1
/
5

【プロフェッショナル PM/PLの流儀vol.9】「チームの雰囲気はリーダーが決める」オフショアPJをリードするブリッジSEのチーム作りの秘訣とは。

ミャンマーとのオフショアプロジェクトのブリッジSEとして活躍しながら、社内チームのリーダーとしてメンバーマネジメントにも携わられているテッテッさんにお話をお伺いしました。

■入社のきっかけ

ーシアトルに入社される前は何をされていたのですか?

最初のキャリアとしては、ミャンマーにある日系のシステム開発会社に入社し、
JavaやC#.NETなどを用いたシステム開発を行っていました。

入社して2年過ぎたころに日本の会社で働かないかというオファーをいただき、
名古屋のシステム開発会社に転籍することになり、
主にJavaやVB.NETを用いて、メーカーの業務システム開発を約8年間携わっていました。

その後キャリアアップも含めて東京で働きたいと思うようになりまして、
友達や知り合いも多く在籍しているミャンマーと関わりのある会社のシアトルの選考を受けました。

ーシアトルに入社した理由は何ですか?

社員の成長のために考えてくれる会社と感じたからです。
私はシアトルに入社する前にJavaの経験はありましたが、Web系の経験はありませんでした。
クラウドも全然触ることができなかったのですが、
シアトルだと新しい技術にも挑戦できる機会があると知ったのは大きかったです。

選考中にも「将来は何をやりたいのか?」という話をたくさん聞いていただいたので、
社員のスキルアップのためにも考えてくれている会社だなと思い、
この会社で成長していきたいと思い、シアトルに入社を決めました。

■仕事の内容

ー今はどのような仕事をしていますか?

ブリッジSEとしてミャンマーとのオフショアプロジェクトに携わっています。
ミャンマー側には2~3名のプログラマーがいまして、そのメンバーのマネジメントを担当しています。

私がマネジメントするメンバーはミャンマーにいて、対面でのコミュニケーションができません。
その分、一緒に仕事をする人の気持ちを理解するように心がけています。

プロジェクトを進めていく上でスキルは非常に大切ですが、
どんな想いを持って仕事に取り組んでいるかも大切だと考えているので、
どんなスキルを磨いて、どのようなキャリアを歩んでいきたいのか、
プロジェクトのどんなところに興味を持ってくれているのか
、を最初に聞くようにしています。

その上でメンバーの将来を考えた時にどのようなタスクを任せるべきかを考えています。

一緒に働くメンバーにもプロジェクトから何か得てほしいと考えているので、
メンバーの将来も見据えて話をするようにしています。

また、日々の仕事内容としてはマネジメントだけでなく、
エンジニアとして、技術の調査や開発も担うこともあります。

運用保守プロジェクトだと、今日修正して、今日中にリリース対応を行うケースもあるので、
緊急対応でサーバーのエラーを見て調査・改修を担当することもありますし、
ミャンマー側のタスク状況を確認しながら、タスクの依頼をすることもあります。

限られた時間内で遂行しなければいけないので、
漏れなくタスクの洗い出しを行って、それぞれのメンバーの状況を把握して、
優先度の高いタスクから消化するようにすることで、プロジェクトを円滑に進められています。

■リーダーとしてのポリシー

―リーダーとして仕事をする上で大切にしていることはありますか?

ポジティブであることを大切にしています。
もし私がポジティブに仕事をしなければメンバーもポジティブに仕事ができないと考えています。

例えばリーダーが困った顔していたら、メンバーも不安な気持ちになってしまうと思いますし、
リーダーが多くの人がいる前で叱るような方だったら、気持ちよく仕事することはができないですよね。

シアトルでは自分ひとりで開発しているわけではなく、チームで開発しているので、
一緒に働く人がどう思うのか、気持ちよく仕事をするにはどうすべきかを考えた結果、
ポジティブに仕事をすることを大切にしています。

■今後のキャリア

ー今後はどのようなキャリアを歩んでいきたいですか?

PMやシステムコンサルタントとしてキャリアを積んでいきたいと考えています。

前の会社に所属していたときに、社内でPMBOK研修を受けまして、
その時に将来どうすればいいかを考えた時、システム開発を中心にキャリアを進めていくならば、
プロジェクトリーダーからプロジェクトマネージャー、
そしてその次にコンサルタントというキャリアがいいのではないかと思ったのがきっかけです。

前職の社長も同じようなキャリアを歩んでいて、いろんな国で起業して、
コンサルタントとしても活躍されていて、
非常にポジティブな方だったので、私もそれに見習って明るく仕事をしています。

■シアトルの魅力とは

ーテッテッさんの考えるシアトルの魅力とは何だと思いますか?

頑張っている社員のため、挑戦できる機会を与えてくれるところですね。
私自身、シアトルに入社して2年目でチームリーダーやブリッジSEのポジションに挑戦できています。

先のキャリアを見据えながら挑戦していくことができるのは魅力だと思いますね。

あとは会社の理念が明確で、「TeamTech Move the World」のミッションに向かって頑張っているメンバー、そして協力的なメンバーが多いので、お互い助け合いながら成長できるのも魅力です!

ー最後に一言お願いします!

シアトルではミャンマーを活用したオフショア開発を行っています。

将来的にはオフショア開発のブリッジSEやプロジェクトマネージャーとして挑戦したいという方と一緒に頑張っていきたいです!

シアトルには一緒に挑戦したいと思えるメンバーが多くいます!
正直に話せる関係性を持っているチームも多くありますので、一緒に成長していきましょう!

ご応募をお待ちしております!

シアトルコンサルティング株式会社's job postings
16 Likes
16 Likes

Weekly ranking

Show other rankings