This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

中途入社して2週間の人事が、中途入社のエンジニアになぜこの会社に入ったのかを聞いてみた。

こんにちは、4月にソフトブレーンに入社した人事の木村です!

もうそろそろ試用期間も終了するので、エンジニアを採用せよとのミッションが与えられました。

…が、これまでエンジニア採用をしたことがないので、中途入社のエンジニアの皆さんに、なぜこの会社に入ったのかを聞いてみました。

『 業務の効率化につながるIT製品に関わりたかった 』


まず声をかけたのは2018年2月に入社した藤原さん。



もともとは、客先常駐がメインのシステム会社に入社。積算システムに1年、販売管理・在庫管理系のシステムを2年ほど担当していたとのこと。

より良い製品づくりに関わりたい、日々ITを活用して業務の効率化を図りたいと考えて多彩に、営業組織に変革を起こすような製品で業務の効率化を図るソフトブレーンの製品コンセプトに惹かれ、入社を決意したそうです。

『 ソフトウェア開発の全体に関われる環境で働きたかった 』


続いて聞いたのは2018年4月に入社した三谷さん。

三谷さんももともとは客先に常駐するのがメインのシステム会社で10年ほど経験を積んだそうです。

しかし、工程の一部ではなくスタートからエンドまで関われ、更にその後がわかる環境で働きたいと考え自社開発のパッケージソフトを持つソフトウェア会社への転職を決意。そのなかでソフトブレーンのソフトウェアは、営業という、技術者からみると正直わかるようで、よくわからないものに対するアプローチをしていることに興味を持ったそうです。

『 お客様に近い環境での開発が魅力的 』



また、三谷さんと同じ2018年4月に入社した小松さんにも聞いてもみました。

小松さんは、ITの専門学校を卒業後、フリーターを経てシステム会社へ入社。

その後、お客様に近い環境で開発ができるソフトブレーンの開発環境に魅力を感じ、ここでなら更なる成長ができると考え入社したそうです。

そろそろ入社から1年が経ちましたが、入ってみて驚いたことを聞いたところ、「上司や経営層との距離の近さ」とのことです。

物理的に席が近いだけではなく、コミュニケーションが取りやすく、企画の相談なども気軽にできるそうです。

また、よく部長や取締役とも冗談を言い合っているが、前の職場では考えられなかったそうです。


そんな小松さんに、ソフトブレーンの魅力を聞いてみました。

「企業理念として「TO BE OPEN TO CHANGE」と掲げているように、様々なチャレンジ・挑戦がしやすい環境ですね。やる気があれば、手を挙げた人に仕事を任せるところも自分に合っていますね。」

さて、今回は3人の中途入社エンジニアにソフトブレーンへの入社の動機を聞きましたが、

こうした魅力をきちんと伝えられるような人事を目指してがんばります!

ソフトブレーン株式会社's job postings
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings