This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

私たちの自由で快適なOFFICE!!!紹介します!!

こんにちは!!株式会社RIT人事の梅原です。

第一回目のテーマはRITオフィスの紹介をしたいと思います。

ちなみに個人的な話ですが、わたくし、初めてフィードを書きます。緊張する。

という事で、私なりに色々と記事の書き方からインタビューの仕方など、様々な事を自分なりにリサーチし準備万端で挑んでおります。あっ、期待はしないでくださいね!!

ただ、このフィードを通して、RITオフィスの雰囲気をより多くの方にお届けしたいと思ってるんです。



さておき、今回は、インタビュー形式のフィードを書くことにしました。”初心者でも読者が読みやすい記事が作成できる”とネットに書いてあったので。(単純でしょ?)

いやー、1時間にも及ぶ初めてのインタビュー!!なんか緊張しました。でも個人的には楽しく終了し大成功だったと思います!!!

なんとなく記者になった気分でした。これを仕事にしてる方には、本当に頭が下がりますね。だってインタビューって準備が本当大変なんですよ!

インタビュー自体もそうですが、その後記事にしていくのも時間がかかるし、大変なお仕事なのだろうなとなんとなーく実感しました。

あっ、テーマが「オフィス紹介」なのに脱線してしまっておりすみません。個人のブログ化してますね。ごめんなさい。

ーーーーーーーーーーーーーーー

○梅原、ようやくここでインタビューの文字起こしを始める

「さあー書くぞ!!」

(ボイスレコーダーを再生)

「んんん????聞こえない。押せてなかったかな?」

(もう一度、再生ボタンの位置を目で確認して押す)

「聞こえない。さいせ・・・・いしてるよ?ね?ボリュームの問題??違うな。やば、やらかした感じ??」

(汗汗)

「えええええーーーーーーーヤダヤダ。望みの綱のCTOにもファイルを見てもらおうか・・・悩むなー。だって、インタビュー取れてませんってバレるやん。でも、仕事進まんし、さりげなく言ってみる?」

(苦渋の決断の上で事情を伝え、ファイルをSlackで送信) →怒られなかったですよ!!(笑)

(ドキドキ)

CTO「ダメそうですね」

「ガーン。やっぱりダメかな??」

(梅原、諦めず、得意のネットで解決方法検索し続ける)

30分経過・・・

(自分を納得させる為に言い訳を考える)

「おわた。おわた。記憶に残っていないよ。だって、初心者インタビュアーのポイントに”メモは取るな!!”って書いてあったし、何も残してないよ!”相手の目を見ろ”って書いてあったし!!信じられない。泣きたい。泣く。。。。」

(とりあえず諦め、形式を変えたフィードにすると決意)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

という事で皆様、インタビュー形式での記事は書けなくなりました。最初から完璧にいく程、人生は甘くない。次に活かすことにします!!

とりあえず、インタビューにご協力頂いたお二人には、感謝とともに謝罪したいと思います。

ごめんなさい。(ペコリっ)

という事で再度脱線しておりましたが、戻ります。(笑)

今回はふっっつーのフィードを書きます。私の想像(多少残っているであろうインタビュー時の記憶)と感覚で書きますのでどうぞご了承ください。

既にだいぶ文字数を使ってしまい、読んでいる方もイライラしている頃かと思いますので、自慢の弊社オフィスをチャチャっと紹介していきますね。




お待たせいたしました。それでは(株)RIT秋葉原オフィスを紹介します。

はい!!まずここ。入り口です。といっても会社の表札(看板と言うのか?)ですが!!



2018年10月に移転してきました。

実は私、この写真を撮る瞬間まで表札があることを知りませんでした。(笑) 他の社員は知ってるのかな??次行きます!!


次にここは応接スペース。

みんなで一つのモニターをシェアし、テーブルを囲みながらコミュニケーションが取れちゃう、考案者のこだわりが盛り込まれているという噂のスペース。家具の配置や構造等で、みんなが慣れ親しみやすい環境が自然と作れるように作られているみたいです。ここで、寝ている人もいれば、ご飯を食べたりお酒を飲んだり、もちろん真面目にミーティングなど仕事でも使っていますよ。使い方は自由です。でもホント作った時の意図通りアットホーム感があって、会話も弾んじゃうみんなの憩いの場所になっております。


ここは会議室!

応接スペースとは違い随分と”カチッ”として”THE 会議室”って感じしますよね!個室になっているので相談の内容によって使い分けもでき、応接スペースとの差別化ができています。

ただガラス張りなんで全てを秘密にできないですが。まあ、弊社ではそんな事しようとしてる人もいないし必要もない事なのでそこは問題ございませんがね。

ちなみに、ここ、使用前に社内のGoogleカレンダーで予約しているのですが、最近、1週間先 (いや、たまにそれ以上かな?) まで、予約困難なとても人気なスポットとなってきているんです。なので、これからご使用予定の方は早めのご予約をお勧めします。


それからこちらはトイレです。実は男女分かれてるんですよ!ほら!!

え?これ普通だって??いやー、そんな事ないでしょ!ビルの共同トイレとかならわかりますよ?!! ここワンルームですし。

でも、女性はのんびりと何も気にすることなく、ゆっくり支度だってできちゃうんです。これは本当にいい!!ただ個室で1つだけなのに謎に"音姫"が付いていて、ほんと超謎!!必要かな?でも綺麗でめちゃいいですよ。


ここは以前のオフィスにはなかったドリンクカウンター!!

これは本当にありがたいですね!!ちなみに、いつもはもっとコーヒーとか種類豊富なんですけど、人気すぎて、この時は品切れ中のものがほとんどでした。すみません。


そんなこんなでチャチャっと紹介してきましたが、なんだかんだこれが最後です。

みんなが仕事している様子をお届します。

みんな真剣に仕事しているんですよ。少数精鋭チームですからね!!

ん?あれ???やばい!!!フィード記事を書いてるだけでもウケる!!笑ってまうーwwwwww

私だけですか?!(笑)

はい!!以上!!!

いかがでしたか???

皆様、RITオフィスの楽しい快適な雰囲気は伝わりましたでしょうか?

(はい、ありがとうございます。)

CTO福田と喜多が中心となり、秋葉原オフィスを作ってくれました。(パチパチっ)


(左:喜多/右:CTO福田)

社員みんなが仕事をしていても疲れないよう、椅子やデスクなど細部にもこだわりがあったり、密なコミュニケーションが取りやすいよう配置を考えたりと、社員全員の事を思って作られているんです。

ほんと、感激でありんす!

今現在も、常により良いオフィス環境が保てるようにちょこちょこ改善しながらやっています。

だって、それが仕事の成果にも繋がりますしね。

とにかく、お二人とこの会社に感謝です。ありがとうございます。仕事、頑張りますね!!!

ということで、長くなりましたが最後まで読んでくださった方、謝謝!!!

ぜひここで私たちと一緒に働きたいなと思ってくれた方がいたら、とても嬉しいです。

とにかく、自慢のオフィス!!見に来てください!!

いつでもWELCOMEです。是非是非、気軽に遊びにきてくださいね。

それでは、ちゃお!!!!!!

株式会社RIT's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more