1
/
5

社員インタビューVOL.2 ー取締役 尾形のSTORYー

こんにちは!株式会社Sapeet(サピート)人事担当です。

Sapeet(サピート)ストーリー第2弾は、“ソリューション事業をリードする 尾形”へのインタビューです!尾形の経歴からSapeet入社のきっかけ、Sapeetのソリューション事業・ポジションについてなど、盛りだくさんの内容をお届けします。

Sapeetソリューション事業をリードする尾形が何を考えているのか!必見です!!

尾形には、以下の内容をインタビューいたしました。
・Sapeet入社までの経歴は?
・Sapeet入社のきっかけは?
・Sapeetのソリューションセールスとは?
・ソリューション事業で必要とされる人物とは?

ご興味を持っていただける内容です!ぜひ最後までお読みください!

<プロフィール>
株式会社Sapeet 取締役ソリューション事業部長 尾形 友里恵
2010年4月、東京大学入学。4年間アメリカンフットボール部でトレーナーとして尽力。2015年4月に新卒で日本IBMにコンサルタントとして入社。6業種7案件のプロジェクトを経験した後、2017年11月に株式会社ITプロパートナーズにて営業を経験。2018年10月より大学時代の友人の会社である株式会社Sapeetにジョイン 20代のうちに営業経験、マネジメント経験、0→1の立ち上げ経験を積むべく、日々精進しています!

では、色々とお話しをお伺いしていきますね。よろしくお願いいたします!

ー“必要とされる人間”になりたいー

ーーまずは尾形さんの経歴を教えてください。あっ!その前にご結婚おめでとうございます!

えっ!あっ!ありがとうございます・・・!(笑)

ーー突然すいませんでした。最初にお伝えしたくて・・・

改めて尾形さんの経歴を教えてください。

びっくりしましたよ!!(笑)では気を取り直して、まずは大学時代からですね・・・

東京大学に入学して、それまで経験してこなかった、体育会系の“スポ魂”を経験したくて体育会アメリカンフットボール部にトレーナーとして入部しました。
もちろんプレーヤーはムリだから、小さい時から、頑張っている人のサポートをしたい!必要とされる人間になりたい!と考えていたのでトレーナーとしてです!
トレーナーとはいえ、部活動に時間をとられてしまい正直勉強はしてないなぁ・・・という想い出です(笑)
しかし、トレーナーとしての知識と実益も得られる、アルバイトも頑張っていましたよ。アルバイトは整骨院の受付事務でした。ここで今のプロダクトにつながる知識や経験を積むことができました。
アメフト部のトレーナーとアルバイトの両方で、大学時代は“必要とされる存在”になれたような気がしました。

ーーここで接骨院(治療院)との接点ができるわけですね?

そうなりますね。でもこの時はこのアルバイトがプロダクトにつながるとはですね(笑)
しかし、整骨院の仕事が割と煩雑で、紙の書類が多い仕事だな・・・とは感じていましたね。
でも今の“治療院DX”につながるのはもっともっと先の事ですね(笑)

ー“失敗する経験”をしよう!ー

ーーでは、大学卒業してからのことを伺ってもよろしいでしょうか?

はい。大学卒業して、IBMに入社しました。
IBMではコンサルタントとしてクライアントの新規事業構築支援や中期経営計画立案の提案やサポートをしていました。
あっ!ここでもまたサポートですね(笑)
やっぱりここでも“必要とされる人間になる”ということで、より多くの経験・知見をえることができるコンサルタントを選んだような気がしますね。
その後、若いうちに辛い・失敗経験がしたいと思い、IBMとは真逆のスタートアップ企業に転職しました。ここでは、未経験で営業や採用を担当して、本当に初めての経験や失敗も経験できました・・・
IBMでは経験できない、スタートアップならではの“計画を立てる前にすぐに行動しなくては・・・”というスピード感を経験できました。
この時代は、必要とされるのであれば、“苦もなくなる”という体験ができました。

本来、わたしは最適な方法・計画を立てて、成果につなげたいという考えなのですが、この会社ではまず行動してみて、その後で軌道修正していく、もしくは止めるということを繰り返していくという成果とならないことも多く、悩んだこともありましたね。でもここでの経験は、今のSapeetのスタートアップ企業ならではのカルチャーとしてメンバーにも伝えることができてますね。

ーーそこでいよいよSapeetの入社になるわけですね。入社の経緯を教えてください。

そうですね。Sapeet代表の築山とは大学の同期でアメフト部でもプレーヤーとトレーナーという立場でした。卒業後も近況報告をしながら『スタートアップ企業のトップは何を考えているのか?』なんて質問してましたね(笑)
以前から私も起業したばかりのフェーズの会社に入って必要とされたいという漠然と考えていて、そんな時に、築山より『Sapeetに入社しない?』と言われて、少し悩んだのですが、
Sapeetで“必要とされる人間”と言ってくれたのであれば・・・と心を決めて入社しました。

ーー当初からソリューションセールスを統括していたのですか?

築山からのオファーは『開発とプロダクトマネージャー以外は全部やって』だったのでなんでもやりました。私もこんなオファーをよく受けたなって思ってます(笑)
しかし、これもクライアントの新規事業や組織構築やプロセス構築などを提案・開発・サポートしている現職にも大いに役立ってますね。

でも、さすがに大変でした(笑)

ー“ソリューションセールスはプロデューサー”ー

ーーそして現在に至るということですね。では今のソリューションセールスについて教えてください。

一言で言うと『 Sapeetの技術・メンバーを活かして、お客様の求める新しい体験を共に創造するプロデューサー』ですかね。
今は、アパレルや治療院などの店舗のノンデスクワーカーに向けて、生産性高く・効率的に業務を進め、接客の質向上にもつながる、いわゆる店舗DXを推進するソリューションを企画・提案しています。

私は、代表築山の考える世界観が好きで、それは、人間社会を物理で捉えているんですね(笑)
前に築山が話しをしていたのですが、
『人間の身体は身体性と精神性を持っている。Sapeetは人間が物理的な身体を持っていることによって生まれる課題を解決する』
という考えを持っているんですね。
要するに、人間が生きている、働くことで生まれる感情的な課題も含めてロジックで解決しようとしているんですね。
このような切り口で社会を捉えてサービス化をしている会社は多くはないと思っています。

ーーすごい壮大なテーマを考えて提案しているのですね。今手がけている案件を少し教えてください。

今は、身体解析の技術を接客のフックにして、接客を科学的に分析し、接客を仕組み化・フロー化し、シームレスな体験ができるシステム開発やソリューション提供をしています。
例えば アパレルの店舗で、お客さんの歩き方や姿勢でお客さんを過去データから特定して、接客効率を上げるとか、フィット性が求められるが、その採寸に時間と労力が費やされる制服の採寸を体型分析システムで時間短縮化、生産性を向上させるなどこのような案件の企画・提案・設計・開発までを行っています。

ーー色々な案件が同時並行で進行中なんですね。ではまだまだ優秀な人材が必要ですよね。尾形さんはどのような方にジョインしていただきたいですか?

まずは、コミット力がある方ですね。ゼロから創り上げなくてはいけないので、何があってもどうにか仕上げる力が最重要ですね。
またゼロから創り上げるには、試行錯誤が大事なので、議論ができる人というのも大事です。議論の中で、抽象と具体の上げ下げができる。視座・視点を変えることができる。このような強みがある方は特に活躍が早いと思います。
そして、新しいことが好きで、固定概念が強くない方だと、日々の業務に一緒にワクワクできると思います。

私たちのミッションはこれまでの常識を塗り替えて、お客様の新しい体験づくりや、新たな収益の柱を構築するシーンで伴走していくイメージです。
このイメージが共有できれば尚良いです。

ーーかなり盛り沢山ですね・・・(笑)

そうですね。でもやっぱりゼロイチで創り上げることを、苦労しつつも楽しんでやり切ることができる人ですね!

ーー尾形さんインタビューに多くのことをお答えいただきありがとうございました!

ソリューション事業部長 尾形のインタビューはいかがでしたでしょうか?

インタビュアーとして感じたことは、非常にストイックに仕事に取り組んでいる人だなと思います。
その仕事への取り組み方は、常に『周りから必要とされる為には?』と自分に問いかけ続けて行動しているのだと思います。
尾形さんのように、自己実現の為に行動ができる方私たちSapeetでともに組織を成長させながら、ご自身も成長していきましょう!

まずはカジュアルにお話ししましょう!

株式会社Sapeet's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings