1
/
5

課題解決を自分の長所に変換することが出来るとベスト!【21卒ブログ】

自分の描きたい未来について、サクラグの若手メンバーに話を聞く『君はSAKURUGで、どう変える?-ALWAYS BE A GAME CHANGER!-』。

今回は、21卒セールスユニットの畠中さんにお話を聞きました。


こんにちは!21卒の畠中です。

SAKURUGに入社し早5カ月が経ちました。

本当にあっという間で、手探り状態の中、先輩社員の皆さんの温かさに助けられながら走り続けることができました。

今回は私がSAKURUGに入社以来、初めてのブログになります。学生の時と比較し、社会人を経験してみてどう変化が起きたかを頭の片隅に置きつつ話していきたいと思います!


▶I did:行動してきたこと

まず、私がこれまでに行動してきたことは、「分野に囚われない学びへの挑戦」です。

東京への憧れと環境を変えて広い世界を知りたいと考え、関東の大学進学と同時に兵庫から上京しました。大学ではこれまで触れることのなかった社会福祉学を中心に、貧困、障害、高齢化などの様々な社会問題に向き合い学習しました。

また在学中には、自分の知識や可能性を広げるため、秘書検定や英検、中国語検定などの幅広い資格試験に挑戦しました。


▶I think:いま課題だとおもっていること

そのような大学生活も含めた自分自身を振り返って、今課題だと思っていることは2つあります。

1つ目は「リスクを避けていること」です。新しい挑戦をする時やPDCAを回す時には、まず仮説を立てそれを実行して上手くいかないリスクはつきものです。しかし、無意識にそのリスクを取らない選択をし、ある程度の勝算が見え始めてから行動することが多いように感じます。

2つ目は、「動く前から考えてしまう」ことです。比較的行動する前に考えてしまうことが多く、スピードに影響が出ることが多いので、この1年は特に「とりあえずやってみる」を意識して行動しながら考えることに変化していきたいです。


▶I will change:SAKURUGでやりたいこと

最後に、私がSAKURUGでやりたいことは2つあります。

1つ目は、広報・PRです。SAKURUGに入社してまだ僅かですが、本当に温かい人達ばかりの素敵な会社だと実感する瞬間が多くあります。そんなSAKURUGの良さを学生を初め、より多くの人知ってもらい、「採用が最優先」というカルチャーの体現から会社の成長に繋げることができたら、と思います。

私がSAKURUGでやりたいこのことは、何が上手くいくか分からない中でも愚直に修正し続け試していくという動きが必要だと考えています。そのためにも先程述べた2つの課題解決に意識を置きながら目の前の仕事に取り組むと同時に、このやりたいことによって更に課題解決を自分の長所に変換することも出来るとベストだと思っています!

今回の全体的なテーマとしては、自分が描きたい・実現したい未来ということでしたが、ここまでお話ししてきたことを踏まえ、会社を作っていく一員として、会社全体が大きくなることは今の私の中の1つの夢となっています。

株式会社SAKURUG's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more