1
/
5

社員インタビューVOL.1  ーCEO 築山のSTORYー

初めまして!株式会社Sapeet(サピート)人事担当です。

Sapeet(サピート)の記念すべき初ストーリーは、“CEO 築山”に創業エピソードやこれからのSapeetについて語っていただきました!築山への初めてのインタビュー記事となります。必見です!!

築山には、以下の内容をインタビューいたしました。
・どのような経緯で創業に至ったのか?
・創業してから今日までのエピソードは?
・これからSapeetが目指すべき姿は?
・どのような方と一緒に仕事がしたいか?

築山がありのまま、正直に語っております。ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ最後までお読みください!

<プロフィール>
株式会社Sapeet 代表取締役  築山英治
東京大学在学中に体育会アメフト部に所属し、体型の変化(60㎏→100㎏)から服に困ったことをきっかけに大学院にてクラウド着装シミュレーション(3Dネット試着)の研究に従事した後、株式会社Sapeetを立ち上げる。
3DCG/機械学習技術を用いたカラダの解析サービス(体型推定、姿勢分析、etc)に注力し、自社プロダクト【シセイカルテ】をリリース

では、色々とお話しをお伺いしていきますね。よろしくお願いいたします!

ー アメフトから学んだ“マネジメントの心得”とは ー

ーー築山さんの起業に至る経緯を教えてください。

起業をしたい!とは実は高校時代から考えてました。
学生時代に学級委員をやるなど、元からリーダーというものへの憧れが強かったのと目立ちたいという性格もあって、漠然と会社でもトップとして働きたいと思っていました。
できるだけ短期間で会社のトップになるには、と考えたら起業するほうがよいかなと…
なので東京大学に入ってまずTNKという起業サークルに入りました。起業サークルでイベント運営などを行ってましたが、大学1年の夏に甲子園球児を見て学生時代にしかできないことに集中したいと思い直しました。

じゃあ、何をしようとなるのですが……

大学から始める人が多いスポーツの中から決めたのが、“アメリカンフットボール”でしたね。

非常に頭を使う競技ですし、それに、アメフト部は夕方から練習で朝が弱い自分にぴったりでした(笑)でも現実は、簡単には試合に出れず、怪我もよくしていたので、モチベーションもそこまで正直高くなくなっていた。しかしそんなところ、大学3年の時に、ポジション変更を命じられ、ひとまずそのポジションに取り組んでみることにしました。そこからそのポジションが自分に合っていたのか、段々いいプレーもできるようになり、試合に出場できるようになりました。

こんな経験から、適材適所の大事さを強く感じ、組織のなかで、いろんなポジションとメンバーがいる中で、そのメンバーに合うポジションで高いパフォーマンスを発揮できる場を用意する
というマネジメントの心得みたいなものは実感しながら学ばせてもらいました。

ー 大学時代 アメフトで太ったから起業を志す? ー

ーー大学卒業して、すぐに起業したのですか?

実は、アメフトに集中しすぎて半年留年したんですよね(笑)
だから、大学院に入り“起業したいと思うテーマで研究しよう!”と思ったんです。
じゃあ研究テーマは何にしようかな?となるのですが、割とすぐ“オンラインで試着できるシステム”を作ろう!となりました。
アメフト部時代に、入部当初60kgだった体重も100kgほどになっていたので、オンラインで服を購入したら、パツパツで着れなくて...という実体験からオンライン上で3Dの自分の体型のアバターで3Dの洋服を試着できるシステムを作るしかないかな、と・・・
そして大学院で研究を通じて、このシステムがなんとか動くようになったこともあり、この技術領域で起業しよう!と行動に移してました。

ーー今、そのまま3Dモデリングの試着システムどうなってますか?

ここで開発した試着システムは、そこそこのものが開発できて、実際何社か導入してくださったのですが、費用対効果を感じていただくには遠いサービスでして、使っている技術の高さとサービスの良さは比例しないんだなと学びました。

ーーなるほど、それからどう盛り返していったんですか?

実際いろんな企業様と話す中で、このシステムの一要素の体型を推定したり、その推定結果をモデリングしてアバターを作るという技術はニーズがあるなと感じていたところに、現在親会社であるPKSHAとアライアンスを組むことができました。

それから、体型分析のみならず、姿勢や顔などの身体の分析技術を研究開発しながら、多くの企業に商談や展示会などで提案できる機会をいただく中で、自社プロダクトである“シセイカルテ”の原点である姿勢分析システムのニーズを掴むことができました。そこからプロダクト開発にも力をいれることになりましたね!

そこからは、2020年1月の“シセイカルテ”リリースまで本当に寝る間も惜しんで駆け抜けましたね(笑)


ー これからのSapeet Vision ー

ーーそして、現在のSapeetに至るというわけですね。これからどのようなことをしていきたいですか?

身体情報が活用できる仕組みづくりです。

身体データは、もっと活用できるはずではあるものの、現状そのデータをきちんと蓄積し活用できている事例は少ないです。そのため、多くのユーザーは、自分の体型や姿勢や肌など身体に合っていないサービスを受けたり、商品を手にとっているケースが多くあります。身体のプロが接客していれば良いのですが、まだまだ経験浅いスタッフが対応していたり、そもそもオンラインであれば、難しいのが現状です。

その一歩としてまずは、自社プロダクトである“シセイカルテ”で治療院などのへルスケア業界のDX化を行い、治療院の経営者やそこで働くスタッフの方々をサポートし、よりエンパワーメントできる機能をどんどん提供していきたいと考えています。例えばAI姿勢分析機能では、ユーザーの姿勢情報に合った施術を納得して受けられるような仕組みを提供しております。
また、そのような身体情報が電子カルテ機能と連携した形で蓄積され情報アクセスがスムーズになります。それらの機能を備えるプロダクトが現場に寄り添いながら、治療院の利用者の体験がより良いものとなり、業界全体が盛り上がると考えています!

また、わたしたちは姿勢のみならず、体型や顔などの様々な身体データを取得・分析する技術をもっていますので、サービス提供にそれらの情報が不可欠な他業種に向けた展開も進めております。

多くの接客スタッフが、ユーザーの身体情報に合わせて最適なサービスをお届けできるようになるツールを提供し、そういう”おもてなし”に寄り添いながら、様々な業種での顧客体験を変えていくことを考えています!

ーー築山さんのビジョンを具体化する為には、まだまだ優秀な人材が必要ですよね。
最後に築山さんはどのような方にジョインして欲しいですか?

正直、今のSapeetは整っていないことの方が多いです。この現状をブレイクスルーする為に、自分が会社に何ができるのかという視点で物事を考えられる人、考えるだけでなくゼロイチで物事を創造し、行動ができる人にジョインして欲しいです。
あと、アメフトがそうなのですが、“頭はクールに、心は熱く”というカルチャーに順応できる人が良いですね。
これもアメフトにも通じるのですが、チームで行動できる人も付け加えたいです。
チームで意見を出し合って、仕組み化をして、行動し、改善をしていくことができる方とぜひ一緒に働きたいです。
このような方にジョインしていただけたら、必ず結果が出る組織へと成長して、一緒に
面白いことができますね!
私たちSapeetの成長するために、ぜひ色々な方とお話しをしたいです。私たちのビジョンに共感できる方を待ってます!

ーー築山さんインタビューに正直にお答えいただきありがとうございました

CEO築山のインタビューはいかがでしたでしょうか?
インタビュアーとして感じたことは、物静かに淡々と話しをしながら、熱くビジョンを語ることのできる人物である。
これは、理系の勉強をしていつつ、体育会系部活で勝利に向けて励んでいた築山ならではなのかと思いました。
私たちSapeetは、ともに組織を成長させながら、ご自身も成長できる方を多くのポジションで募集しております。

まずはカジュアルにお話ししましょう!

株式会社Sapeet's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings