This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

ずっとフリーで働こうとしていた私がリモートエンジニアとしてセンセイプレイスに入社した理由


こんにちは。センセイプレイス株式会社でエンジニアとして働いている、上戸鎖(かみとくさり)千代と申します。

私は専門学校を卒業したのち、「システムエンジニアって何?」という状態で、SEとして就職しました。

その後、会社員生活を過ごしていたときに、ふと「私が本当にやりたいことは何なのか」と考えるようになりました。

それをきっかけに、5年勤めたのち退職し、フリーランスになりました。

しかしその後、フリーランスとして働いているときも、「もっと人間のコアな部分に響く仕事がしたい」という思いを抱えるようになりました。

そんな風に思っていたある日、たまたまセンセイプレイスのWantedlyを見て「ここなら私のやりたかった仕事ができるかもしれない!」と思い、入社することを決めました。

センセイプレイスで働いている今は、会社員・フリーランス時代にくらべて、毎日がとても充実しています。

こんな思いを様々な人に経験してほしいと思い、当記事を書いています。

当記事が、

「エンジニアとしての仕事は楽しいけれど、もっと自分のやりたいことができる環境で働きたい」

と考えている方に、少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

もっと学びながら成長したい。そんな思いを胸にフリーランスに。

私は新卒でSEとして就職しました。当時こそ、プログラミングを全然知らなかったのですが、やっていくうちにどんどんのめりこむようになりました。

プログラミングの楽しさに魅せられ、「この仕事をずっと続けられたらいいな」と考えるくらい、プログラムを組むことに没頭しました。

しかし、だんだんと違和感を感じるようになりました。私自身はもっといろいろなことを学んで成長したいと思っていたのですが、そのための環境がなかったのです。

このまま会社にいても、何かのエキスパートになることはできないと、だんだん感じるようになりました。さらに、ふと立ち止まった時に、「自分は何する人なんだろう。何ができるようになったんだろう。」と感じ、残ったのは無力感だけでした。

将来への不安と焦り。体力的にもこのペースで働き続けると体を壊す。

そんなことを思いはじめたことをきっかけに、会社を辞めて、フリーランスになることを決意しました。

フリーランスになって成長できた。ただ、ぬぐい切れない不安が。

新卒で入社した会社を辞めて、私はフリーランスになりました。

フリーランスになってみて良かったことは、

・自分のペースで仕事ができるので体調が良くなった

・色々な勉強会に参加して、学習意欲のある優秀なエンジニアたちから刺激を受けることができた

・勉強時間が増えたことで技術力がアップした…etc

など、たくさんありました。

フリーランスになったことで、時間と自由を手に入れることができ、余裕を持てたことで、学ぶ機会をたくさん手に入れることができました。

ただ、そんなフリーランスでも、つらいことはありました。

まず1つ目は、仕事があるときとないときのギャップ。仕事が集中して押し寄せてしまった時に、1人では消化できないためお断りすることが増えてしまいました。でも、仕事が途切れてしまうこともあり、仕事が集中した時とのギャップが大きいことに不安を感じるようになりました。

2つ目は、仕事の管理が大変だということ。仕事が集中して押し寄せてしまった時に、無理して受注してしまうこともあり、その場合は朝早くから深夜まで働いてしまい、また体を壊しそうになってしまうこともありました。1人の力の限界を感じることとなりました。

最後に、成果物に対する違和感。出来上がる成果物に満足はしていたが、商業的なものではなく、もっと人間のコアな部分に響く仕事がしたいと感じるようになりました。例えば、心を豊かにする部分だったり生活の質を向上させるものだったり、そういったものに関わっていきたいという思いが強まっていきました。

「フリーランスをやめて、また新たに会社に勤めようか」と悩み始め、会社探しをスタートさせることに。


センプレと出会った。業務内容から勤務体系まで、すべてがぴったりの場所だった。

フリーランスになってよかったことはたくさんあったものの、新たな違和感を感じはじめ、あたらしい勤め先を見つけるために、なんとなくWantedlyを眺めていました。

最初はいい会社が見つからず、だんだんとWantedlyを見なくなり、就職を諦めはじめていました。

そんな諦めかけたある日、「ここなら私がやりたかったことが、できるかもしれない!」

と思わせてくれるような会社を見つけることができました。

それが、私が今働いているセンセイプレイスです。

まず、「「教育』から『共育』へ」というセンプレのミッションに深く共感を覚えました。もし、このプロジェクトに関わることができれば、私が望んでいた「人間のコアな部分」に関われるのではないか、と感じテンションが上がりました。

しかも、業務内容もこれまでの技術を生かせる分野であり、完全リモート可とのことで、何から何までぴったりの場所でした。

とにかく嬉しくて、家族にセンプレで働きたいと話したところ、私がこんなにテンションが上がることはあまりないようで、良い会社が見つかったことを一緒に喜んでくれました。

センプレに正式にジョインするまでに、社員の方全員とオンラインで話したり、アジャイルミーティングに参加したりしました。そこで、リモートの人も含めて、チーム全体が同じ目的に向かって、信じられないほどの熱量で働いていることを肌で感じることができました。

また対話を大事にしているチームだなということも感じて、「この人たちと一緒に働きたい」という思いが強くなっていきました。

働きはじめて6か月が経った今も、「センプレに就職して本当によかった」と心から思っています。


北海道からのリモートワークでも感じる、センプレの一体感と熱さ

センセイプレイスの魅力として、完全リモート可であるという点があります。私は北海道に住んでいて、かつ子供も2人いるため、完全リモート可というのは非常にありがたかったです。

しかも、センセイプレイスはリモートであるのに、まるで自分がそこにいるかのような一体感と熱量を感じることができます。

私もはじめは「リモートだと、どうしても疎外感を感じてしまうのではないか」と不安に抱えていました。しかし、センセイプレイスでは、疎外感を感じるなんてことは一切なく、いつも出社していると思えるくらいの一体感と熱量を感じることができています。

なぜ、センセイプレイスはリモートであるのに、それほどの一体感と熱量を感じることができるのか。それは、圧倒的コミュニケーションの多さと昼会・開発合宿の存在がかなり大きいです。

センセイプレイスでは、毎日午後2時に昼会というのを行っています。昼会では、その日に会社にいるメンバーが午前にやっていた仕事や、2時以降にやる仕事や近況などを報告します。

リモートエンジニアとして働いていると開発以外のメンバーとのかかわりが希薄になりがちですが、昼会があることで、開発以外の社員さんや学生インターンの子たちともコミュニケーションをとることができています。

センプレをリモートだと思えないもう1つの理由に、開発合宿というものがあります。開発合宿とは、普段リモートで働いているメンバーが東京に集まり、実際に開発したり、開発フローにおける改善をしたりするものです。

開発合宿をすることで、リモートだけよりさらにお互いを深く理解をすることができたり、メンバーとの絆をより深めることができています。

センセイプレイスでは、リモートのメンバーもまるでそこかにいるかのような熱量と一体感を感じることができます。「リモートワークを望んでいるけれど、会社で疎外感を感じそうで踏み切れない……」と悩んでいる方には、ぜひセンセイプレイスの熱さを体感してほしいと思います。


センプレなら「人間のコアの部分」に関われる。そんな熱い体験を、熱い仲間たちとともに。

センセイプレイスは、本気で日本の教育を変えようとしています。

そんな「人間のコアの部分」に関われるような仕事を、熱い仲間とともにできる環境がセンプレにはあります。

・フットワークが軽く「まずはやってみよう」と動ける人。
・アジャイルなチームを一緒に作っていきたいと思ってくれる人。
・学ぶことが好きな人
・リモートエンジニアとして働くことに不安を抱えている人

こんな人たちと、センプレで一緒に働けることを心から願っています。


執筆:上戸鎖 千代
編集:高橋 圭佑

センセイプレイス株式会社's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings