1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【21卒内定者ブログ vol.4】~自己紹介~

Photo by Tomo Ueda on Unsplash

皆さん、はじめまして!ROBOT PAYMENT内定者の松元耕大です!

僕と同じ福岡出身の片江君に続いて内定者ブログの四番目を担当します!

前回の片江君の記事はもうご覧になりましたか?まだの方はこちらを👇




まだ、一度も日本を出たことがない僕には、よく海外旅行に行ったり、海外インターンシップを運営している団体に所属していた片江君の話はとてもキラキラしたものでした、、

いつか初めて海外旅行へ行く時は、オススメの場所を教えてもらおう、、、(笑)



さて、きちんとした自己紹介文を書くのは人生で初めてで、振り返ると意外とこれといった経験がなく内容が薄いものですが、少しでも僕の事を知って頂ければ幸いです。


名前:松元耕大

出身地:福岡県

大学:熊本大学法学部法学科

去年内定された先輩方は名前ネタを取り扱っていたので、僕も1つ挙げたいと思います。僕の苗字は松「元」です。是非「本」と間違いないようお願いします。(大体間違えられてきました笑)


<小中学生編>

小、中学生の頃はずっと野球をしてました!今でも、高校野球とプロ野球を観戦するのは大好きでこの2つの知識量はすごいと自負してます。笑(ちなみに好きな球団はソフトバンクホークスです!)

小学生の頃はソフトボールを習い、友達と遊ぶ時も野球をするというような少年でした。中学に入っても野球部に入るのですが、僕の中学校の野球部では公立中学校にも関わらず時には朝5時から練習、夜も野球部だけ完全下校時刻が無いというような厳しい部活で、「辞めたい」と思う事もしばしばありましたが、最後の大会では県準優勝をする事ができ、きついながらもやり遂げる事の大切さを感じた中学生時代でした!


<仮面浪人編>

現在の大学に入学した僕でしたが、受験に失敗した僕は「憧れのキャンパス生活が始まる!」というような思いではなく、失意の中で始まる大学生活でした。

そのような思いの中、大学1年の生活を送っているうちに、「今まで一度も勉強に対して向き合って来なかった自分」に対して後悔が生まれ、現在の大学に通いながら別の大学をもう一度受験をする「仮面浪人」を決意します。

仮面浪人をするに当たって、

1.大学の単位を落とさない事

2.受験費用を自分で賄う事

を決めました。

最初は「まあ楽勝でしょ」と甘く見ていた僕でしたが、大学生活とバイトと受験勉強を両立するのはとてもきつく、睡眠時間と生活費を捻出するのにとても苦労しました。(貧乏すぎて、模試の成績が良かった自分へのご褒美に吉野家の牛すき鍋膳の美味しさに涙するほどでした笑)

結局、受験は失敗してしまうのですがこの生活を最後までやり遂げた経験は凄く自分の財産になっています。

チャレンジする事の大切さ、お金の大切さ、またこの受験をするに当たって自分を支えてくれた友達や親などの周囲の暖かさをすごく感じた一年でした。


<大学生活編>

さて、仮面浪人生活を終えた僕の大学生活ですが、本当に楽しいものでした!今では、本当に入学して良かったなと思える大学で卒業するのが寂しいです、、

仮面浪人生活が終わり、やり切った気持ちと悔しい気持ちが半々でしたが、「折角の大学生活は絶対に楽しいものにしなければ!」という思いが強く、今になって振り返ると達成できたと思います。

法学部実行委員会という法学部生に向けてのイベントの企画団体で副企画長を務め、その中で周りの人達と力を合わせて目的を達成する事が難しい事、また達成した時の嬉しさは何事にも代え難い事。テストのためにジョイフルに友達と16時間籠って勉強した事。時には飲み会で記憶を無くすぐらい飲んだ事。笑

時にはアホだな、、っという経験もたくさんあるけれどそのどれもが素晴らしく楽しく、仮面浪人生活と合わせて自分の大学生活は楽しい事も苦しい事も合わせて素晴らしかったと感じてます!

そして最後に特に熱中したものを1つだけ。それはFIFA(PS4のサッカーゲーム)です。

「大学で学んだ事は?」と言われれば迷わず「FIFAです!」と答えるぐらい熱中しました(典型的なダメな大学生ですね。笑)

友達3人とひたすらFIFAをしていて時には、週7で1日12時間やるという狂ったような生活をしました。笑

ROBOTPAYMENTの社員さんもウイイレをされている方が多いようなのですごく楽しみです。笑


大学時代のバイトは居酒屋でホールをしてました!忙しいけど楽しかったなあ、、


ゼミの先生と(全然自分の写真ないなあ、、泣)

少し長くなってしまいましたが、改めて振り返るといつの時代も楽しく過ごしてきたな、と自己紹介を書き終えて感じました。社会人生活をROBOTPAYMENTでスタートさせて頂きますが、これからも「楽しさ」を感じながら社会人を頑張っていこうと思います!

株式会社ROBOT PAYMENT 's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more