This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

Progate学習レッスンの変遷

Progate COOの南部と申します!

Progateのレッスン制作チームが学習レッスンや日々の仕事について語る連載企画。今回のテーマは「Progate学習レッスンの変遷」です!

Progateはプログラミング学習サービスです。
創業から5年、学習レッスンはすべて自社で制作してきました。
その中で変わらない部分、変わった部分いろいろあります。
今回はそんなレッスン制作の移り変わりをお伝えしたいと思います!

目次

  1. 創業期〜初期(2014/07~2016/03)
  2. 中期(2016/04~2018/6)
  3. 現在(2018/07~)
  4. 最後に

創業期〜初期(2014/07~2016/03)



一番最初に制作されたのは、HTML & CSS, jQuery, PHPコースでした。
創業者でCEOの加藤と創業者で元CTOの村井が二人で作り上げたものです。

創業期は文字通り手探り状態でした。
しかしその分本質を考え抜き、Progateのレッスンの真髄が生まれた時期でもあります。そしてその真髄はいまに引き継がれています。

♣ 学ぶ知識をできる限り絞ること
♣ 図で直感的にイメージできるようにすること
♣ コードを書いて作りながら学ぶこと

創業当初から「創れる人を生み出す」という思いが強く、Ruby on RailsコースやHTML & CSSの道場コース・実践コースもこの初期に制作されています。

この頃制作したレッスンはまだまだ荒削りで、実はレッスンの修了率(レッスンを始めたユーザーが最後まで完了する率)がいまほど高くありませんでした。
そのためこの頃のレッスンは多くがその後作り直されたり、公開が終了されています。
しかし間違いなくProgateのレッスン制作のコアな哲学はこの頃形作られ、いまも継承されています。

中期(2016/04~2018/6)

初期のレッスン制作である程度の方針が定まったおかげで、かなり制作がスピードアップしたと同時に、より初学者の方がつまずかないようなこだわりを突き詰めた時期です。

この時期に生まれたのはJava, Python, Swiftコースです。
具体的には、以下のような点でレッスンの質が向上したと考えています。

♣ 学習内容を細分化しステップバイステップで教えること
♣ 正誤判定の工夫でつまずきポイントをわかりやすく示すこと
♣ その他諸々のつまずきをなくすための機能改善(おそらく気づかれないであろう工夫が実はいろいろあります!)

またこの時期はProgateの英語化が始まった時期でもあります。
レッスンを英語に翻訳するにあたって、荒削りだった初期レッスンの改修も行っています。
例えば、初期のRailsコースを全面改訂し、全15レッスンにおよぶ大作「Rails5」コースもリリースされました!

現在(2018/07~)

そして最近はレッスン制作メンバー一同、「自走レベルまで導く」を合言葉にレッスン制作に励んでいます。
この1年は主に以下のような点を意識してきました。

♣ 「自走レベル」まで導くレッスン作り
♣ より直感的に理解できるスライド作り
♣ 学習レッスンの保全体制

入門レッスンもある程度充実してきたことから、ユーザーの方がProgateを卒業し、一人でも成長し続けていけるようなレッスンを目指しています(現在鋭意取り組んでいます。お楽しみに!)

また海外市場で得た知見をもとにレッスンの改善も進んでいます。
従来のスライドは文章による説明もそれなりに多かったのですが、現在は極力文章を少なくし(Javaコースの2/5程度)、「図だけで理解できるスライド」を目指しています。
それに伴い「図解する」だけでなく、イラストの細かい表現手法も向上しています。


既存レッスンの保全体制も強固になりました。
レッスン数が増えただけでなく、各レッスンにつき日本語版/英語版、Web版/アプリ版の計4パターンを提供しています。
それに伴い、ユーザーの方からのご意見をもとにした既存レッスンの修正や、言語・ツール自体のバージョンアップに伴う変更がないかのチェックを頻繁に行っています。

またこの1年は、レッスン制作の専属チーム立ち上げの1年でもありました。

最後に

Progateのレッスン制作はとても時間がかかります。
しかし創業以来地道に一つずつ作ってきました。
すべてのレッスンに、制作に携わったメンバーの思いがこもっています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

株式会社Progate's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more