1
/
5

What we do

現役講師から、実践的なAIスキルを学べる環境
日本ディープラーニング協会の認定1号企業
【会社概要】 スキルアップAIは、AI人材育成・組織構築を支援するスタートアップです。 日本ディープラーニング協会の認定1号として、AI業界ではパイオニア的ポジションを確立しています。設立5年目で既に4万人が受講。日本を代表する大企業を中心に、500を超える法人を対象にサービス提供を行い、創業から黒字経営を続けています。 様々な人材育成サービスが溢れる中、戦略コンサルティングファームや他の研修企業では叶えられない「実務で使えるスキルの獲得」を通じた組織変革や人材育成サービスをご提供しています。 実務経験豊富な一流データサイエンティストが講師を務めることはもちろん、アクティブラーニングや反転学習の要素を取り入れたインタラクティブな講義スタイルで実施しています。 「企業のDXを人材育成を通じて実現する」を合言葉に、単なる座学ではなく、企業独自データを使ったトレーニングプログラムの開発など、一社一社に対してオーダーメイドのご提案しています。 【事業内容】 ■AI人材育成事業 ■AI特化人材紹介事業 ■AI開発・データ分析コンサルティング ■Webサービス開発(資格対策アプリ、学習管理ツールなど) ■新規事業 ※大人の学びだけでなく、中高生むけのAI教育プログラムを開発。 https://www.skillupai.com/skillupai-youth/ ※AIに留まらない「先端技術領域」の学びを加速するため、GX(グリーントランスフォーメーション)人材育成などの新規サービスも開発しています。 https://green-transformation.jp/

Why we do

自社開発のシステムを使用したオンライン講座をいつでもどこでも受講可能
書籍の出版やイベント出展を通じてAI学習の必要性を啓蒙
【人生100年時代における社会課題】 テクノロジーが進み、「人生100年時代」と叫ばれるいま。 生き方そのものはもちろん、働き方も大きく変わり、個人も企業も激しい変化に対応し続けていくことが求められる時代。 そんな今だからこそ、「大人の学び直し」「組織の再教育」が注目されています。 しかし、新しいことを“実践レベル”で学べる場所は多くはありません。YouTubeなどの無料コンテンツはありますが、断片的に得た知識を実践につなげるのは困難です。そこで、体系的に先端領域の知識・スキルを身につけられる場所が求められています。 企業も、急激なテクノロジーの進化についていけなければ、衰退を余儀なくされる時代。 だからこそ「再教育」により、全社的なデジタルリテラシーの底上げで、組織力強化を急ぐ必要があります。 【なぜ今、AI人材育成なのか?】 企業におけるAIの活用・DX推進の課題は様々ですが、その中でも「AI人材不足」の課題はほとんどの企業が感じており、2020年時点では4.4万人のAI人材が不足、2030年には12.4万人まで拡大すると言われています。いまやAIを含むデジタルリテラシーは、企業の存続のため、個人がビジネスパーソンとして活躍し続けるために、必要不可欠な時代となっています。

How we do

業務中の様子
様々な年齢層のメンバーがフラットな環境で活躍しています!
【メンバー】 ■多様なバックグラウンドのメンバー リクルートや大手建設企業において、AIやデータのビジネス活用を推進していた経営陣や、働きながらドクターとしてAIの研究をし論文採択されているデータサイエンティストなど、AIに精通した人材が揃っています。 ただ全員が入社時にAIを始めとした先端領域に深い知見を持っているわけではなく、異業種から入社しゼロから学習をしているメンバーも多数おります。 ■組織構成 社員は20名、業務委託メンバーを含めると全体で140名程の組織です。役職や雇用形態に関わらずフラットに業務を行っています。 【働き方】 ■フレックスタイム制 フレックス制となっており(コアタイム:11:00-15:00)、月間の総労働時間が所定を満たせばOKなので、「1日8時間以上、集中して働く日」「コアタイムだけ早めに帰宅」など、メリハリのついた働き方が可能です。 ■ハイブリッドワーク 「家庭の事情で今日はリモート」「上長と密にコミュニケーションを取りたいので出社」など、状況に応じて出社とリモートを組み合わせて働いています。