1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

小売店がセルフレジを導入するメリット・デメリットを解説!

セルフレジには2つの種類が存在する

セルフレジは、「フルセルフレジ」と「セミセルフレジ」の大きく2種類に分類できます。

当初、日本に登場したのはフルセルフレジでした。2003年に、イオングループが“レジ待ち”の解消策として導入しましたが、バーコードの読み取りに慣れていない買い物客が多く、結果としてあまり定着しませんでした。

その後、従来どおり従業員がバーコード読み取りを行うセミセルフレジが登場しました。買い物客にとっての負担が少なく、バーコードが読み取りにくい場合や、タイムセールでバーコード対応していない割引商品にも従業員がすぐ対応できるため、“レジ待ち”の解消に期待をした店舗が導入を進めています。

セルフレジ導入のメリット

1台の商品スキャン機に対して複数の会計機を設置することで、後ろに並んでいる買い物客を気にして精算を焦る必要がなくなります。

また、セミセルフレジは商品バーコードの読み取りを従業員が行うため、「代金のお預かり」「レシートと釣り銭のお渡し」などが不要で、レジ業務のスピードを改善することもできます。従業員が現金を触る必要がなくなるため、衛生環境の向上にもつながるでしょう。

さらに、レジ業務のスピードが上がることで、レジ台数圧縮などのコスト削減効果や人員の最適化にもつながるほか、レジ業務に割いていた時間を別の業務に充てることもできるため、生産性を向上できるというメリットがあります。

セルフレジ導入のデメリット

フルセルフレジの場合、操作に慣れていない買い物客がいることを想定する必要があります。また、レジの機械トラブルや万引き対策のためにも、サポートする従業員を近くに配置しなければなりません。

さらに、年齢確認が不十分になってしまうのもフルセルフレジのデメリットです。たとえ年齢確認が画面に表示されるタイプのレジでも、買い物客の「自己申告」に頼らざるを得ないため、特に酒類を取り扱う店舗には適しません。

そのため、このような課題が懸念される場合には、セミセルフレジの導入が適しているでしょう。

ただし、セミセルフレジについても、高齢者や障害者への対応には注意が必要です。セミセルフレジの会計機はタッチパネル式が主流ですが、買い物客が操作できない可能性もあるからです。そうした買い物客にも対応できるように、従来型レジを残して併用するなど、多様なニーズを考慮した店舗設計をすることが重要です。


そして、株式会社Samuraiでは、QRコード支払機能を搭載した「Samurai Order」を用意しています。本コラムをお読みいただき、興味をお持ちになった方は、ぜひ一度、お問い合わせください。

株式会社Samurai's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more