This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【2019内定者ブログ】Vol11#杉野和馬

こんにちは。ソフトブレーンの田口です。

今日は2019年内定者ブログVol.11#杉野和馬をお届けします!

2019年卒内定者ブログは今回で最終回となります!!

#杉野和馬

こんにちは。

3月の内定者ブログは開発職の杉野が担当します。今期の内定者ブログは私で最後になります。とはいっても、今までの流れを受けて総括するような雰囲気ではないので、勝手気ままに書き連ねようと思います。

私は、昨年の12月末まで2~3年ほど本屋でアルバイトをしていました。開発系のアルバイトをすることもできたのですが、学校・自宅ではほとんどの時間をコンピュータとともに過ごしていることもあって、リズムをつけるためにも本屋にしました。

抜群の眺望をかかえる本屋です。


皆さん、本屋というと静謐なひとときを過ごせる空間と思われるかもしれませんが、なかで働く人間にとってはそうではありません。入荷された新刊・補充品の処理、客注品の処理、発注、棚の整理、レジ、返品などなど、課される日常業務は多岐に渡ります。くわえて、このご時世、紙媒体頼みの本屋業界はコストカットに精力的です。

想像に難くありませんが、そりゃあ次第に疲れてきますよね。

一見、私は真面目な人間に思われがちですが(ほんとうか?)、非常に面倒くさがり屋です。サボれるところはサボりたい。しからば即ち、サボる仕組みづくりに必要な労力は毫も惜しまない。そんな人間です。

そこで行動開始です。

まず、観察します。サボる仕組みをつくるにはなによりも観察するスキルが要求されます。全体を俯瞰する「鳥の目」、流れを読み解く「魚の目」、そして細部に目を凝らす「蟻の目」の3つの目が必要です。

ピンときた方もいらっしゃるでしょう。これら3つの目は経済動向を読み解くために必要とされるものです。つまり、サボるということは経済を深く理解することに繋がる行為なのです。


判明したのは、日常業務において自動化できる部分が存在している、ということです。

私が勤めていたところは、webアプリケーションの形態で各種業務処理をすることができるようになっていました。それはつまり、ChromeやFirefoxなどのブラウザでアクセスして、ブラウザ上で各種サービスを利用できるということです。

実は、こうしたブラウザはプログラムで制御することができます。

メジャーなところを挙げるとSeleniumという名前のライブラリを使用することで、少しプログラムをかじったことのある人であれば直感的にプログラムを組むことができます(使いようによっては違法性を問われることもありますので、注意してください)。

詳しい実装手順は文字数の制約のうえで割愛しますが、お手製のプログラムのおかげで私は無事、サボる仕組みをつくることに成功しました。空いた時間は、”建設的かつ生産的”に活用しました。ほんとうです。

……おや?コンピュータから離れる時間を設けるつもりで始めたアルバイトなのに、結局離れることができていないですね。

どうやら人生、そうそう容易く手綱を渡してくれやしないようです。

※トップの写真は15年間連れ添った愛犬です。全部可愛い。

杉野和馬

ソフトブレーン株式会社's job postings
Anonymous
41ef5b8f b0fb 4cd6 9239 80265049fa39
Picture?height=40&width=40
2 Likes
Anonymous
41ef5b8f b0fb 4cd6 9239 80265049fa39
Picture?height=40&width=40
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon