーケットらしさだと思います。突発的なコミュニケーションも生まれやすいですね。

▼夜、大量のチャーハンを炒めはじめる同期とわたし。なぜかキッチンにはフリー米とフリーパスタ常備。


「好き!」を生み出しファンをつくる

採用ってお見合いだなと思っていて、まずは興味をもってもらうことが大事で、だけどいいところだけ見せていると後々ズレが生じてしまうし、限られた時間の中で密なコミュニケーションをとってお互いを知っていくこと、本当に難しいなと日々実感しています。それでもわたしと同じように、スペースマーケットのファンになる人はまだまだたくさんいるはず!

星の数ほどある企業の中でスペースマーケットと結ばれていく縁をひとつづつ大切にして、「好き」が生まれるきっかけを作り出していきたいです。「うちの会社、面白いし人が良いんです!」と言うとうさんくさくなってしまうのですが・・・まずはとにかくお話する時間をください!!という気持ちです。

強みもキャラクターもバラバラな、個性豊かな社員が心よりお待ちしております。(わたしたちと一緒に採用を加速させていく、採用担当も絶賛募集中です。お気軽に!)

株式会社スペースマーケット's job postings
23 Likes
23 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more